いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

デス・スウィーパー(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

きたがわ翔先生の作品『デス・スウィーパー』

 

兄の自殺をきっかけにあるバイトをすることになる裕之。

働いていくにつれそこで学んだこととは…

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『デス・スウィーパー』と検索。
▽スマホ・PCで『デス・スウィーパー』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

デス・スウィーパーのあらすじは?

 

「ずっと前から約束してたのに何だってそう守れないワケ?」と言うのは

岡崎裕之の彼女・ハルナ。

サッカーの練習中であったが中断し「あーと、だから…その…」と言い訳を探そうとするのだが的確な言葉が見つからずにモタモタしているとハルナは、何も言わずに帰ってしまった。

「おい、ハルナ!」と止めるも聞いてくれず「何だよ、岡崎。夫婦喧嘩かよ」と茶化されると裕之の頬に冷たい雨が…

急に降り始め、雨宿りをすることに。

 

裕之は、宮本に「…てゆーかオールナイトの映画なんてかったりーんだよ。椅子の上で4時間だぜ。4時間!!宮本、お前耐えられっか?オレは無理!!」と言う。

正直言うとハルナと約束を何故したのかも覚えていなかった。

その頃、裕之の毎日は刹那的だった。

地球温暖化がどうだとか少子高齢化がどうだとかだからどうした?そんな事、オレには分からない。

だってキョーミが無い。

そんな事、オレにとっちゃリアルじゃない。

分からなくても別に不便じゃない。

 

けど用事があるのは本当だもんね。

あるアパートに訪れ、部屋の前に行きインターホンを押すが返事がない。

だがこの家の主が居ることは分かっている。

「兄貴入るぜ」と扉を開け、中に入るとテレビと布団と殺風景な薄暗い部屋にポツンと座っているのは裕之の兄・隆史であった。

 


デス・スウィーパー

↑サイト内にて『デス・スウィーパー』と検索↑

 

デス・スウィーパーのネタバレ!

 

医大生だった隆史は、一年前 突然大学を中退しその後、引きこもりになった。原因は、裕之も分からない。

「兄貴、これ母ちゃんから2ヶ月分の家賃と生活費…」と封筒を置くと

「家賃だけでいい。生活費は、お前がもらっとけ」と言われ

「で…でも、それじゃ…」渋る裕之に「小遣い欲しいんだろ?」と言うと裕之は「じゃ、少しだけ」と封筒を手にする。

 

2人の母、裕之を産んでしばらくして父と離婚。

2人は、いわゆる母子家庭で育った。

裕之とは違い、頭が良く出来のいい隆史は、いつだって母の自慢だった。

そんな兄貴が引きこもりになり、母が悲しんでるのを見て実は、ほんの少しだけ“いい気味だ”って思っている裕之。

 

「…実は、オレそろそろ死のうと思うんだ」

唐突に自殺を仄めかすような事を言う隆史。

「ハ…?い…今何て?」と聞き返すと「裕之、お前は自分の将来についてどう考えてる?社会に出てサラリーマンになり、毎日電車に揺られつつ夢の無い、金のためだけの生活にするつもりか?」と言う。

唖然とする裕之。

「ちょ、ちょっと待てよ。それじゃまるで尾崎なんとかの歌詩みたいじゃん。大体この学歴社会で兄貴みたく勉強出来るヤツがなんで引きこもってんのか、オレにゃ分かんねーよ。」と言います。

 

隆史は、数年前…と話し始めます。

「文芸評論家の江藤淳が自殺した。大江健三郎や石原慎太郎と並んで“日本の三大知性”と呼ばれ、人道主義のもと地球より重い生命の尊厳を訴えていた彼が妻に先立たれた失意と病苦とが重なって自殺したんだ。知性なんて苦しみの前では、何の役にも立たない…」

裕之は、その言葉を聞き持っていた封筒を床に起き

「とにかくこの金でハラいっぱい飯喰えよ。そうすりゃ、そんか事考えなくなるからさ。」帰ると言い玄関に向かうと

「裕之、お前は…生きるんだぞ」

隆史がそう言ったのだが裕之は、何も答えることが出来ず自宅に帰る。

 

