いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

BEGIN(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

BEGIN

史村翔・池上遼一先生の作品『BEGIN』

 

極道×官僚!!

日本を変えれるのは…

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『BEGIN』と検索。
▽スマホ・PCで『BEGIN』を無料で試し読み

 

BEGINのあらすじは?

 

バブル崩壊、政治の停滞、中国の台頭。

失われた20年を得て、傾き続ける日本。

この国を変えることを出来るのは一体…

 

新海十造が乗る飛行機は、沖縄・那覇空港へと向かっていた。

すると乗客の1人が苦しそうにもがき始めたのだ。

 

お医者様を…!と慌てていると十造は、その男を見て腹を殴る。

唖然とする乗務員。

 

「病気じゃねーよ…。このバカ、覚醒剤が切れただけだ。沖縄までガムテープで縛り付けておけ。」

 

「あ、あの…お医者様では…?」

「ただの極道だよ。」

 

飛行機には本物の医者も乗っていたようで、「もう私は、必要ないですな…」と席へと戻ったのは、中国人の仲井。

 

那覇空港に着くと、お手洗いを済ませる十造。

その後、お手洗いの掃除に来た人がもう既に清掃中の看板が置いてあることに気付く。

 

「あれ、掃除これからなのに誰がこんな…」

男のお手洗いに入っていくと、奥の個室で仲井が悲惨な状態で見つかったのだ。

 

その頃、沖縄ではまだ違う人物が行動を起こそうとしていた。

その人物は、神津 快。

 

警視庁から沖縄警に出向しています。

そういう組織はコードネームで呼ばれているのですが、神津は違います。

特命で動いているのでしょう。

 

神津グループは、自ら“BEGIN”と読んでいるのです。

“神津は、沖縄をもう1度戦場にしようとしている。”

 

日本が生き残るためには、沖縄に泣いてもらうしかない、と神津は思っているのです。

 

BEGIN
BEGIN

↑サイト内にて『BEGIN』と検索↑

 

BEGINのネタバレ!

 

神津の耳にも、空港のトイレで仲井が殺された情報が入りました。

仲井は、日本人と結婚し帰化した中国人医者。

 

沖縄独立運動の煽動者。

裏の大スポンサーでした。

その彼が殺された。

 

彼を消したのは、十造です。

十造がただの極道ではないような気がしますが、彼の目的は何なのでしょうか?

 

場所は変わり居酒屋にて、沖縄の極道、中城が飲んでいました。

奥には、十造の姿もありました。

 

その後に入ってきた中国人 4人の態度が悪かったのか、中城はブチ切れます。

ですが外でボコボコにされてしまう中城。

4対1では、無理もありませんね。

 

中国人の1人が刃物を出した時、観光客じゃない事に気付く中城。

「その辺にしとけや。」

その時、十造が来ました。

 

「なんだよ、てめぇは…!」

中国語で話す男。

 

「最近は、妙な中国人が増えてるらしいなァ」

男は刃物を持って十造に向かいますが、見事に返り討ちになってしまいます。

 

「中国人でも猫と虎の異いぐらいは解るだろう…」

そう言うと3人は、その場を後にしました。

 

十造と中城は、公園にいました。

 

「何でこんなになっちまったんだ…昔はよォ、“極道”の下っ端でもギラギラした夢ェ持って肩で風切って生きていたんだよ…。カッコ良くておっかなくて女にモテて、まだ極道が上を向いて歩ける時代だったんだ。

それが“暴対法”か何か知らねェが、歯ァ抜かれ、爪ェ剥がされ、気がつきゃただブラ下がっているだけの“極道”“金”に振り回され、極道が拳銃の代わりにパソコンだ。

行き場がねェんだ…時代に乗り遅れちまった人間はどこに行けばいいんだよ。」

 

中城の組も今では、エロサイトのネット詐欺でお金を稼いでいます。

パソコンが出来ない中城は、若い者に任せる他ないですし、昔やっていた漁師にでも戻ったらどうですかと言われてしまいます。

しかもそれを仕切ってるのは中国人。

 

黙って聞いていた十造は

「おまえよォ…オレとイナゴ狩りやらねェか。おめェが大嫌いなイナゴ。沖縄で焼き払うんだよ!」と誘ったのです。

 

沖縄県警本部では、仲井が殺害された捜査をしていました。

監視カメラはカラースプレーでやられていて、確認することは出来ません。

“プロ”の犯行だと予想しています。

 

そして発着便の乗客リストには、これといって引っかかる人間は居らず、ただ同じ便に白洲正光の孫娘が乗っているという事が分かりました。

 

この間亡くなった沖縄独立運動の主導者の孫娘。

白洲 玲央 18歳。

 

同じ便に1人だけ前科者が乗っている。

それ以外に変わった人間はいません。

 

前科者とは十造のことです。

傷害致死罪で3年前まで服役していました。

 

神津は、十造の事が気になるようで…。

その極道がプロである可能性が高いと言います。

 

その時、海上自衛隊から情報が入ります。

尖閣に何者かが上陸し、散骨らしきことをしていると。

 

尖閣諸島では、玲央が正光の骨を海に撒いていました。

「お祖父ちゃん。お祖父ちゃんの意志は私が継ぐ。」

 

その頃、十造も尖閣諸島付近の海の上で銃を構えていました。

「そ、そんなバカな。極道がテロリストまがいの“プロ”になど。」

 

神津の考えが信じられないようで。

でも、3年もあれば人間はどうにでも変えられると神津は言うのでした。

 

十造と一緒に乗っているのは中城。

ライフルを構える十造にテロリストってやつか!?と聞きますが

 

十造は、尖閣諸島にいる玲央から視点を変えて同じ海に浮かぶ中国の船に目を付けます。

「他人の縄張りで土足で入るもんじゃねェ。オレは、“憂国の極道”てか!」

 

ライフルで中国の兵隊を撃ってしまったのです。

 

▼↓サイト内にて『BEGIN』と検索↓
▽スマホ・PCで『BEGIN』を立ち読みしたい

 

BEGINを読んだ感想!

 

殺伐とした作品ですね、次々と中国人が殺されていってしまいます。

十造の目的とは何なんでしょうか?

 

イナゴ狩りとは、中国人の事なんですね。

中城と仲間になったわけですが、どこを目指しているのか気になります。

 

そして公安から目を付けられてしまった十造は、大丈夫なのでしょうか?

気になることばかりですが、続きが気になった方は是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『BEGIN』と検索↓
▽スマホ・PCで『BEGIN』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!
BEGIN