いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

ブラック・ラグーン(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

広江礼威先生の作品『ブラック・ラグーン』

 

緑郎は、4人組のブラック・ラグーンという集団に捕まってしまうことに!

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『ブラック・ラグーン』と検索。
▽スマホ・PCで『ブラック・ラグーン』を無料で試し読み

 

ブラック・ラグーンのあらすじは?

 

岡島緑郎は、旭日重工の会社員で重要なディスクをボルネオ支社まで船で運ぶことになっていたのだが、その途中で“ブラック・ラグーン”という4人組に襲われてしまった。

緑郎は、人質にされてしまい…!?

 

「オーケイ、日本人。もっぺん聞くぞ。旭日重工から持ってきたのは、こいつ1枚だな?」

「…で、ボルネオ支社長に渡すまではわ、厳重に保管…そうだろ?」

緑郎は、ガタイのいい男・ダッチとクールな女・レヴィに銃を向けられている。

「そ、そうだ。僕が聞いてるのは…それで全部だよ!」

「ダッチ。面倒くせえ、膝の辺りを撃っちまえ。小鳥みたいに喋りだす」

容赦ないレヴィにこれだけ聞き出せれば充分だぜとそれは必要ないというダッチ。

 

だが緑郎が人質から解放されることはなく、この後も一緒に同行することになってしまったのだった。

その頃、東京都新宿区では、今回の件は、最悪の事態だと会議が行われていた。

まだ緑郎が人質になっているという情報は、入っていないようでディスクをどうするかというのが1番大切なことらしい。

「俺は、どうなってしまうのだろうか。会社は、俺のことを助けてくれるんだろうか。」

と不安になる緑郎と何故、緑郎をこのまま連れていくのかと言うダッチとわかってねェよ!と反論するレヴィ。

この後、緑郎に待ち受ける事とは…

 


ブラック・ラグーン

↑サイト内にて『ブラック・ラグーン』と検索↑

 

ブラック・ラグーンのネタバレ!

 

因みに、ダッチとレヴィの他にベニーという情報・ハイテク機品担当の男が乗っている。

何故、彼等がディスクを欲しがっているかというと

ロシアン・マフィアのボス、バラライカに依頼されているからなのだ。

 

だがそのディスクは、旭日重工の密輸に関わることが入っているので旭日重工側は、どんな手を使ってでもそのディスクを抹消しなければならない。

だがそこまで危険なことをしてディスクを奪い、依頼者のバラライカに渡したとしても2万ドルしかもらえない。

それを考えたレヴィは、緑郎を人質にし身代金でボーナスを稼ごうと考えていたのだった。

なのでこのままさらってしまったとのこと。

 

だがベニーも「考え甘いよ」とレヴィの意見には、賛同出来ないようでダッチもいったい誰が交渉すんだ。と言う。

するとレヴィは、ブチ切れ

「ああ、そうかい!わかったよ、ぶっ殺して海ン中、叩き込みゃいいんだろ!!」と銃を緑郎に向け撃ちまくる。

「やめろ馬鹿、船を壊すな!!」と船の中は、パニック。

緑郎も何とか撃たれずに済んで、レヴィはダッチに腕を捕まれ「レヴィ、クールにいこう。」と言う。

 

気分を悪くしたレヴィは、港に着くまで寝るわとその場を後にした。

「しょうがねェなァ。おい、日本人?」

「生きてる?なんでか知らんが俺、生きてる」と涙を流す緑郎。

「オーライオーライ、一服つけよう。“アメリカンスピリット”しかねえが。我慢してくれ」

と船の上に出て煙草を吸う2人。

 

「それより俺は、いったいどうなるんだ。」

「お宅の会社と連絡つけて引き取ってもらうさ。だがディスクを依頼主に渡すのが先だ。」とダッチは言う。

「依頼主?あんたらのものじゃないのか?」

「俺たちゃ、単なる運び屋だよ。俺たちが持ってたところでクソの役にも立ちゃしねえ。使える奴が使って初めて価値が出る。」

「じゃ、あんたたちもあれの中身は知らないわけか。」

「知りたくもねえな、ここの商売じゃ、除き屋は早死にすることになってんだ。

さて、俺たちはこれからタイの港に入る。そこの酒場で依頼人にブツを渡し…そっからは、あんたの運だめしだ。」

 

そう、ダッチは立ち上がり…

「俺に運がなかったら?」

「同情するし、祈ってやってもいい。」と船の中へ戻っていった。

緑郎は、神に祈ることしか出来なかった。

 

その頃、やっと人質になっているのが旭日重工の社員だということがお偉いさんの耳にも入った。

だが現在この会社のおかれている状況は最悪。

これ以上の遅れは許されないと言うのです。

すでに傭兵たちが行動を起こしていると言います。

なので緑郎には気の毒なことになると言いました。

 

緑郎は、酒場でダッチとベニーとレヴィで飲んでいるところでした。

「この酒場は、ひどい。地の果てだ。」と緑郎が言うと

「うまい喩えだ。ここは、もともと南ベトナムの敗残兵が始めた店だが逃亡兵なんぞを匿ったりしてるうち、気が付きゃ悪の吹き溜まりだ。娼婦、ヤク中、傭兵、殺し屋。どうしようもねえ、無法者ばっかりさ。嫌いかね、ロック?」

ダッチがそう聞くと居酒屋が一番いいと緑郎が答えるとダッチは、電話を入れてくると席を離れる。

「ミスタダッチ!さっき俺のことなんて呼んだ?」とさっき日本人じゃなく違う名前で呼ばれた事を思い出し聞くと

「“ロクロウ”だからロック。クールだろ?」と言ってしまった。

 

すると隣に座っていたベニーがダッチは、あだ名を付けるのが好きなだけだから気にしなさんなと緑郎に話しかける。

この後、この酒場が大変なことになるなんて誰も知る由がなかった。

 

▼↓サイト内にて『ブラック・ラグーン』と検索↓
▽スマホ・PCで『ブラック・ラグーン』を立ち読みしたい

 

ブラック・ラグーンを読んだ感想!

 

とても有名な作品ですね。

洋画のようなセリフの言い回しがとてもいいです。そして面白いです。

もちろん、格好いいところもたくさんあります!

 

この後の緑郎がとても気になりますが…

その前にこの酒場が荒れに荒れてしまう事態に…?

 

銃が好きな方や洋画とか好きな方とかにオススメです。

戦うところもすごくかっこいいですし是非、少しでも興味がわいたら読んでほしいです。

内容も面白いですし、飽きることはないと思います!

 

▼↓サイト内にて『ブラック・ラグーン』と検索↓
▽スマホ・PCで『ブラック・ラグーン』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!