「お帰りなさい。ね…ねえ、隆史の様子どうだった?」と心配する母に「別に…」と答える。

今日のこと、母には内緒にしといた方がいいと裕之が思ったからだ。

その夜、裕之は珍しくパソコンの前に座り“自殺”を検索してみた。

数ある情報の中から16歳 少女の日記を見つける。

その中には“生きるが分からない”と書いてあり、裕之からしたら何で意味とか考えようとするんだと分からないようだった。

 

するとあるサイトを見つける。

それは“SWEEPERS”という特別清掃会社のページであった。

アルバイトも募集しているとのこと。

こんな事を調べたとはいえ、実際のところ隆史の事が気になっていたのは、数日だけで裕之は、テキトーに大学に行って遊んでテキトーにご飯を食べてゲームをやっていつしかあの事は忘れていた。

だってまさか兄貴が自殺するなんてことオレには全然リアルじゃない。

 

そんなある日、裕之はハルナに別れを告げられる。

理由は…「祐くんてば、自分の事ばっか大好きで他人に全く興味がないんだもん」てことでした。

別れを告げられた帰り、イライラする裕之。

その時、ハッと隆史の事が気になりました。

あれから1ヶ月、隆史の元には行っていません。

お金が無いこともあり、少しもらおうかな~と向かうことに…

今、思えばあれはまさしく“虫の知らせ”というヤツだったのです。

 

アパートに着くと隆史の部屋の前に大家さんが立っていました。

どうやら近隣の人から苦情が入ったようなのです。

隆史の部屋から生ゴミみたいな異臭がすると。

裕之は、心臓の音が早くなるのを感じます。

一昨日からインターホンを鳴らしても応答しない。

夏だし生ゴミなら臭う前に出してもらわないと、と大家さんが言うので

「オ…オレが入って見て来ましょうか…?」と裕之は言います。

 

そして扉を開くと悪臭なんてもんではなく、激臭が裕之の鼻につきます。

目がしみて喉も痛くなってきました。

以前似た臭いを嗅いだことがありました。

古い冷蔵庫が壊れた次の日、中から出てきた魚の切り身。

真っ黒く血の腐敗したあの臭いなのです。

裕之は「あ…兄貴、兄貴いるのか!?」と声を掛けながら部屋に向かいます。

部屋に入り裕之が見たのは、布団の上に横たわった変わり果てた隆史の姿でした。

うわあああという叫び声に大家さんもどうしました?と部屋に入ります。

 

それは、悪魔としか思えませんでした。そこに横たわっていたのは、もはや隆史ではなく激臭を放つ腐乱した、ただの大きな肉塊だったのです。

遺書はなく、この間裕之が置いていったお金がそのまま同じ位置に手付かずに置いてあり、捨ててあったコンビニ弁当の賞味期限が約3週間前、恐らくそれを最後に隆史は、一切の食事をしなかったのだ。

そうこうしているうちに検死のために隆史の遺体は、警察によって運び出され、後にはウジや腐敗した肉片のついた布団や遺留品が残された。

大家さんも取り乱しており、母もこんな光景を見たら気が変になってしまうと思った裕之はどうすることも出来ませんでした。

すると「失礼します。」と男性が入ってきます。「葬儀社からの依頼で来ました。清掃・遺品整理会社の者です。」

恐怖と絶望の最中、そこに現れた恐ろしく端正な顔立ちの青年。それが裕之と三輪玲児との出逢いだったのです。

 

▼↓サイト内にて『デス・スウィーパー』と検索↓
▽スマホ・PCで『デス・スウィーパー』を立ち読みしたい

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

彼女の腕は掴めない 
終電ちゃん 
ヒゲ母ちゃんと娘さん 
僕たちがやりました おすすめ!

↑「デス・スウィーパー」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

デス・スウィーパーを読んだ感想!

 

こちらの作品は、5巻で完結しています。

なので続きが早く見たい!少ない巻数で全てを読みたい!という方にお勧めだと思います。

 

特別清掃のお話だけあって裕之のお兄さんの遺体が描かれていたりウジとか虫とかで少しグロテスクなところがあるので苦手・気分が悪くなるという方は、もしかしたらキツいかもしれません。

逆に特別清掃の仕事内容に興味があるという方にはお勧めかもしれません。

 

中々の内容でしたので私もお兄さんの最後の言葉には心をうたれましたが前々から特別清掃の仕事内容には、興味がありましたのでスラスラと読んでしまいました。

気になった方は、是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『デス・スウィーパー』と検索↓
▽スマホ・PCで『デス・スウィーパー』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!