いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

さよなら私のクラマー(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

新川直司先生による作品である『さよなら私のクラマー』(講談社)

 

周防すみれ15歳、中学最後の夏が終わった――。

吐出した才能が、環境のせいで死んでいく――。

 

曽志崎緑(そしざきみどり)と周防すみれ(すおうすみれ)は中学三年間を、競い合ったライバルである。

――と思っているのは曽志崎だけだった。

ことあるごとに二人は対戦してきた。

新人戦、地区予選、学校が近いこともあり、ことごとくぶつかり合う。

戦績は周防すみれ、圧倒的惨敗。

周防すみれにとって、曽志崎みどりは目の上のたんこぶなのである。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『さよなら私のクラマー』と検索。

『さよなら私のクラマー』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

さよなら私のクラマーのあらすじは?

 

中学三年間、女子サッカー部でプレーしてきた周防すみれ(すおうすみれ)は、15歳の夏、曽志崎緑(そしざきみどり)のいる中学校相手の試合で負けてしまいました。

チームメンバーのサポートが遅いため、一人で飛び出したすみれに対し、メンバーの一人が文句を言ってきます。

それを見ていた相手チームの緑は、自分たちの怠慢だ、とすみれを庇いました。

すみれの才能は緑が誰より認めていたのです。

部活を引退したすみれは緑に誘われるがまま、高校の練習試合を観に行くことにしました。

浦和邦成(うらわほうせい)対蕨青南(わらびせいなん)の練習試合を見たことで、すみれは自分の行くべき高校を決めるのです。

 


さよなら私のクライマー

↑サイト内にて『さよなら私のクライマー』と検索↑

 

さよなら私のクライマーのネタバレ・その後どうなる?

 

浦和邦成と蕨青南の試合は浦和邦成の勝ちで幕を閉じました。

浦和邦成には緑の先輩であるチカがおり、緑に声をかけてきます。

高校選びは慎重にした方がいいとチカは言いました。

女子サッカー選手という人たちが、思い切りプレーできる環境はまだまだ多くはありません。

蕨青南の選手のひとり、田勢恵梨子(たせえりこ)は器用なプレーができる選手ですが、顧問のやる気の無さから、先輩たちが辞めていくという悔しい思いをしていました。

 

そんな田勢を認めつつ、チカは「高校選びを間違った」というのです。

涙を浮かべ、ひとりゴールにむかってシュートする田勢の姿を見て、緑が

「あの人あんたと似てるわ」

とつぶやきました。

「あんたと同じ一人ぼっちだ。」

見つめたすみれの目にも、田勢は自分と同じようだと共感していたのです。

「一緒のチームに行こうよ」

緑がすみれにむかって言います。

 


さよなら私のクライマー

↑サイト内にて『さよなら私のクライマー』と検索↑

 

思いがけない言葉に、すみれは緑の方を振り向きました。

「一緒の高校でもクラブチームでもいい、私があんたにパスを出すよ。私と一緒にやろう」

すみれを一人にはさせないという緑に、すみれは

「曽志崎に得なんてないだろ」

と言います。

「やってみなければわからない、」

と緑は言いました。

緑はすみれとわくわくするようなプレーをしたかったのです。

 

春になり、すみれと緑は同じ高校へと進学しました。

浦和邦成…

ではなく蕨青南高校へと。

やる気のない顧問の深津と、部長になった田勢恵梨子の紹介があります。

緑はすみれに

「流れ的に浦和でしょう?!」

と言いますが、田勢に共感したすみれは、蕨青南を選んだのでした。

練習初日、一年生対二年生の紅白試合が行われます。

実戦派は嫌いじゃないという緑でしたが、三年生がおらず、マネージャーしかしたことのない生徒もいます。

サッカー人生大丈夫かな?と緑は一抹の不安を覚えるのでした。

新入生は今日チームを組んだばかりで連携プレーはできません。

自分勝手にやっていいということだと思った緑は、すみれと二人で点を取りに行きました。

惜しくもクリアされてしまいましたが、崩れた体制からでも、ボールに回転をかけてゴールしようとする、すみれのプレーを目の当たりにした緑は、高校で
はなく、周防すみれを選んでよかったと思うのです。

すみれとならきっとゾクゾクするようなフットボールが待っている、そう緑は確信していました。

 

『さよなら私のクラマ―』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『さよなら私のクラマ―』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

ダイヤのA 
GIANT KILLING おすすめ!
はねバド! 
Mr.FULLSWING 
DRAGON JAM 

↑「さよなら私のクラマー」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

四月は君の嘘

↑「さよなら私のクラマー」同じ作者の上記漫画もおすすめです!

 

さよなら私のクラマ―を読んだ感想!

 

女子サッカーという、まだまだ未開拓のジャンルであり、新鮮味があるテーマに心惹かれました。

もともと「さよならフットボール」という作品があって、その中の主人公、恩田希も登場するというストーリー展開は、「さよならフットボール」を読んでいた人にはワクワクするのではないでしょうか?

可愛い女の子たち、というよりは、かっこいい女の子たちが活躍する作品で、サッカーのシーンなどとても迫力があって、ページをめくるのが楽しかったですね。

「四月は君の嘘」の作者でもある新川先生の作るキャラクターたちは、どのキャラも魅力的にうつります。

展開も早いので、サクサク読めますし、チームプレーや友情など、熱いテーマがつまったお話だと思っています。

 

『さよなら私のクラマ―』続きがものすごく気になりました。

突出した才能がある人の話ってなんでこんなに面白いんでしょうね?

どうなっていくのか、すみれはチームプレーというものを、このメンバーなら体感できると信じています。

まだ読んだことのない方はぜひ一度読んでみてください。

 

『さよなら私のクラマ―』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『さよなら私のクラマ―』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!