いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

GIANT KILLINGのネタバレとあらすじ!達海の現役復帰宣言?!

『GIANT KILLING』(講談社出版)は、ツジトモ先生によるサッカー漫画です。

 

J1下位に低迷し監督人事も補強も上手くいかない、東京下町のクラブチームETU(イーストトウキョウユナイテッド)。

クラブの危機を救うため、会長は一人の伝説を監督として呼び戻します。かつてETUに在籍したスタープレイヤー、達海猛です。

大物食いを意味する“GIANT KILLING”を得意とする達海の快進撃が始まります。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『GIANT KILLING』と検索。

『GIANT KILLING』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

GIANT KILLINGのあらすじ!

 

ETUは、東京下町を本拠地とするクラブチームです。

優勝争いを繰り広げた黄金期は過ぎ去り、クラブは残留当落線上を行ったりきたり。J2降格も経験しました。

 

結果を出した外国人助っ人には金で逃げられ、監督もコロコロ代えざるを得ない。

そんな負の循環を断ち切るべく、ETU会長は博打を打ちます。ETUの黄金期を作り、日本代表のスターにもなった達海猛を監督として呼び戻したのです。

 

イギリスでアマチュアチームを率いていた達海でしたが、故郷ETUの苦境を聞き戻る決意をします。

しかし達海を待っていたのは、問題点を山ほど抱えた弱小クラブの現実でした。

 

コアサポーターとフロントとの確執。

ベテラン陣と若手の不和。

走れないカウンター頼みのサッカー。

チームに根付いてしまった負け犬根性。

 

そういった問題を一つ一つ、真っ向から達海は解決していきます。

選手やサポーター一人ひとりと話し合い、自分の意思を伝え、時には行動で示します。

 

私生活はだらしなく、一見何を考えているか分からないと評される達海ですが、サッカーに関しては真剣に、愚直に取り組みます。

そんな達海を見て、選手、フロント、サポーターも徐々に変わっていきます。

 

前監督が率いる名古屋、圧倒的攻撃力を誇る大阪、そして同じ東京を本拠地とするライバルチーム、東京ヴィクトリー。

格上との勝負の中で成長し、結果を出していくETU。

上位に肉薄し、日本代表に選手も選ばれはじめ、全てが上手くいっているかのように見える状況の中で、しかし達海は表情を曇らせていました。

 

そしてついに、公式戦3連敗を喫してしまうETU。

チームの意識がずれる中で、達海はついに腰を上げます。

 


GIANT KILLING

↑サイト内にて『GIANT KILLING』と検索↑

 

GIANT KILLINGのネタバレ、達海の現役復帰宣言?

 

もともと達海がクラブを去った時点で、ETUの歯車はずれ始めていました。

突如表れた達海というスターの存在に、選手もフロントも頼りきってしまっていたのです。

前会長はサッカーをビジネスの道具としてみていて、チームの勝利よりも達海の人気を重視し始めました。

選手も達海の実力に圧倒され、成長を止めてしまっていたのです。

 

もろもろの問題が表面化する前に、GMの笠野は達海を海外移籍させる手段をとります。

達海が安心して帰ってこられるようなクラブに立て直す、と達海に約束して。

 

しかし、移籍最初のゲームで達海は膝に大怪我を負い、退団を余儀なくされます。

前会長は達海をクラブを捨てた悪役として取り扱いました。

失意の笠野だけではクラブを立て直すことができず、結果ETUはJ2へと降格してしまったのです。

 

そして現在。

いよいよETUが上位に迫ろうとする中で、ETUの抱える精神的な弱さを感じていた達海は、ある行動を起こします。

それが、現役復帰宣言です。

 

連敗し最悪の雰囲気の選手たちの前で、達海は「使える選手がいないから」と選手に戻ることを宣言します。

戸惑い、あるいは激昂する現役選手たちを相手に、入団テストとしてミニゲームを始める達海。

 

現役時代を思い出させる技術を見せる達海でしたが、わずかな時間で膝が限界を迎えました。

それでもゲームをやり切りピッチに倒れこんだ達海は、引退を宣言します。

心残りを吐露しつつ、サッカーをできる素晴らしさを選手に伝える達海。

感化されたETUの選手たちは、いよいよタイトルを目指して前を向き始めます。

 

『GIANT KILLING』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『GIANT KILLING』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

さよなら私のクラマー おすすめ!
灼熱カバディ おすすめ!
BUNGO 
ベイビーステップ 
Mr.FULLSWING 

↑「GIANT KILLING」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

GIANT KILLINGの感想!

 

『GIANT KILLING』はサッカー漫画ですが、主人公は選手ではありません。

主人公の達海は監督ですので、サッカー漫画だというのに主人公はほとんどプレーしないのです。

普通の漫画でしたら、間違いなく若手の椿大輔が主人公に据えられていたでしょう。

監督を通して選手たちの成長を感じられるので、ETUというチーム全体を素直に応援することができます。

 

GIANT KILLINGの魅力の一つに、キャラクターが上げられます。

ETUの選手たちはもちろんのこと、敵チームの選手と監督も曲者ぞろいで、魅力的なキャラばかりです。

チームは実在のクラブチームがもとになっていて、クラブの特徴や選手に元ネタを発見してはニヤリとしてしまいます。

 

そして選手だけでなく、サッカーを取り巻く全ての人たちをしっかり描写しているのが大きな特徴です。

経営フロント、コーチ陣、サポーター、マスコミ。

サッカーは選手のみならず、実際にプレーしない多くの人々が関わって一つの文化になっています。

普段は描かれないそれらの人たちにも一人ひとりに信念があって、サッカーに対し情熱を持っています。

 

GIANT KILLINGはそこまでしっかり描写しているからこそ、勝利のカタルシスがとてつもなく大きいのだと思います。

応援しているチームが勝ったときの喜びは、一緒に喜んでくれる人がいれば何倍にもなりますから。

 

一読者としてETUに関わって、応援し、勝利に叫びませんか?

 

『GIANT KILLING』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『GIANT KILLING』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!