いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

文学処女(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

中野まや花先生の作品『文学処女』

 

恋ができない男と恋を知らない女。

不器用な2人が繰り返す・・

 


この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『文学処女』と検索。
▽スマホ・PCで『文学処女』を無料の試し読み

 

文学処女のあらすじは?

 

月島鹿子は、小さい頃から何をやっても普通でテストも平均点。

そんな鹿子が唯一褒められたもの、それは・・お話を書くこと。

 

近所のお姉さんにだけ自分が作った物語を読んでもらっていた。

お姉さんは「すごく面白い!大きくなったら小説家になるといいわ」と鹿子に言ったのだ。

それからというもの気付けば、本ばかりの人生で

26歳になった今も青春・恋愛は全部フィクションとなっていた。

 

お姉さんに言われた小説家になる才能があるはずもなく

せめて本に関わる仕事がしたい!と思った鹿子は、編集者となったのだ。

不規則な生活・作家のわがままに振り回され、これまでめぼしいヒットもなしの鹿子。

流石にこれでは将来不安になってしまった“仕事向いてないのかな”と落ち込んでしまった。

 

そんな時、鹿子に舞い降りた話がありました。

それは、超人気のミステリー作家・加賀屋先生の担当にという話しだったのです。

加賀屋先生は、出す本全てがミリオンセラーになるほどの凄い作家さんです。

鹿子も大学受験前に関わらず徹夜で加賀屋先生の作品を読んでしまった程の大ファン!

なのでこのお話を断るなんて選択肢などなく“もちろんやります!”と引き受けるのでした。

ですが加賀屋先生には、ある噂があったのでした・・。

 


文学処女

↑サイト内にて『文学処女』と検索↑

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

文学処女のネタバレ!

 

ようやく私にもチャンスが!と気合が入る鹿子。早速、挨拶に向かうことになりました。

すると同じ部署の望月が編集長に加賀屋先生といえばクセがあることで有名ですよね、と言うのです。

クセというのは“女グセの悪さ”ということなのでした。

 

新作のたびに付き合う女性を変えてキャラのモデルにしてるという噂があり

生々しいラブシーンに定評がある加賀屋先生ですが、それもモデルとなった女性との

実体験がベースとか、そして本が出れば実際の関係も終わりという悪い噂だったのです。

望月は、女性である鹿子を担当にして良かったのかと心配なようなのですが

「原稿さえ持ってこれば何でもいいさ」と言います。

加賀屋先生の作品ってだけでも凄く売れ、いまやアイドルと同じような扱いとなっているのです。

そして「担当編集に手を出すほど女に不自由しとらんよ」と言うのでした。

 

その頃、鹿子は加賀屋の元に着いていました。

タワーマンションのようなところかと思っていたのですが普通の一軒家というところに

意外性を感じ、色々な噂があるけど案外違うかも?と思う鹿子。

編集長がアポを取ってあるということでインターホンを鳴らしたのですが出ません。

もしかして中で倒れたり!?と思った鹿子は、悪いと思いながらも部屋に入り

「先生入りま・・」と勢いで襖を開けるとそこには・・綺麗な女性とベッドで寝ている加賀屋先生が・・!?

「ほらぁ、やっぱり誰か来たじゃない」と平然と加賀屋を起こす女性。

女性とすれ違いざまに“赤文社”と書かれている封筒を持っていることに気付きます。

赤文社とは、鹿子の出版社とライバル的な存在のところです。

 

「で・・君は誰?」

とボサッとしている鹿子に話し掛ける加賀屋。

タバコを吹かしながら「僕に用?」と言います。

鹿子は、我に返り先ずは、社会人の基本挨拶をします。

「まだまだ未熟者ではありますが精一杯頑張りますのでよろしくお願いします!」と

誠意を込めて挨拶をする鹿子をじーっと見て「見事に食指が動かない」と言います。

何やらブツブツと言っている加賀屋に「それで早速なんですが次の企画の打ち合わせを・・」と言うと

「打ち合わせ?」と言われ「はい!先生はいつも短巻のミステリですが次作は、是非シリーズで新しい分野に・・」と話し始めると

「そんなの必要ないよ」と言われてしまいます。

 

「三島さんからの依頼だし、仕事は受ける・・けど原稿ができたら連絡するから、その時取りに来てくれればいいよ。これまでの担当と同じように・・」

とスパッと言われてしまった鹿子は、思い知るのです。

加賀屋先生の担当にされたことで期待されてると勘違いしていたことに。

本当は、ただの雑用係だったんだと、1人で浮かれていたことに恥ずかしくなります。

部署に帰ると望月が心配して声を掛け、鹿子が何もされてないことに安心します。

「そうだよな。いくらなんでも担当に手を・・」とへらへら笑っていると

「そうやっていっつも余裕こいてるけど次のヒットは、私と先生がもらうから!」と

鹿子は、望月に宣言するのですが・・

それもまたハッタリとなってしまうのでしょうか。

 

鹿子は、諦めずに次の日も「近くまで来たので差し入れに・・」と

手土産を持って加賀屋の家に訪れるのでした。

 

▼↓サイト内にて『文学処女』と検索↓
▽スマホ・PCで『文学処女』を立ち読みしたい

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

ダメな私に恋してくださいR おすすめ!
火傷少女 おすすめ!
将来的に死んでくれ おすすめ!
ふつうの恋子ちゃん
こっちの水は甘いのだ
失恋未遂 

↑「文学処女」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

文学処女を読んだ感想!

 

頑張る鹿子ちゃんを見ていると心がぎゅーとなりますね。

期待されていると思っていたけどそれは違って・・というところが苦しいです(笑

 

でも、負けじと加賀屋さんのところに行く鹿子ちゃん凄いです。

私が読んだのは、カラーだったのでとても綺麗で絵も素敵でした。

読みやすく今後どうなっていくのか気になりました!

 

恋を知らない・出来ない2人は、恋をすることが出来るのでしょうか?

続きが気になった方は、是非読んでみてくださいね!

 

▼↓サイト内にて『文学処女』と検索↓
▽スマホ・PCで『文学処女』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!