いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

当て屋の椿(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

川下寛次先生の作品『当て屋の椿』

 

江戸時代、港で起こっている多くの事件を

当て屋の椿が解決していく!

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『当て屋の椿』と検索。
▽スマホ・PCで『当て屋の椿』を無料で試し読み

 

当て屋の椿のあらすじは?

 

なんとも贅沢なことと言われる。

男冥利だの弟子にしてくれとまで言う人もいる。

綺羅を纏い、シャナリと歩けば女は美しい。

だけど俺の筆の向こうには爪を立て歯を食いしばり獣の如き咆哮で髪を振り乱す、

鬼と変わらぬ形相の女がくねくねと揺れている。

 

鳳仙は、筆を置き

「お疲れ様でございます。俺はここでお暇致します。」と頭を下げる。

未だに弄っている男・瑠璃丸が

「何でェ、先生。こんなもんじゃこの女ァ、満足しやしねェぜ?なあ、悦」と言うと

「もうっ、瑠璃丸だって」と甘ったらしい声を出す悦。

瑠璃丸は、歌舞伎役者で本当のところ鳳仙は、あまり好いていないのだが、

彼の春画は、よく売れるので描かせてもらっている。

 

「はぁ」と苦笑すると瑠璃丸が笑い

「ははァ、さすが天下の春画師・鳳仙先生だ!!他の絵師なんざ皆、おっ勃てながらで手間取っちまってさァ」

悦もクスクスと笑いながら「絵師は、助平と言うものねぇ」と言う。

「(己の今の恥ずかしい姿を棚に上げてよく言う!!“恥”という字は“己の心を耳にする”と書くのだ!!)」

と内心、舌打ちもするほどであったが「まいったなー」とイライラしながら愛想笑いを浮かべる鳳仙。

 

俺にとって本来、春画は副業でこの時世どこかの流派に属さないと山水画だけでは食っていけない。

イチャイチャする2人を置いて失礼しようと立ち上がると…

 


当て屋の椿

↑サイト内にて『当て屋の椿』と検索↑

 

当て屋の椿のネタバレ!

 

瑠璃丸に腕を引っ張られ

「まァまァ、先生せっかくだ交じって行きなせェ。噂じゃまだなんだろう?高級女郎をソデにしたって言うじゃねェか。素人女で筆下ろしといこうや」

抵抗するもののぐいぐいと引っ張られ、悦の胸の谷間に顔が挟まれ…

「ほぅれ、柔いだろうが」とニコニコする瑠璃丸。

確かに柔らかいだがそんな事は…

 

瑠璃丸は、鳳仙のモノをまさぐり

「どれどれ、こっちは我慢出来て…」と触ったが鳳仙のモノは、ふにゃんとしていたのだ。

「何よう、私じゃ力不足って」と詰め寄る悦に

「待て待て、その若さで春画師とは、大した男だと思っていたが…まァ、その使えねェとあっちゃあな。道理だ」と何故か苦笑の瑠璃丸。

そして「お気の毒さま」とクスッと笑う悦なのであった。

 

恥ずかしい思いをした鳳仙。

鳳仙が帰った後も2人は、一緒におり瑠璃丸がなかなか帰さなかったせいか悦は、夜遅くに夜道を1人で歩いていた。

カゴで家の近くまで送ってもらえば良かったもののバレたら嫌だからと少し離れたところから帰るのだ。

さっきまでの出来事を思い出し、頬を染めていると…

後ろから刀で胸を突き刺されてしまう悦。

そして縦に刀を振り下ろし、悦は無残な姿となってしまった。

 

正体不明の人物は、満足そうに笑いながら悦の耳に刀を当て…。

水屋にぼてふり、香具師に垢とり

人口百十一万人を超えるこの町に数多ある生業の仲、こんな巫山戯た看板を掲げる者を俺は他に知らない。

“当て屋”と書かれた看板を見る鳳仙。

「(同じ長屋に何でも捜す者がいると聞いてきたけど…あからさまにら故障臭い。)」

他を当たろうと行こうとした瞬間、中から女の人が出てきたと思えば

「あ、忘れ物」と振り返り、鳳仙に持っていたひょうたんが直撃。

 

鼻から鼻血がとめどなく出る。

すると「なんだい、あんた住来で邪魔だよ?」と言われ鳳仙の顔を見るなり

「ああ、あんたこの長屋の星、春画師の鳳仙先生じゃ」

すると突然彼女は「嫌ァアア、誰かァア」と叫びだし

「ここん所、家賃を払って無いからってそのカタに春画の手本になれってのね??たかが1両……2両なら」

と頼んでもないことを言われ、初対面なのになんなんだこの女は…と思う鳳仙。

 

そして集られる!!とピキーンと気づいた鳳仙。

「ん?客か!」と急に態度を変えて

「あんたは、運がイイ!!何でも捜し当てる、当て屋の椿さんはたまたま暇だよ」と立ってと手を握られるが

「いや、何でもないです。通りがかりで…」と言うと「で?」とものすごい怖い顔をして手を離さない椿さん。

当て屋だったことが分かったがこんな危ない女に頼めるかと断ったのだが

「あんた、人の生き死にに触れて来ただろう」と椿さんに言われ、図星だというような反応をしてしまう鳳仙。

 

「ノった。さ、飯でも食いながら話を聞くよ。もちろんお代は、持ってくれるんだろう鳳仙先生」

とご飯を食べに行くことになったのでした。

鳳仙が当て屋を訪ねにきたわけは、今朝早くに歌舞伎役者の瑠璃丸が役人に捕まったと春画の版元から知らせがきたことから始まりました。

昨夜、瑠璃丸と共に春画の手本をしていた悦が殺され、痴情のもつれだろうと瑠璃丸が捕えられたのでした。

本当に自分でもどうかしていると思ったが瑠璃丸のあんな姿を見ては鳳仙も心が痛んだ。

 

「瑠璃丸の為に下手人(殺人犯)捜しかい?」と言う椿さん。

「いや、悦を親御の元へ返してやりたい」というのでした。

「悦の死体は、番屋にあるんだろう?八丁堀のだんなにでもいえば早く…」

「いや」

ここが容易ではないと言うのだ。

発見された悦の死体からは、耳が切り獲られていた。

奉行所でも気味悪がられ誰も本腰を入れて捜さない。

だから当て屋の元へ来たがきっとこの女も逃げ出すだろうと思っていたのが椿さんは、その話を引き受けたのだった。

 

▼↓サイト内にて『当て屋の椿』と検索↓
▽スマホ・PCで『当て屋の椿』を立ち読みしたい

 

当て屋の椿を読んだ感想!

 

不可解な事件が起き始めた江戸。

その事件を当て屋の椿さんに頼んだ鳳仙ですがこの後、どういう展開になるのでしょうか?

椿さんの只者ではない雰囲気が滲み出てますが一体、どういう人なのか気になりますね。

 

濡場シーンもありますし、暴力的なグロテスクなシーンもある作品ですが謎が解けた時の真実がまたグッとくるものがあるようです。

絵も綺麗で内容もしっかりしていて面白いので続きが気になった方は、是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『当て屋の椿』と検索↓
▽スマホ・PCで『当て屋の椿』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!