いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

ボクだけ知ってる一宮さん(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

甘詰留太先生の作品『ボクだけ知ってる一宮さん』

 

僕の隣の席に座っているのは一宮さん。

地味っぽいけど僕だけが知ってるんだ。

実はとっても…

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『ボクだけ知ってる一宮さん』と検索。
▽スマホ・PCで『ボクだけ知ってる一宮さん』を無料で試し読み

 

ボクだけ知ってる一宮さんのあらすじは?

 

隣の席の一宮未純は、エロい。

一見地味に見えるが皆は、気付いていない。

 

先ず、胸が大きい。

猫背気味で分かりにくいが、多分スタイルもめちゃくちゃいい。

その中でもチャームポイントは、唇。

 

癖なのか、未純はよく唇に物を当てている。

肉厚でプルプルとした唇を見て、仁科は心臓の高鳴りが止まない。

唇と胸を交互に見ていると、未純と目が合ってしまう。

 

「(ああっ…あー…ッ)」

動揺していると先生に呼ばれていることに気付き、

「み、見てませんッ!」と言うが

「見てくれ、黒板を」と先生に返されてしまい、クスクスと生徒に笑われるはめに。

 

生徒の皆は、誰もこっちに注目しない。

だから仁科しか未純の事を知らない。

ボクだけが知っている、薄日の中だと一宮さんの髪は、キラキラすること。

因みに仁科の兄は、学校の教師なのだ。

さっき注意したのも仁科の兄。

 

「なァ、兄貴。女って男がどこ見てるのか分かるっていうよな。」

「いうねぇ、ん?どうした?また何かあったのか?」

これまでに何度か女子にジロジロ見ないでくれる?と言われたことがあり、兄もその事を知っていたのでまた言われたか?と聞かれる。

「…もういい。」と肩を落とす仁科。

 

兄は、見てても何も言われないのに、仁科だけ気持ち悪がられてしまうこの違い…!

 


ボクだけ知ってる一宮さん

↑サイト内にて『ボクだけ知ってる一宮さん』と検索↑

 

ボクだけ知ってる一宮さんのネタバレ!

 

夏服になって更にはっきりした。

一宮さんの胸は大きい!!

これは、仁科の新発見となった。

 

机の上に乗ってるのを見てニヤニヤ。

「やわらかそォ…」と思っていると、“カシャ”と音が鳴る。

なんと未純が仁科にスマホを向けて、写真を撮っていたのだ。

それも何も言わずにただ撮るだけ。

 

「(え!?何!?なにっボボボクの写真が欲しかった!?)」

ひょっとして一宮さんも!?と淡い期待。

「写真?女子が?気をつけろよォ、お前に対する訴訟の準備じゃねーのか?」

ニヤニヤされながら兄に言われる。

 

3ヶ月ずっと見続けてきて、“これは!!”って思う瞬間は…

何度かあったのだが…。

チラッと目が合う程度の事なのだが、今日も見ていると未純は暑いのか制服のボタンを少し外し、谷間を見せる。

すると未純のシャーペンが落ちてしまい、仁科が拾おうとすると2人同時に拾おうとしたので肩が触れ合い、未純の谷間が丸見えに…。

 

そして未純は、唇を当てていたシャーペン部分を仁科の頬にちゅんっとし、未純も顔を真っ赤にしていたのだ。

帰り道「間接キッスじゃああ」と舞い上がる仁科。

「(これは!!これはもォ間違いなくっ、一宮さんはボクのこと?)」

 

バス停でバスを待つ未純と出会い、手をぎこちなくあげようとしてみるも

目が合うといつものように目を逸らされてしまい、やっぱ違うのか!!とショックを受けるが、

まだチャンスはある!未純の魅力にまだ誰も気付いていない!

仁科だけが…隣の席に座っている仁科だけが知っていることなのだから。

だが最悪な事に来週席替えという事実を知る仁科。

 

席替えは、クジ引きだということを知り、

仁科は、兄のクジ作りを手伝うことに。

要するにあの席を誰にも先に引かせなければいいということ。

先ず、箱の中が見えない工夫をする。

残りのクジの数がギリギリまでバレないようにし、そしてフタの裏にポケットをつくる。

そこに6番のクジを隠す。

 

きっとクラスの人等は、我先にとクジを引きにいく。

控えめな未純は、必ず最後になるので、最後のクジが手に触れない。

未純が箱を振るとポケットから6番が落ちてくるというシステム。

だがこれは、仁科が思う通りになるのだろうが?それだけが気掛かり。

 

もし自分が前の席になり、未純と隣の席になった男子が未純の魅力を知ってしまったら?

仁科だけの…では無くなってしまう。

それだけは嫌だ!!と涙を溜める仁科。

「ボクだけの…一宮さん」

 

そして放課後のクジ引きまでもう少し!

ちゃんと成功するか確認するには、体育の時間しかありません。

教室にそぉっと入ろうとすると、クジ箱を開けてポケットを触っている未純の姿が…!!

 

「そ…れ」とドキドキする仁科。

「…ねェ、6番隠したの仁科くん?」

仁科の作戦が未純にバレてしまったのだった。

だが2人は、お互いに6番を引く。

つまり、未純もクジを細工しようとしていた。

それも女子の分だけじゃなくて男子のクジも。

 

それはつまり…

未純も仁科の隣が良いということ!?

屋上で興奮が収まらない仁科。

その頃、教室では未純がスマホで誰かとメッセージをしていた。

それは、クジの操作のことだった。

そして仁科と同じ席になったことを相手に報告すると、

「よくやったね」と褒められ、

「これでこれからもアイツにエロい目で見てもらえるねw」

そう送られてきていたのだった。

 

▼↓サイト内にて『ボクだけ知ってる一宮さん』と検索↓
▽スマホ・PCで『ボクだけ知ってる一宮さん』を立ち読みしたい

 

ボクだけ知ってる一宮さんを読んだ感想!

 

常に一宮さんがハァハァしているような感じで、見られていることに興奮していたのかな?と

最後の一文を見て思いました。

見られていることが嬉しかったのか、謎が深まるばかりです。

 

仁科がずっと見ていることは、バレていたんですね。

あんなり見られてたらそりゃ、バレると思いますよ(笑

 

これからも隣の席になれた2人ですが、これは、恋愛に発展するのか??

どうなるのか先が見えません。

 

続きが気になった方は、是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『ボクだけ知ってる一宮さん』と検索↓
▽スマホ・PCで『ボクだけ知ってる一宮さん』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!