CATEGORY 歴史・時代劇

歴史・時代劇

冥銭のドラグーン(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

『冥銭のドラグーン』は、沢田ひろふみ先生の作品です。面倒くさがりでどんくさいが、鉄砲の腕前のいい鏡風太と、真田幸村の嫡男で、明るく武術に長けている真田大助。2人の少年が、豊臣対徳川の運命の戦で、歴史を動かす様子を描いた物語。迫力あるシーンが盛りだくさんです。

歴史・時代劇

アンゴルモア元寇合戦記(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

たかぎ七彦先生による作品である『アンゴルモア元寇合戦記』は、『蒙古襲来』についての歴史になぞらえた物語。教科書で学んだ記憶のある方も多いと思います。対馬に襲来した蒙古軍と、朽井迅三郎たちとの戦いがリアルに描かれていて、読み応えたっぷりです。

ますらお 秘本義経記 波弦、屋島歴史・時代劇

ますらお 秘本義経記 波弦、屋島(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

北崎拓先生による作品、『ますらお 秘本義経記 波弦、屋島』。寿永4年、1185年。源氏軍の大将、源九郎義経は、弓取達の顔を馬上から睨め「誰か!弓の腕に自信のあるやつ、前へ!」といいます。そして弓取達の顔を馬上から睨め回し、那須与一へ向かい「那須与一、貴様があの扇を射よ」と言いました。

おちくぼ歴史・時代劇

おちくぼ(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

『おちくぼ』は、山内直美先生の作品。平安時代。中納言家の姫は、生母が亡くなった事からなかなか立ち直れませんでした。傍にいた侍女で乳姉妹のあこきは、継子である姫をいじめる父のお邸に怒りが収まらず、何とか姫を救い出そうと玉の輿を計画し始めます。そんなとき都一のプレイボーイ藤原道頼が姫に興味を持ち始め…。

アド・アストラ -スキピオとハンニバル-歴史・時代劇

アド・アストラ スキピオとハンニバル(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

『アド・アストラ -スキピオとハンニバル-』は、カガノミハチ先生の作品。紀元前241年、3月。戦乱の地中海で台頭してきたのが共和政ローマでした。そのローマ史上最大の敵ハンニバル・バルカと、彼からローマを守った英雄スキピオ。同じ時代を生きた2人の戦いが、幕を開ける!

バンデット歴史・時代劇

バンデット(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

『バンデット』は、河部真道先生による作品。1323年。荷物運び家業をしている男の元で下人として働いていた男・石は、車借の主人を殺してしまい、処刑場にて猿冠者と出会います。猿冠者は石に「俺と組むか?」と尋ね、15年間、物のように扱われ続けた石は、猿冠者と組み国盗りをすることに。

王国の子歴史・時代劇

王国の子(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

びっけ先生の作品、『王国の子』。この国では、残酷なしきたりがありました。それは“影武者として生きていくこと”。小劇場に出演していた、王位継承権が戻ることになったエリザベスに似た美人の名はロバート。男でした。しかし、影武者として王宮へ連れていかれてしまいます。

衛府の七忍歴史・時代劇

衛府の七忍(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

『衛府の七忍』は、山口貴由先生の作品。元和元年(1615年)、豊臣家が敗北し、真田家家臣の貝蔵と武士の娘・伊織は、山の中で暮らす化外の民達の元へ行くことに…。生首や死体などの描写はリアリティがあり、苦手な方は苦手かもしれませんが、歴史好きにはオススメです。