いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

アカギ(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想もぜひ参考に!

『アカギ』(竹書房出版)は、福本伸行先生による麻雀漫画です。

『天 天和通りの快男児』にて登場し、高い人気を博した“伝説”赤木しげる。

彼が如何にしてその伝説を作り上げたのか、若き日の赤木しげるを追うスピンオフ作品です。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『アカギ』と検索。

『アカギ』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

アカギのあらすじ!

 

雨が降りしきる、場末の雀荘。

そこで、一人の男が命がけで麻雀を打っていました。

300万(現在の価値で約3000万円)の借金を背負っていた南郷は、借金を帳消しにするためヤクザと麻雀を打っていたのです。

しかし手は伸びず、窮地に陥った南郷に一人の少年が声をかけます。

白髪と異様に鋭い目つきをしたその少年は、いつのまにか雀荘に忍び込んでいました。

 

ずぶぬれで如何にも怪しい少年でしたが、南郷は流れを変えるために、自分の代打ちを少年に任せます。

麻雀のルールすら把握していない少年でしたが、凄まじい吸収力と洞察力でヤクザの竜崎を圧倒します。

 

後に“伝説”と呼ばれるアカギの最初の対局でした。

 

対局中、アカギの正体が刑事の安岡によって判明します。

不良少年たちによって行われたチキンレースで、ブレーキを一切踏まずに生き残った命知らず。

安岡が追っていたその少年こそアカギでした。

アカギの底知れなさを感じ取っていた南郷は、アカギを自分の甥といってかばいます。

 

一方、アカギの才能に敗れた竜崎はプロの代打ち、矢木を呼びます。

アカギの才能をすぐに見抜いた矢木は、プロの代打ちとして全霊を持ってアカギを追い詰めます。

「金ではなく指を賭ける」という脅しやイカサマをしかけますが、アカギには全く通用しません。

逆にアカギにイカサマで反撃を受け、敗北してしまいます。

最初の夜にプロの代打ちを破る、という偉業からアカギの伝説は始まったのです。

 

アカギの麻雀に惚れ込んだ安岡は、名のある代打ちとの場を次々にセッティングしていきます。

 

盲目の老人ながら凄腕の代打ち、市川。

驚異的な記憶力と計算力を誇る平山。

レートで押し殺す豪腕、浦部。

いずれも組を背負う優秀な代打ちでしたが、アカギの前に敗れ去ります。

 

自分の命に重きを置かない無欲さと、さらに自らその命を危険にさらす狂気を持ち合わせたアカギは、ギャンブルにおいて正真正銘の天才だったのです。

 

そしてついに、アカギは究極の敵となる鷲巣に出会います。

後に伝説として語られる、運命の一戦が幕を開けたのです。

 


アカギ

↑サイト内にて『アカギ』と検索↑

 

アカギのネタバレ・鷲巣との決戦、鷲巣麻雀とは?

 

ある日、安岡の耳にある噂が飛び込んできます。

噂によれば、鷲巣という男が破格の額で賭け麻雀をしているということ。

そしてさらに、敗れた平山が血を抜かれた変死体で見つかった、ということ。

あまりの内容に躊躇する安岡でしたが、興味を持ったアカギの希望によって対決が決まります。

 

待ち受けていたのは、日本を裏から支配する帝王、鷲巣でした。

戦後の混乱期に才覚を表した鷲巣は、日本初の経営コンサルタント会社「共生」を設立。

多額の資産と絶大な権力を得て、まさに闇の帝王となりました。

 

しかしそんな鷲巣にも老いが訪れます。

75歳となり、自身の築き上げた富と栄光が崩れ去ることを恐怖した鷲巣は、狂気の道に走ります。

才能ある若い命を自ら摘むことに、愉悦を見出したのです。

そのために考案されたのが、鷲巣麻雀でした。

 

鷲巣麻雀は4分の3がガラス牌となっていて、ガラス牌は全員が牌の種類を把握することができます。

そして、鷲巣麻雀での掛け金は血液です。

鷲巣が多額の現金を賭ける代わりに、挑戦者は自身の血液を賭けることとなります。

 

10万円につき10cc。

 

点を失うごとに生命活動そのものを奪われていく、まさに狂気の麻雀だったのです。

 

ガラス牌という特殊なルール、そして血液を賭けるという恐怖は、鷲巣にとって非常に有利な条件でした。

そのプレッシャーに呑まれた挑戦者たちは、鷲巣の豪運の前に散っていったのです。

 

しかしアカギには、恐怖や動揺は全く見られませんでした。

むしろアカギは自ら、より狂気に満ちたルールへと変更していきます。

レートは10倍、更に血液の途中補給は禁止。

自分から死にに行くようなアカギの行為に、次第に鷲巣は逆に追い詰められていきます。

 

そしてついに、莫大に見えた鷲巣の現金も底をつき・・・。

 

『アカギ』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『アカギ』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

銀と金 おすすめ!
賭ケグルイ双 おすすめ!
賭ケグルイ おすすめ!
ノーマーク爆牌党 

↑「アカギ」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

アカギを読んだ感想!

 

「死ねば助かるのに……」

アカギのはじめての台詞にして、アカギを表す名言です。

この言葉にアカギという人物の考え方、そして福本先生のギャンブル観が凝縮されていると思います。

ギャンブルとは、自らの欲望のために行う行為です。

 

大金を得たい、名声を掴みたい、相手に勝ちたい、そういった欲望を満たすために人は勝負します。

しかしアカギは、そういった欲望とは無縁の人物です。

 

簡単に命を棄てられるからこそ、命を大事にするごく“普通”の人間の裏を取ることができる。

アカギがギャンブルの天才なのは皮肉のようでいて、当たり前といえば当たり前なのかもしれません。

漫画としては、クールなアカギが相手をサックサックと倒していくカタルシスがとにかく気持ちいいです。

アカギの奇想天外な打ち筋が理詰めのプロたちを翻弄し、その心理的な動揺を突き勝利を収めていくアカギに惚れます。

 

『アカギ』の唯一の欠点は長いことです。

鷲巣編がはじまったのは1997年頃ですが、今なお決着がついていません。

とはいえ、少なくとも鷲巣編の前までのエピソードも傑作ですし、鷲巣編も読んでおけばこれから訪れる決着での感動を味わうこともできるはずです。

 

『アカギ』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『アカギ』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!