いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

ブラッククローバー(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も!

田畠裕基先生による作品である『ブラッククローバー』(集英社)

 

人間は魔人に滅ぼされるかに見えた…。

それを救ったのはたった一人の魔導士。

彼は「魔法帝」と呼ばれ伝説になった――

 

どちらが魔法帝になるか勝負だ!

アスタとユノは幼いころにともに誓い合った。

 

同じ日に教会に捨てられたアスタとユノは15年ともに育ってきた。

お互いに魔法帝になるべく成長してきたはずなのにアスタは全く魔法が使えない。

対照的にユノは才能とたゆまぬ努力のおかげで魔法が使えるのだった。

 

年に一度、全国各地で15歳になる者たちを集めて持ち主の魔力を高める「魔導書(グリモワール)」の授与式が行われる。

魔導書をもらえればアスタも魔法が使えるようになるかもしれなかった…。

 

授与式の最中、魔導書がそれぞれの持ち主のところへやってくる。

しかしアスタにはなぜか魔導書こない。

騒ぐアスタの横でユノの魔導書が輝きだした。

四つ葉のクローバーのマークの付いたそれは初代魔法帝も授かったという伝説の魔導書だった。

「俺は魔法帝になる」ユノはみんなの前で宣言した。

アスタは魔法帝にはなれないのだろうか?

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『ブラッククローバー』と検索。

『ブラッククローバー』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

ブラッククローバーのあらすじは?

 

15歳になった年の3月、各地の少年少女を集めて魔導書(グリモワール)を授与される時が来ました。

きっと魔導書さえもらえればアスタも魔法が使えるようになるかもしれないと思っていましたが、授与式ではアスタだけがなぜか魔導書をもらえませんでした。

魔導書は自ら持ち主のところへ行くのですが、アスタのところへは来なかったからです。

驚くアスタの横でユノの魔導書が輝きだします。

 

ユノの魔導書には四つ葉のクローバーのマークがありました。

幸運の四つ葉のクローバーは初代魔法帝の魔導書にもついていたとされる幸運の証です。

「俺は魔法帝になる」ユノはそう宣言します。そのユノに向かってアスタが「すぐ追いつく!オレはお前のライバルだからな!」と言います。しかしユノはアスタに向かって「ありえねー」と、一言なげかけいってしまいました。

 

ユノをがっかりさせてしまったと思ったアスタは木の上で消沈していましたが、こんなところであきらめるわけにはいきません。

遠くにユノの姿を見つけます。

 

ユノは魔導書の書庫の前にいました。すると後ろから魔法戦士崩れの盗賊が現れユノの幸運の魔導書を奪おうとします。

後先考えずアスタは飛び出していました。

ユノを助けようと飛び出したアスタでしたが反対に返り討ちにあいます。

そしてその盗賊はアスタには魔力がないことを告げるのでした。

「何もかも諦めな生まれながらの負け犬くん」盗賊がアスタに言います。

その時ユノがアスタに向かって言いました。

「アスタはオレのライバルだ」

 

ユノの言葉であきらめかけていたアスタも気力を取り戻し、心を奮い立たせます。

すると魔導書の書庫から一冊の黒い本がアスタの前にやってきました。「やっぱりな、アスタが選ばれないなんてありえねー」ユノはそう思っていたのです。

 

魔導書の中からでてきた真っ黒い剣。反魔法も魔導書でした。

相手の魔法を無効化してアスタは盗賊を吹き飛ばしました。

「やくそくおぼえてるか?」ユノは聞きます「ユノこそ、覚えてたのかよ」

『どっちが魔法帝になるか勝負だ!』

 


ブラッククローバー

↑サイト内にて『ブラッククローバー』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

喧嘩番長 乙女~恋のバトルロワイヤル~ おすすめ!
HELLSING おすすめ!
六花の勇者 
真説 ザ・ワールド・イズ・マイン 
家庭教師ヒットマンREBORN! 
ザ・アスリーターズ おすすめ!

↑「ブラッククローバー」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

ブラッククローバーのネタバレ その後どうなる?

 

アスタの黒い魔導書は5枚のクローバーが描かれていました。

 

それは5枚目には悪魔が住むという魔力のないアスタだからこそ手に入れることができたアンチ魔法の魔導書です。

 

魔力が無くても魔法帝になる、あきらめないのがアスタの魔法です。

 

その後二人は魔法戦士団に入団するべく試験会場にいました。

 

強面の男にぶつかりアスタが軽口をたたきますが実は騎士団長だということが判明します。

 

破壊神ヤミ・スケヒロ「黒の暴牛」と呼ばれる男に目をつけられてしまうアスタでした。

 

一次試験は箒で空を飛ぶこと、アスタにできるはずがありません。

 

魔法の使えないアスタにセッケが近づきます。どうやらアスタを引き立て役に使おうという魂胆のようです。

二人一組でその相手と試合をするように言われセッケはアスタと組みます。

 

アスタは大剣を出し、一撃でセッケを倒しました。

 

「俺はテキトーに頑張っていい思いをするために魔法騎士団に入るんじゃねぇ。死に物狂いで魔法帝になるためだ」アスタは高らかに言います。

 

ユノも相手を風の魔法で倒し試験は終了しました。

 

ユノはすぐに「金色の夜明け」団に入団が決まりましたがアスタのところではだれも手を挙げません。その時先ほどのヤミがきて言います。

「魔力のない分際で魔法帝になるのか」と、「誰に何を言われようと、いつかなってみせます!」そんなアスタを面白いとヤミは「黒の暴牛」にこい、とアスタを誘いました。

 

『ブラッククローバー』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『ブラッククローバー』と検索↑

 

ブラッククローバーを読んだ感想!

 

王道少年漫画ですね!現在8巻まで出ているブラッククローバー。

毎回毎回見せ場があって、対照的なアスタとユノの友情にも心打たれます。

スピード感も申し分なく、最後まで楽しく読める作品でした。

 

『ブラッククローバー』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『ブラッククローバー』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!