いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

どらくま(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

戸士野正内郎先生による作品である『どらくま』(マッグガーデン)

 

慶長二十年(1615年)…。

大阪夏の陣をもって豊臣家は滅亡。

徳川の天下は定まり、太平の世が幕を開けた…。

 

しかし、豊臣残党の生存が方々で囁かれる…。

苛烈を極める追撃は、10年以上に渡ったという…。

 

――元和2年(1616年)11月、美濃山中…。

真田源四郎(さなだげんしろう)は鳳家の山城に、商いに来ていた。

鳳家は、豊臣方からの莫大な金塊を預かっており、徳川に執拗に狙われているのだ。

 

物資以外の商いも求めるかと尋ねた源四郎は、鳳家に捕らえられてしまう。

そこで因縁の相手である戸隠の九喪(くも)と出会うのだったが――。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『どらくま』と検索。
▽スマホ・PCで『どらくま』を無料で試し読み

 

どらくまのあらすじは?

 

慶長二十年に起きた大阪夏の陣において、豊臣家は滅亡しますが、その残党の生存が、方々で確認されていました。

徳川方の追撃は苛烈を極め、10年以上に渡り残党狩りをしていたのです。

 

元和二年の11月、美濃の山中に城を築き、隠れ住んでいた豊臣方の残党である鳳家。

鳳家に物資を売りに来た真田源四郎(さなだげんしろう)は、そこで豊臣方の秘密である金塊の話を出してしまいます。

 

城の存在も気づかれていると言った源四郎は、徳川方の間者ではないかと疑われ、捕らえられてしまうのでした。

そこで源四郎の因縁の相手でもある、戸隠の九喪(くも)と出会った源四郎。

2人はひょんなことから鳳家の事情を聞いてしまうのです。

 


どらくま

↑サイト内にて『どらくま』と検索↑

 

どらくまのネタバレ・その後どうなる?

 

九喪とともに捕まった源四郎は、そこで大嶽丸(おおたけまる)という男に出会います。

大嶽丸は、九喪と源四郎の会話を聞きながら「仲がいいんだな、お前ら」と言いました。

大阪では徳川方として戦ってきた源四郎は、それを九喪にあっさりばらされてしまいます。

大嶽丸は気にする様子もなく、「いいんだよ、潰れちまえばいいんだこんな家…」というのでした。

 

鳳家は代々傭兵の斡旋で財を成してきた家柄。

太閤秀吉に憧れて、裸一貫でのし上がろうとした大嶽丸でしたが、虐殺や略奪、放火に人取りなど、汚れ仕事で荒稼ぎする鳳家に、大嶽丸はうんざりしていたのです。

一方、城のことを嗅ぎ付けられていると知った鳳家は、ある画策をします。

 

翌朝、勇那姫(いさなひめ)は、兵士たちの前に姿を現し、皆の身体を気遣い、声をかけて歩きました。

そこへ徳川の使い番がやってきます。

勇那姫と、姫の大叔父にあたる信楽の首、そして城の明け渡しと金塊の譲渡を要求されるのです。

信楽は、使い番の一人を斬り捨て、「交渉は決裂した」と言いました。

三日もすれば、大阪城に貸した百鬼(なぎり)隊が戻ってくると言って、城を守るように言うのです。

 

おもしろくないという顔をする大嶽丸に、源四郎と九喪は話しかけました。

「あんた主家を嫌っているようだが、何があったんだい?」

大嶽丸は二人を睨みつけます。

勇那姫は、兵士たちに栗おこわを作って分け与えていきました。

囚人となった源四郎や九喪にまで兵糧を渡しますが、そこへ信楽がやってきて、咎められてしまうのです。

 

その時、徳川の軍勢が来たとの知らせを聞いた皆は、早すぎると感じます。

そこにいたのは、徳川方に寝返った、百鬼隊の姿がありました。

百鬼死門(なぎりしもん)をまだ味方だと信じていた兵士たちは、大嶽丸が止めるのも聞かず、門を開けてしまいます。

飛び出した兵士たちが、百鬼に殺されるのを見た他の兵士たちは、急いで門を閉めましたが、多勢に無勢、城を攻め落とされるのは時間の問題でした。

 

勇那姫は、九喪と源四郎を逃がします。

2人は「三日くらいなら遊んでもいいかな」と、戦いはじめます。

信楽の側近はすでに百鬼によって懐柔されており、勇那姫が捕まりますが、本物の勇那姫は、金塊と共に、もう逃げだしていると信楽は言いました。

しかし、本物の姫は時すでに遅く、足を滑らせて死んでいるのを、百鬼は知っていたのです。

それでも勇那姫の首として、偽物でも持っていくという百鬼に、源四郎と九喪は怒りを覚え、本気で戦うことにしたのでした。

 

▼↓サイト内にて『どらくま』と検索↓
▽スマホ・PCで『どらくま』を立ち読みしたい

 

どらくまを読んだ感想!

 

本格的な時代劇漫画作品だと思いました。

どらくまという名前は、手のひらいっぱいという意味があるようです。

 

古代ギリシャの通貨のオボロスを、葬儀の時に口に含ませたりして、冥界の川を渡る船賃としていたものを、6オボロスになると別名ドラクマと呼んでいたとか…。

真田家の六文銭を表しているのでしょうね。

 

本作品の登場人物や章ごとのタイトルも、すごく名前が凝っていて、個人的に好きな部分です。

こだわりをもって描いているのがわかるので、より深く読むことが楽しく思えてきます。

一話ごとに読み応えたっぷりで、時間をかけてじっくり読みたい作品ですね。

 

源四郎と九喪のわちゃわちゃした感じも好きなのですが、大嶽丸の静かで、常識的な部分がすごくいいと思いました。

まだ読んだことのない方は、ぜひ一度読んでみていただきたいです。

 

▼↓サイト内にて『どらくま』と検索↓
▽スマホ・PCで『どらくま』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!