いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

こっちの水は甘いのだ(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

『こっちの水は甘いのだ』は、しばの結花先生の作品です。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『こっちの水は甘いのだ』と検索。

『こっちの水は甘いのだ』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

『こっちの水は甘いのだ』のあらすじは?

 

大好きな魚に触れていたいという思いで生物部に入部希望をだした河野やまめ。

だけど部長からだされた入部の条件がなんとやまめの天敵・瀬戸蒼を連れてくること。

なぜか小さい頃から生き物に懐かれる蒼を連れてくるのが条件なのかは謎だけど・・

イケメンなのに女嫌いの部長に言われ、やまめは蒼に頼みにいくのだがそんな蒼から

ありえないことを言われてしまい・・!?

 


こっちの水は甘いのだ

↑サイト内にて『こっちの水は甘いのだ』と検索↑

 

『こっちの水は甘いのだ』のネタバレ!

 

やまめの父は、「アマゾンに行ってくる」そう言って消えた。

あれから3年・・残されたこのお店と大好きな魚たちを母と2人で守ってきたけど

健闘むなしく アクアショップ KAWANOは閉店することになってしまった。

 

高校生になった春、やまめは大切な場所を失った。

やまめのクラスでは駅前に猫カフェが出来たとか子犬の話で盛り上がっていた。

日常で魚の話題が出ることはそうそうない。猫や犬が人気な世の中で・・

やまめの店がつぶれるのも無理はない。

魚の魅力を語ったところで

「変わってるね」

とか言われるのもいい加減ウンザリだし1人でいるほうが楽だとやまめは思うのだった。

 

やまめが教室を出ようとするとビンタの音と女の子の怒った声が響き渡っていた。

どうやら蒼という男子生徒が自分じゃない女子生徒と帰ったことで怒っているようだった。

怒って去っていく女子生徒・・

だが蒼はこの女子生徒とは付き合ってはいない。

「モテ男は大変だねえ」

「その気にさせた蒼がバカなんだって」

と周りがざわざわしだす。

「オレは悪くねえ!!」

と声を大にし

「男にとってモテこそが正義!オレはチヤホヤされたい!!」

と強く拳を握る蒼。

それを聞いていたやまめは、相変わらずバカな男と呆れる。

 

瀬戸蒼という人間は、どうしてみんなに愛されるんだろうか。

目立ちたがり屋でお調子者で単純バカなのに

 

幼稚園が一緒だったやまめにとってはトラウマの原因なのだ。

周りからは

「あおいくんと仲よしでズルイ」

「キライ」

と言われ

やまめが持ってきた金魚の水槽にザリガニを入れられたりと敵意を向けられ

そんなことをされたらそれなりにやまめも傷つくわけで・・

まさか同じ高校になるとは思っていなかったやまめ。

彼女は覚えているが蒼はやまめのことを覚えていないようだった。

面倒だから覚えなくていい、瀬戸蒼には関わるべからず

 

廊下を歩いているとカサッと何かを踏んだやまめ。

足元に目を向けると生物部の入部募集の紙だったのだ。

初めてそんな部活があることを知ったやまめは記載されている場所に向かう。

第2生物室らしくそこは授業では使われていない教室。

訪れるとドアには【無断入室禁止】と書かれた張り紙が・・

でも、気になる。ちょっとのぞくくらいとドアを開けるやまめ。

 

教室の中にはたくさんの生き物がいました。

こんな場所があったなんて知らなかったと興奮するやまめ。

「アロワナもいる!!」と水槽を見るとなんだか元気がありません。

 


こっちの水は甘いのだ

↑サイト内にて『こっちの水は甘いのだ』と検索↑

 

