いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

淡島百景(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

志村貴子先生による作品である『淡島百景』(太田出版)

 

田畑若菜(たばたわかな)は演劇学校に通い始めた。

淡島歌劇学校合宿所――

あまりに色気のない呼び名に、生徒たちは代々、『寄宿舎』と呼んでいるのだった。

 

寮長でルームメイトの竹原絹江(たけはらきぬえ)に案内されて、寮の施設を案内された。

お風呂場は共同浴場。

本科生が入り、その後に、予科生である若菜たちが入ることになっていた。

 

掃除も済ませるのも予科生の仕事だ。

若菜は銭湯にも通うことがあったため、気にも留めていなかったが、予科生の中では、お風呂一つで泣き出すものもいたのだった。

そして若菜は寮で過ごす人々のことを知っていくのだった――。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『淡島百景』と検索。
▽スマホ・PCで『淡島百景』を無料で試し読み

 

淡島百景のあらすじは?

 

田畑若菜(たばたわかな)は、今日から淡島歌劇学校の予科生として、『寄宿舎』と呼ばれる合宿所に、入所することになっていました。

引っ越し業者ではなく、おじさんに送ってもらうことになった若菜は、大手の運送会社が終わるまで、まっています。

 

やっとの思いで、寮の受付に名前を伝えると、今から寮長がくるから待っていてほしいと言われました。

寮長が来るまで、建物の中をぐるっと見渡す若菜。

 

「お待たせして申し訳ありません」

そこにいたのはとてもきれいな少女でした。

 


淡島百景

↑サイト内にて『淡島百景』と検索↑

 

淡島百景のネタバレ・その後どうなる?

 

綺麗な少女は、竹原絹枝(たけはらきぬえ)という名前でした。

寮長もしており、本科生のA組の先輩、そして若菜のルームメイトです。

おばあちゃんと同じ名前の竹原を、ボーっと見つめてしまった若菜は、名前を呼ばれて慌てて挨拶をしました。

 

「申し遅れてすみません、このたび入寮しました田畑若菜です!」

群馬県出身であることを告げると、竹原も、群馬には親戚が何人かいます、と話してくれました。

広島出身の竹原と同じ部屋で、これから過ごしていくことになる若菜は、満面の笑みで、自分の部屋を見つめたのでした。

 

お風呂場は共同となっており、まず本科生が入ることになっています。

その後ようやく予科生が入ることができ、予科生は最後にお風呂の掃除もしなければならないのでした。

若菜は銭湯にも良く通っていたため、特に気にはなりませんでしたが、どうしても共同浴場に耐えられない、と泣き出す子もいるのです。

人の入った後に入るなんて気持ち悪い、と言ったその子を慰めていた先輩は、同じ学年の先輩にその子のことを愚痴っているのを聞いてしまった若菜。

 

先輩は手のかからない子がいいと言いますが、そういう子は同学年から嫌われたりもするのです。

先輩に媚びて媚びて、ポイント稼ぎに必死、と言われている子もいました。

若菜は窓辺で友達の村上桃子(むらかみももこ)と、人間関係の怖さを話ます。

しょっちゅうどこかでみんな悪口言っていることに、二人は怖くなり、そのおかげで仲良しにもなれました。

 

時間割通りに声楽の教室に行こうとすると、お風呂に入れないと言って泣いていた子が、美しい歌声で歌っています。

若菜たちのおしゃべりをかき消すくらいの声。

才能のある子の声は、若菜のミーハーな部分を揺さぶりました。

ミュージカルに連れていってもらえば、自分もミュージカルスターになりたいと願い、和太鼓の会が演奏しているのを聞けば、どうしたら自分もできるのかと受付に聞きに行ったりしたのです。

 

淡島歌劇学校に行くことにしたのも、母たちのおしゃべりがきっかけでした。

まんまとその気になった若菜は、試験を受け、この学校にやって来ました。

なんでこんなとこに来てしまったのか…若菜の悩みをわかっているかのように、竹原が声をかけてきます。

「皆トップをとりたいの、足の引っ張り合いよ…。」

竹原の言葉は若菜の、はっきりしなかった悩みを浮き彫りにしました。

竹原は、自分の昔話をしました、そして自分もここに居続ける理由を探し続けているのだと言ったのです。

 

▼↓サイト内にて『淡島百景』と検索↓
▽スマホ・PCで『淡島百景』を立ち読みしたい

 

淡島百景の感想は?

 

歌劇学校という特殊な学校の中で、育まれる友情や信頼関係。

そして人の本質を知るようになっていく、少女たちの葛藤を美しく描いています。

 

代々、歌劇学校に通ってきた家族や、辞めていった人なども、主人公を変えて、世代を超えて、繊細に美しい描写をされていました。

何かに熱く、懸命に頑張っていた時の、キラキラした思い出のようなストーリーで、読者に深く考えさせる作品です。

 

緻密に計算された短編のつながり。

少女たちの魅力が存分に詰まっていますし、何度も読み返したくなってしまいます。

リンクしていくそれぞれの話が、本当に面白かったです。

 

歌劇学校というのがどのようなものなのか、想像でしかありませんが、きっとものすごく、過酷で、残酷で、しかし華やかな世界なのかもしれません。

そんな中で生きていこうと決めた若菜たちが、いつか輝くスポットライトの下に出られることを夢見ながら、温かく見守って読んでいけたらいいなと思いました。

まだ読んだことのない方は、ぜひ一度読んでみてください。

 

▼↓サイト内にて『淡島百景』と検索↓
▽スマホ・PCで『淡島百景』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!