いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

アレンとドラン(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

麻生みこと先生による作品である『アレンとドラン』(講談社)

 

片田舎のイワンモールの片隅の、偏った品揃えの「遊べる本屋」。

バッドエンドのマイナー映画。

インディーズバンドに、フレンチポップス。

アートでヌードな写真集。

ナードでハードな大判コミック。

猥雑や不条理が幅をきかせる…。

「私」はそこでうまれたの――。

 

大学進学と共に東京に上京した林田。

サブカルチャー系の映画が大好きな文科系女子。

ツイッターではリンダという名前で、共通の趣味を持っている男性と趣味の話にはなをさかせていたのだった。

ある日、その男性から会おうと言われ…。

 


この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『アレンとドラン』と検索。
▽スマホ・PCで『アレンとドラン』を無料の試し読み

 

アレンとドランのあらすじは?

 

大学生の林田は、名前の通り、林と田畑に囲まれて育ち、最寄りのレジャー施設がバスで30分のイワンモールだけという地方から抜け出し、東京に進学してきた女の子です。

大学でもマイペースを貫き、同じ授業を受けている学生たちに誘われても、自身の趣味に生きていました。

 

外見も中身も分かりやすく、サブカル系と呼ばれる林田。

ツイッターで知り合ったシンタローという男性とは話が合い、趣味の話の応酬に、生きているという実感がわくのです。

ある日、そんなやり取りを交わすうち、シンタローからオフ会をしようという話を持ち掛けられるのですが…。

 


アレンとドラン

↑サイト内にて『アレンとドラン』と検索↑

 

アレンとドランのネタバレ・その後どうなる?

 

アレンもドランも映画監督の名前です。

そんな知識を持っている男性と、ツイッターでやり取りをしていた林田。

東京に出てきて、自分が想像以上にマイノリティだったことに驚きましたが、単館系の映画にも不自由することなく、SNSで同志も見つかるし、それなりに幸せにやっていると思っていました。

 

監督の作家性が色濃く出ていて、お金をかけていない分、脚本や撮影に捻りがある作品が大好きな林田。

マイナー映画を愛してやまない林田を、SNSで知り合ったシンタローが「ドランのアンコール上映あるからいこう」と誘ってきたのです。

待ち合わせ場所に来たのは自分の倍以上の年齢の男性でした。

映画が終わったら飲みに行こうと誘うシンタローと、会話は弾みましたが、段々と背中を触られたり、部屋まで勝手についてきたりするのです。

ドアのところで帰ってもらおうとすると、シンタローは「終電がないから始発まで上がらせてほしい」と頼んできます。

 

困った林田の前に現れたのは隣に住む大学生、江戸川でした。

「ウチに何の用?このおっさん何?」

シンタローは江戸川を見ると、一目散に帰っていきました。

「あんたちょろすぎ」

江戸川は、林田がこのままシンタローに部屋にあがりこまれないように、助けてくれたのです。

シンタローが最寄りのコンビニで避妊具を購入しているところを江戸川はみてしまったのでした。

 

自分の情けなさを痛感した林田は、SNSのアカウントを変更し、部屋に遮音シートを張りました。

しかし、変更したアカウントにもシンタローから同じような連絡が届くのです。

「自分」からは逃げられないことがわかった林田は、江戸川の働く店でシンタローと会う決意をしました。

江戸川に、自分の事を話し、自分と向き合っていくこと、自分が好きなものが好きな人じゃないとダメなことを言い、シンタローともう一度話そうと決意したことを伝えたのです。

 

「こないだ鼻で笑って悪かった」と、サブカル系をバカにしたこと謝った江戸川。

林田はアカウントを変えたことを伝え、話をしはじめます。

しかし、林田は気づき、シンタローに言いました。

「やっぱりだめだ、間違った、あなたは私だ、私の成れの果てだ」

そして自分の事が全然好きじゃないと言った林田の援護をするように、江戸川はシンタローに「とっととお帰り下さい」と耳打ちするのです。

 

同族が良いのに同族嫌悪する林田は、「変わりたい、自分を好きになりたい」とつぶやきます。

江戸川は林田を慰めるかのように、「まあ変わりたいなら、とりあえず隣人の名前を覚えるところからはじめてみようか」と言ったのです。

 

▼↓サイト内にて『アレンとドラン』と検索↓
▽スマホ・PCで『アレンとドラン』を立ち読みしたい

 

アレンとドランを読んだ感想!

 

違うと思った時、変わりたいと思った時に、きちんと相手に自分の気持ちを伝えることができる林田さんがすごくかっこいいなと思いました。

自分の世界を持っていることはとても強いことだと思いますが、それでも自分が少数派だと、自分の事をいうのはちょっと違うかと思いました。

林田さんのように、趣味に生きている人は多くいますし、誰にも理解されなくてもそのままでいいと思っている人も多いと思います。

 

でも林田さんは変わりたいと思っていて、それは江戸川くんのおかげで変わっていけそうな予感がするので、この先がとても楽しみだと感じました。

自分を模索しながら成長していく林田さんがとても可愛く、その林田さんに惹かれていくのではないかと思われる、江戸川くんの今後にも注目していきたい作品です。

まだ読んだことのない方はもちろん、サブカル女子の方にはぜひ読んでいただきたいです。

 

▼↓サイト内にて『アレンとドラン』と検索↓
▽スマホ・PCで『アレンとドラン』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!