いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

バイオーグ・トリニティ(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

スマホ・電子書籍でマンガを読みたい方にお薦め【U-NEXT】!
無料トライアル登録で、600円分のポイントを貰えちゃう!
そのポイントで最新作含めお好きなマンガを無料で読めちゃう!試し読みできちゃう!

こいつで、スマホ漫画、電子書籍マンガ、お試しデビューだ!

【→ U-NEXT 無料トライアル ←】

★さらに、雑誌70誌以上、映画やドラマ、アニメなどが31日間も無料で見放題です!

大暮維人・舞城玉太郎先生の作品『バイオーグ・トリニティ』

 

いろんなモノと融合出来る“バイオ・バグ”とはいったい?

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『バイオーグ・トリニティ』と検索。
▽スマホ・PCで『バイオーグ・トリニティ』を無料で試し読み

 

バイオーグ・トリニティのあらすじは?

 

藤井は、榎本芙美歩という初恋の女の子のことを

どうしようもなく好きで死にそうな程だった。

スマホを持ちながら芙美歩からの着信がこの機械に隠れているんじゃないか?と

機械オンチの藤井は、スマホを地面に置いてみたりするが画面に映し出されるのは

「着信はありません」の文字。

 

だんだんとムカムカしてきた藤井は、このスマホに2人の仲を邪魔されているような気分になってしまい、川にスマホを思いっきり投げてしまったのだった。

寒い中、川でスマホを探していると

川に入っている藤井を橋から見下ろしている通りすがりの男。

「兄ちゃん、こんな寒ィのによくやんなァ」と声を掛ける。

 

するとどこからかスマホが鳴る音が…!

その音の方へ行き、画面を確認すると芙美歩からではなくてがっくし。

「おー、よかったなァ」と言う男に

「何見てんだよっ、あっち行ってくれよ」としっしっとやると

男はクスクスと笑いながら「カゼひくなよ」と去っていく。

 

電話の相手は、穂坂正路。

藤井と同じクラスの高校生だ。

なかなか電話に出なかった藤井に怒っている。

水遊びしてるという藤井に一緒にいる極子に迎えに行かせるからじっとしてろと言い、漫画を読んでいた極子は、納得のいかないまま藤井をバイクで向かいに行ったのだった。

 


バイオーグ・トリニティ

↑サイト内にて『バイオーグ・トリニティ』と検索↑

 

バイオーグ・トリニティのネタバレ!

 

極子が向かいに行くと藤井は、ガタガタと震えており

「ごめん、極子(きわ)」と謝るとまだ漫画の途中なのにと怒鳴り、ヘルメットを思いっきり殴る。

そして2人は、コインランドリーへ。

ずぶ濡れのまま後ろに乗せたくないという極子のされるがままに

藤井は、裸で服を待つことに。

 

「好きなんでしょ?榎本芙美歩のこと」と話を進めようとするのですが

寒い寒いと藤井は、パンツを履いただけの格好で自販機へ向かいます。

案の定「コラコラ、何やっているのかね。少年」と警官の斎藤に声をかけられてしまう。

何か言い訳を考えていると極子が藤井のスマホを斎藤に見せると何やら

「市民コード認証」と言ってその場を去ってしまった。

 

「量産型巡査にいちいちビビんなっつーの」とスマホを藤井に返す。

服も乾き、バイクに乗ると

「今日だけじゃなくて最近、アンタのアホ加減についてけないんだよね。

ブラブラして歩いてくる距離じゃねーだろ。ま、話したかねーならそれでもいーけど…正直うざい」

と言う極子のお腹にぎゅっと手を回した藤井は、頬を赤らめながら

「だって初恋なんだもん、許せよ」と言うと極子は、爆笑。

 

翌日、学校で頭を抱える藤井。

昨日、極子がバイク乗りの頼れるお姉さんっぽいところがあったせいか

藤井は芙美歩の事が好きで好きで堪らない訳が分からない気持ちを全部ぶちまけてしまったのだ。

極子は、そんな頭を抱える藤井の姿を見て

「心配すんな、恋する少年。穂坂正路にゃ昨日のコトだまっといてやっから

でも、他の人にはしゃべっちゃうかもね〜」

とからかわれてしまう。

 

