いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

ドメスティックな彼女(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

流石景先生の作品『ドメスティックな彼女』

 

合コンで出会ったクールな女の子に誘われ…

なりゆきで童貞を捨ててしまうことに?

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『ドメスティックな彼女』と検索。
▽スマホ・PCで『ドメスティックな彼女』を無料で試し読み

 

ドメスティックな彼女のあらすじは?

 

薄暗い部屋の中、裸の女の子が

「勘違いしないでね?別にこれをきっかけに付き合うとかないし、
メアドとか番号も交換しないし、多分これっきり」

と男の子を背に下着を付ける。

 

なんかボーッと現実感がないけど、ゴミ箱を見たら使用済みのゴム。

紛れもない事実なんだ。

「(俺は、たった今 童貞を捨てた)」

 

ホテルを出た後は、さっきの事が嘘だったかのように

「じゃあ、このことはあたしたちだけの秘密ね」と言って

無表情のまま帰っていく女の子を見送った彼の名前は、夏生(なつお)。

夏生は、家に帰らずに同じ団地に住む友人のフミヤの家へ押し掛け…

フミヤがドアを開けるなり思いっきり抱き着く。

 

「何事だよ、いきなり!!」と身体をふにふにされながら言うと

「あー…、確かにお前の体は柔らけーけど女の子の柔らかさとは違うな」と実感する夏生。

「何ワケわかんねーこと言ってんだ。イカレたのか!!」

部屋の中に入り「…ったく、どうしたんだよ。こんな時間に…」とフミヤが言うと

ドアが開き「ナツオちゃん、いらっしゃい!」と入ってきたのは、ジュースを持ってきてくれたフミヤのお母さん。

 

同じ団地とはいえ、高校から別々になった夏生とフミヤ。

なのでお母さんも久々に夏生に会えて嬉しいのか会話に入ろうとするが、

フミヤに「行った行った!」と言われ、不満げに出ていく。

「で?何かあったのか?」

 


ドメスティックな彼女

↑サイト内にて『ドメスティックな彼女』と検索↑

 

ドメスティックな彼女のネタバレ!

 

夏生は、1人でいると色々考えそうで…と言いにくそうに

そして照れたりしながら焦らしつつ

「そんなフミヤが気にすることでもねぇっつーか…」

焦れったい夏生に「言いたいんだろ、言えよ!!」と言われ、全て話すと…

 

「はぁ!?今日女の子としてきたぁ!?してきたって要は、セックスだよな!?

お前好きな人いるだろ!!なんでそんなことになった!?」

食い気味なフミヤとは違って

「なりゆきで…」と答える夏生に思わずプロレス技でも掛けたくなってしまう。

「俺はな、ナツオ。なれそめとか聞いた時“なりゆきで”とか“なんとなく”とか言う奴が1番ムカつくんだよ!!」

そう言われては、ことの成り行きも話さなければいけなくなってしまう。

「今日の昼さ…合コンに誘われたんだよ。」

 

夏生がいるグループでは、葦原という先生が前の学校で女子生徒に手を出して飛ばされたという話をしていて、

何故バレたのかというのを夏生にも振られるが夏生は、携帯を見ながら「んなの知るかよ」と返す。

「なんとなく!予想予想。案外学校でヤッてるとこ見られ…」と言った瞬間、友人が陽菜先生にお尻をパシッと叩かれる。

「まーた、下衆いウワサ話してんの?最近の男子の井戸端会議はおばさん並みねー」と言うと、

「何?陽菜ちゃんも俺の尻…いや、俺の体求めてんの!?」とおふざけを言っていると

「残念でしたー、私はお尻の青いガキんちょには興味ないのデス!」

 

陽菜先生は、先生にしては可愛くて生徒にも人気のある先生です。

そんな陽菜先生の事が好きな夏生なのでした。

確か彼氏がいるという噂で夏生の耳にもその噂は、入ってきています。

「ま、学生は学生らしく生徒同士で楽しもーぜ?お前ら明後日の放課後って空いてる?」

 

これがきっかけとなり、合コンが決まり

夏生と2人の友人で合コンへと向かいました。

学生ということでノリの良い2人ともあ1人は、2人雰囲気が違う女子生徒。

名前は、橘瑠衣といいます。

テンションが低いというよりかは、クール。

 

盛り上がる中、友人が瑠衣と一緒に歌おうと今、流行りの曲の時に

マイクを渡しますが「…あたし、この曲知らない」と言います。

周りが驚く中で平然と

「…最近の流行の歌って歌詞が軽薄でみんな同じに聴こえちゃうんだよね」

瑠衣は、昔の曲ばかり歌うようで他の女の子が友人と歌うことになりました。

 

瑠衣は、コップを持ってドリンクバーに向かいます。

ドリンクバーの前で飲み物を飲む瑠衣に「楽しくねーの?」と声を掛けたのは夏生でした。

「何?ノリ悪いって文句つけに来たの?」

「ちげーよ、ずっと不機嫌そうにしてたらそりゃ、気にするでしょ!」と

言うと別に不機嫌なわけじゃないと言われます。

「これがフツー、ただ合コンとか慣れてなくて上手くノれないだけ。」

「あ、なんだ。そーゆーこと」

「不愉快?」

 

すると夏生も合コンには慣れてないと言います。

中学までもっさりメガネで合コンに縁もなかった夏生にとっては

瑠衣の気持ちが分かるみたいです。

色々と話してる間に瑠衣の姿が陽菜先生に見えてきたりと諦めるために参加したのに

女の子を陽菜先生に重ねるなんて重症だなと自分でも思ってしまう夏生。

 

「今は、慣れてないからわかんねーだけでやってくうち

に合コンのノリも掴めるようになるんじゃね?」

そう言う夏生ですが

「自分も慣れてないくせに合コンマスターみたいなことを…」と瑠衣に言われ…

「あんたなぁ、人がせっかく励ましてんのに揚げ足取るなよ」

ぶつぶつ夏生が言っていると瑠衣が

「ねぇ、2人で抜け出さない?」と提案してきたのでした。

 

▼↓サイト内にて『ドメスティックな彼女』と検索↓
▽スマホ・PCで『ドメスティックな彼女』を立ち読みしたい

 

ドメスティックな彼女の感想!

 

クールに見えた瑠衣ちゃんからの“2人で抜け出さない?”のお誘いに驚きを隠せない夏生くん。

この後は…お察しの通りです。

夏生くん童貞を捨ててしまうんですね。

 

少年マンガとは思えない内容です。

内容的には、少女マンガよりなのかな?とも思いますがこれは、読み手の感じ方ですよね。

 

絵も綺麗でちょっと夏生くんのどっちつかずなところがあれなのですがそれがまたリアルな感じで面白いです。

続きが気になった方は、是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『ドメスティックな彼女』と検索↓
▽スマホ・PCで『ドメスティックな彼女』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!