その時、

「何をしてる」

と声を掛けられます。

振り向くと男子生徒が2人・・

「ここは僕たち生物部員以外は入室禁止だ。すみやかに退室したまえ」

と言われ謝りドアのほうに向かうやまめだったが立ち止まり

「・・あの、部長か副部長さんに伝えてほしいんですが・・」

と言います。

「なんだ?」

と言い

「僕が部長の鳴海、こっちが副の岬だが・・」

と言われます。

それを聞いたやまめは

「そのアロワナ、いつからエサ食べてないんですか?」

と聞きます。

2人はハッとしなぜそのことをと聞くと

「やっぱり!!」

とやまめは話を続けます。

「このアロワナショップで購入したんですか?」

と聞き1週間前に知人から譲り受けてと聞くと今食べさせているエサを見てキョロキョロと何かを探しているようで・・

カエルを見つけると

「このカエル1匹もらってもいいですか」

と承諾を得てからカエルをアロワナの水槽にいれます。

するとカエルを食べました。

それを見たやまめは安心したように

「たぶん、今まで生き餌を食べてたんですよ。アロワナはグルメなんです。一度、生き餌を食べると市販の餌は食べなくなることがあるんですよ。」

と言います。

すると部長の鳴海と岬はやまめに色々と聞くようになります。

やまめは、あることに気付きます。

この2人、やまめの話を聞いても全然引いていません。

こんなこと今まで一度もなくわかってくれる人なんていないと諦めていたやまめでした。

ですがここにいたのです。やまめは2人に「生物部に入部したいです」と言います。

 

すると・・

「ダメだ」

と言われてしまいます。

どうやら生物は女子禁制で入部は認めていないようです。

何故なのか聞くと鳴海は女性が嫌いということでした。

そんな・・

と納得ができないやまめなのでした。

 

先日のことがあり今日の遠足に乗り気じゃないやまめ。

アユつかみをするようですが先日のことで頭がいっぱい。

何故か鳴海は入部する条件として

「瀬戸蒼の入部を説得でしたら考えてやってもいい」

と言われました。

そのことでやまめはもしかしたら先輩は蒼のヒミツに気付いてるのかもしれないと思うのです。

蒼は、あらゆる生き物から以上なほど好かれる人間なのです。

だからってそんな入部条件出さなくても・・

と途方に暮れるやまめ。

 

クラスの女子達はアユつかみを始め、やまめも始めます。

ですがクラスの女子達はアユを触れないようでつかめません。

その頃、やまめはアユをつかみ、立派なアユと惚れ惚れ・・

すると周りに女子達が集まりだし

「あたしのもとってくんない?」

と皆言ってきます。

「・・別にいいけど」

と承諾するやまめ。

めんどくさいとは思うけど誰かに必要とされることは悪くない。

と皆のアユをとります。

頼まれた数を終える頃には誰も周りにはいなくぽつんとひとり残されたやまめ。

すると

「あんた何者?」

と声を掛けられました。

声のするほうに目を向けるとそこには蒼がいました。

「前世は熊だろ、絶対!!」

とやまめに近づく蒼。

「あんたいじめられてんの?のせられて利用されてるだけなのにがんばるねー」

とアユの入ってるバケツを見て言います。

やまめは、私のことなんか忘れてるくせにほっといてよと心の中で思いその場を立ち去ろうとします。

すると蒼に引き止められ・・

「オレの分もお願いします!!」

と頭を下げられます。

ぬるぬるしていて触れないらしいのですがそんなところ周りには見られたくないと内緒でといい

「友達になってやるからさ!!」

とお願いをするのです。

それを聞いたやまめは何も言わずに川に入りアユを蒼の元に放り投げます。

驚く蒼を見て「ダサ」と一言・・

 

その言葉を聞いた蒼は何かに気付いたようでした。

こんな調子でやまめは蒼を入部させることができるのでしょうか・・

 

『こっちの水は甘いのだ』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『こっちの水は甘いのだ』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

ゆらぎ荘の幽奈さん おすすめ!
ラブ×ラブゲーム
てをつなごうよ おすすめ!
雛鳥のワルツ
王子様には毒がある。 おすすめ!

↑「こっちの水は甘いのだ」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

『こっちの水は甘いのだ』を読んだ感想!

 

魚が触れない子ってたくさんいますよね。私も触れません。

魚が大好きなやまめせっかく話が合う人達とめぐり合えたのに・・

女子禁制なんて・・

予想だにしない回答に私も驚きました。

確かに今までのびのびとやってきたのに苦手な女性が入ってきてはちょっと困惑してしまいそうです。

ですが蒼くんを連れてくるならっていう条件を出してたので自分の女性嫌いより蒼くんの方が重要ということなんですね(笑

 

これから2人がどうなるのかとても楽しみです!

続きが気になる方は是非読んでみてください!

 

とても読みやすい作品となっております。

 

『こっちの水は甘いのだ』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『こっちの水は甘いのだ』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!