いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

8月アウトロー(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

宮田大輔先生による作品である『8月アウトロー』(講談社)

 

8歳で移り住んだアメリカでは、秋と冬には野球はなかった。

雪の日でも壁打ちをする日高悠昂(ひだかゆうごう)。

幼い日の雪の降る日、春なんて待てなかった――。

 

そしてあの夏、甲子園。

置いてきた栄冠を取り戻すキーマンは、野球の聖地・アメリカからやって来たのだ。

地に落ちた名門校・帝釛高校(ていこくこうこう)…。

アウトローたちが巻き起こす、奇跡の復活劇。

 

真夏の甲子園、灼熱のマウンド。

最後の最後まで投げ続けられるなら、オレはぶっ壊れたってかまわねえ――。

 


この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『8月アウトロー』と検索。
▽スマホ・PCで『8月アウトロー』を無料の試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

8月アウトローのあらすじは?

 

14歳の日高悠昂(ひだかゆごう)は、アメリカで野球のピッチャーをしていました。

U-14でアメリカナンバー1の投手と評価されます。

回を追うほど、投げれば投げるほど、肩と肘と手首がひとつになって、熱を帯びていく感覚は、次に投げる時はもっと速くもっと熱くなれると悠昂は感じていたのです。

 

しかし、アメリカでは14歳は一日95球までと制限されていました。

玉数制限のせいで決勝で負けた悠昂に、監督はある雑誌を見せます。

帝釛高校のエース「上條」という生徒はメジャーからも注目されていた才能ある投手でしたが、甲子園で672球を投げ肘を故障してしまったと書いてあるのです。

 

悠昂は、監督が玉数制限は大事だということよりも、甲子園には玉数制限がない、ということの方に興味を持ってしまいました。

半年後、東京都武宮市、帝釛高校の入学式に、悠昂の姿があったのです。

8月アウトロー8月アウトロー

 

8月アウトローのネタバレ・その後どうなる?

 

回を追って投げれば投げるほど、もっと速く、もっと熱くなれる悠昂。

悠昂の自分史上最高の球を投げようとすると、玉数制限に引っかかり、もっと投げられるはずのいい球が投げさせてもらえない悠昂は、日本の高校球児の記事を見て、アメリカから日本の高校、帝釛高校に進学しました。

 

帝釛高校には、二年前、球を投げすぎて肘を壊してしまった「上條」という球児がいたのです。

帝釛高校に入学した悠昂は、さっそく野球部員らしき人とぶつかってしまいました。

アメリカから来た悠昂はガムを噛み、制服を着崩し、サングラスをかけて登校したのです。

外国人と間違われるも、おかしな日本語で乗り切りました。

 

帝釛高校にすぐにも行きたかった悠昂ですが、アメリカと日本では進学時期が違うため、半年もまった末にやっとの思いで入学できたのです。

そんな悠昂は廊下に飾られている甲子園の優勝旗のレプリカが入っているガラス戸棚を拭いている生徒と話しました。

それは野球部のキャプテン、鬼木利一(おにきりいち)です。

恰好を見てやっと野球部の人だと理解した悠昂には、鬼木は全然野球が上手そうには見えなかったのでした。

 

甲子園は、一回戦から出れば優勝まで6試合あり、1試合120から130球投げることになれば合計750球も投げられる計算になります。

悠昂は、「早く投げたいぜ…」とつぶやきました。

わざわざアメリカから帝釛高校に入学してきた悠昂に、鬼木は「どうしてうちなんかにきちゃったの!!」と詰め寄りました。

鬼木は今の野球部の現状は悠昂の望んだものではないことがわかってしまったのです。

悠昂は生半可な気持ちで来るなということか…と、思ってしまいます。

 

そして放課後、野球部の部室の前に、悠昂の姿がありました。

中からは笑い声のようなものが聞こえ、「最初が大事、敬語、上下関係、しっかりいかないと!」と気を引き締めドアをあけます。

中にいたのは野球部員…しかし、半年も野球をしていない生徒ばかりでした。

その生徒たちは野球部が存続の危機に陥る前、二年前の最後の特待生だったのです。

悠昂はみんなが本当は野球に人生をかける人たちだということがわかっていました。

甲子園の優勝旗をもち、先輩たちに野球部に戻ってきてもらえるように、勝負しようと言い出すのです。

 

▼↓サイト内にて『8月アウトロー』と検索↓
▽スマホ・PCで『8月アウトロー』を立ち読みしたい

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

オレゴラッソ おすすめ!
灼熱カバディ おすすめ!
BUNGO 
バトルスタディーズ おすすめ!
鮫島、最後の十五日 

↑「8月アウトロー」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

8月アウトローを読んだ感想!

 

野球漫画の中でも、絵が綺麗でテンポが良く、読みやすい作品です。

何より、キャラの個性が強く、話にグングン引き込まれていきます。

 

元々特待生として入部してきた先輩たちがいる帝釛高校野球部に、アメリカのU-14ではナンバーワンだと言われた悠昂が入るのですから、今後の展開はますます面白いものになると思います。

玉数制限というのは、個人的にはあってもいいかと思っています。

将来のことを考えて、長い目で見る…というのは大人のエゴなのかもしれないですが、ここで燃え尽きてもいい、という思いが、この漫画の軸になっているのは間違いありませんので、その辺は目をつぶって、楽しく読むことができました。

 

特待生だった彼らが、半年野球せず、悠昂に勝てるのか、そしてどう変わっていくのか、見どころはたくさんあると思います。

まだ読んだことのない方はもちろん、野球漫画が好きな方にはおススメの作品になっています。

ぜひ一度読んでみてください。

 

▼↓サイト内にて『8月アウトロー』と検索↓
▽スマホ・PCで『8月アウトロー』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!