いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

銃夢火星戦記(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

木城ゆきと先生の作品『銃夢火星戦記』

 

2人が入った孤児院には、意地悪をする子達がいるものの、

ここでの生活に慣れ始めた時…孤児院が襲撃されてしまうことに…

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『銃夢火星戦記』と検索。
▽スマホ・PCで『銃夢火星戦記』を無料で試し読み

 

銃夢火星戦記のあらすじは?

 

「お名前は?」

「…陽子」

「パパかママの名前わかる?おうちはどこ?」

「……」

身体がロボットのような女の子 陽子。

 

「私は、エーリカ・ヴァルト」

「家族は、ヨハンとマリータとハーシー!」

「おうちは、キューリー・シュタットブルブルン通り8の18!」

元気よく答えるのはエーリカ。

片目が見えないのか片目だけ閉じている。

 

「賢い子だな。エーリカは」と言うのは医者だというフィンチ。

フィンチは、エーリカに眼帯のようなものを付けてあげている。

ここは、マミアナという小さな町。

引き取り手が現れるまで2人は、ここで暮らすことになると言います。

するとエーリカは「陽子のことみてあげて、あの子ちゃんと歩けないの!」と心配をします。

 

フィンチは、陽子の身体を動かしながら

「ふむ…体の機能には、特に問題はないようだが、おそらく機械の体に慣れていない事が原因だろう」と言い、このままでは不便だろうから歩行補助のリモコンをつけてあげようと言いました。

歩行補助のリモコンとは…

いくつかの基本動作プログラムを実行するものなのですが機械に慣れるように練習をして、早くリモコンなしで歩けるようになる事が大切だよ。とフィンチは言います。

 

そして2人がお世話になる孤児院に向かうこととなりました。

 


銃夢火星戦記

↑サイト内にて『銃夢火星戦記』と検索↑

 

銃夢火星戦記のネタバレ!

 

2人がいる孤児院には、同じように戦災孤児がたくさん住んでいるのです。

「キューリーは、隔壁(ヴァント)の向こうシドニア領なので直ぐには無理だが必ず君のパパとママに連絡をとってあげるよ。」

とフィンチが言うと

「ドクトルは、親切なオトナだねー。でも、きっと無理だよ。だってパパとママは、ハーシーと一緒に死んじゃったもの!」

とエーリカは言うのでした。

フィンチと別れた後は、武装をした大きなオトナに連れられ孤児院を案内されます。

 

「ここで生活するからにはここの決まりを守るように!石鹸は、1年間もたせること!!」と必要な物を渡されます。

陽子は、リモコンを扱いながらなのでどうにも歩き方がぎこちなくなってしまいます。

それを部屋の中から見ていた子供たちが「まるでロボットみたい」とクスクス笑います。

そして、皆が寝るところに着くと

「わからない事は、年長の二ノンにききなさい。この2人を頼むわね。二ノン」と二ノンという少女を紹介されます。

 

「かんげいするわ。私は、二ノン・ズィルバー。わけあって今は、こんな施設にいるけどかの九大始祖の血を引くフランマリオン公ズィルバー家の遠縁なのよ!」

「よろしくね!私は、エーリカ。この子は…」

「陽子…」と自己紹介をすると二ノンの後ろにいた女の子達が陽子に近寄り、

「ねえねえ、体どうなってるの?」「うっわ、ぜんぶ機械だあ。キモッ」

と陽子が持っているリモコンを奪い「なにコレ!?」と弄り陽子をラジコンのように動かし始めます。

抵抗出来ない陽子。

 

エーリカは「返しなさいよ!!」と陽子のリモコンで遊んでいる女の子から強引に奪い取り「陽子をいじめるヤツは私がゆるさないんだから!!」と怒ります。

そして消灯の時間になりました。

陽子とエーリカは、隣のベッドです。

気持ちよさそうに寝ている陽子に

「いじわるな子ばっかりだけど…地雷原を歩かされるのに比べたらぜんぜんマシだよね」とエーリカは呟きます。

 

するとエーリカの布団がゴソゴソと動き出します。布団から出てきたのは、二ノンでした。

「ここは、私のベッドなんだから出てってよ!!」と言うと

「ちょっとふたりだけでお話しようと思って」と隣に寄り添います。

「それに私…あなたのこと気に入っちゃった」「エーリカあなたすごくかわいい」

と頬を舐め始め、眼帯まで舐めるのです。

そして「すごくかわいくてすごくかわいそう…」と抱き締めます。

 

「あなたがあのみじめな陽子のそばにくっついてる気持ち…私にはよくわかる。ああいう不幸な塊みたいな子がそばにいるとホッとするんだよね?“ああ、私この子みたいじゃなくてよかった”ってしあわせに感じるんだよね?」

と言うのでエーリカは「ちがっ…」と大きな声で言うのでシーッと静かにさせ

「いいのよ。エーリカ、あなたは何も悪くない。だってこれは世の中のシンジツなんだもの。」

「エーリカ…あなたを私の召使いにしてあげる。私達は、いつか大人になる。私もあなたもこんな埃っぽい田舎町で一生を終えるべきじゃないの。」

「私は、いつかハイヒールのにあう大人になる。そして火星の女王様になるの!」

そして私達を哀れみの目で見た大人達を踏みつけてやるのと言う二ノンに、

「すごいこと考えるんだね。」と言うエーリカ。

 

「これは、私の運命。神様が決めた運命なの。私は、ただそれを知ってるだけ…あした歓迎会をやるの。ね…私の言う事をきいてくれたら一生あなたをお側に置いてあげるわ」とエーリカの方を見るとスヤスヤと寝ていました。

ベッドから出て「おやすみ」と言ってしまう二ノン。

二ノン達が開いてくれる歓迎会とは…本当に2人を歓迎してくれるのでしょうか?

 

▼↓サイト内にて『銃夢火星戦記』と検索↓
▽スマホ・PCで『銃夢火星戦記』を立ち読みしたい

 

銃夢火星戦記を読んだ感想!

 

二ノンが嫌なキャラしてますね(苦笑

エーリカは、可愛がるけど機械の体をしていると陽子には酷いこと平気でしようとしてきます。

虫を食べさせようとさせたり…その度にエーリカは、陽子を守るのです。

 

1つ疑問なのが2人は、どんな関係なのでしょうか?姉妹?

地雷原を歩くよりはマシだよねと言っていたので随分と前からお互いの事を知っているのかな。

 

陽子も少しずつ歩けるようになれたらいいなと思いました。

これから2人がどう歩んでいくのか気になりますね。

少し百合っぽいなと思ったのですが二ノンのあのほっぺを舐めたりするシーンが((

続きが気になった方は、是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『銃夢火星戦記』と検索↓
▽スマホ・PCで『銃夢火星戦記』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!