そして、次は穂坂に後ろから蹴りを入れられ、

「2秒で死ね、クソが」と言われてしまう。

あの後、どこに行ってたのか?何で電話は2秒で出ないのか?を追求される。

いつもの光景だと言うように2人は、言い合いをし他の生徒は、気にもとめてない様子。

 

極子は、漫画を読んでいると昨日

「このままじゃオレ、芙美歩のこと好きすぎて死ぬよッ。だから協力しろよ!友達じゃんよ!」

と言われたことを思い出し「うっざ」と小言を言うと、

「聞いたよ、松カゲッち。今度すげぇの入れたんでしょ?」

という女子生徒の声を聞いている極子。

 

するとギャーギャー騒いでいた藤井達の様子がおかしい。

藤井の左手に右腕が吸い込まれていくのだ。

驚く藤井に「あっらぁ…ソレって」と言う男子生徒。

ちらほらと「松かげっちと同じ」とか「何人目?」と声が聞こえる。

藤井の両手のひらには、ハートのバイオ・バグが出来ていたのだ。

 

バイオ・バグとは、手に「穴」のあく病気だ。

穴は、吸い込んだモノと分子レベルで融合してしまうらしく、融合できるモノはどんなものでも大小構わないが1度吸い込んでしまうと自力では、解除出来ないのが困るところである。

放課後、松陰ちえりと話していた女子生徒がスマホの画面を見ながらクスクスと笑っている。

「いや、コレ。もうヤバイってもんじゃないっしょ」

「これ見りゃ本田くんも考え直すんじゃね」

と動画にしてアップしようと話しているところに極子がスマホを取ったのだ。

 

その頃、松陰は他の生徒が可愛いと喜んでくれていることに止められなくなっていた。

トイレにこもりブツブツと言いながらスマホを見ている松陰。

その隣の個室にも女子生徒が入っているようだった。

すると極子が松陰の個室をノックし

「オイッ、松陰ちえり」と小声で声を掛ける。

「何?キワコ?」と返事をすると、

「アンタのスマホの…“薬”脱法だろ?」と言うのだった。

 

薬とは、解毒薬のことで“バイオ・バグ”で融合した人間とモノを分離することが出来るという薬だ。

普通の薬とは違ってスマホの中に入るデータの形状をしていて耳からイヤホンで服用する。

分離出来たとしても数パーセントの成分は、体に残ってしまう。

そしてこれは、違法薬も出回っていて違法のものは、直ぐに効かなくなるというデメリットがある。

松陰は、その違法薬で分離していたのだった。

 

▼↓サイト内にて『バイオーグ・トリニティ』と検索↓
▽スマホ・PCで『バイオーグ・トリニティ』を立ち読みしたい

 

バイオーグ・トリニティを読んだ感想!

 

世界観が好き作品です!

個性的で絵も綺麗で私は好きでした!

 

内容等は、読んでいくと分かると思うのですが、

急に“脱法”?“バイオ・バグ”?と分からないところもあったりしましたが、

読んでいくうちに続きが気になるような作品でした。

 

文字が少し多めな部分もあり、読みにくいかも?というところありましたが特に気にすることもなくという感じでした。

“融合”という設定が面白かったので続きが気になった方は、是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『バイオーグ・トリニティ』と検索↓
▽スマホ・PCで『バイオーグ・トリニティ』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホで漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!
・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:U-NEXTでは無料トライヤルで600円分のポイントが貰えます!
そのポイントを利用してすぐに読めちゃうわけです!

▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならU-NEXTがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!
・U-NEXTでは無料トライヤルで600円分のポイントが貰えます!
そのポイントを利用してすぐに1タイトル読めちゃうわけです!


≪U-NEXT簡単利用方法≫

①以下をクリックしてU-NEXTを開く!

U-NEXTはこちら


②【今すぐ無料トライアル】をタップ!



③【お客様情報】を入力!



④ご登録内容を確認、および決済方法を選択して、【送信ボタン】をタップ!



⑤右上の虫メガネからご希望のタイトルを検索して、【読む】をタップ!




※上記【現在:600ポイント】と記載がある通り、しっかり600ポイントが貰えちゃってます。【ポイントを利用して0円で購入】から無料でご希望のタイトルが読めちゃいます!


U-NEXTはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!


--------------------------
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
--------------------------