いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

ぎんぎつね(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

『ぎんぎつね』は、落合さより先生による作品。

 

ここはとある町の小さな稲荷神社。

主人公まことは十五代目にあたる跡取りの女の子。

現在の神主は父親だが、神様の使いである「神使」の狐・銀太郎の姿が見えるのは、正式な跡取りのまことだけだった。

少しだけ未来が見えたり、失くしたものを探せたりする不思議な能力を持つ銀太郎だが、やる気もなく口も悪い。

しかし、まこととは気が合うのか、それなりに仲良くやっている。

そんな稲荷神社を舞台に、いろんな人たちが触れ合う物語。

 

神様の社へ、ようこそ。

人間と神使の心の交流と絆を描く、ハートフル神社ファンタジー作品。

アニメ化・小説版にもなった作品。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『ぎんぎつね』と検索。

『ぎんぎつね』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

『ぎんぎつね』のあらすじとネタバレは?

 

「銀太郎ーっ」

神社で叫びながら女子高校生が走り回っている。

その前に現れたのは・・・。

神社の神使、狐の銀太郎(ギンタロウ)。

 

冴木 まこと(サエキ マコト)は、小さな稲荷神社の正式な跡取り娘。

まだ高校生なため、神主のお父さんを手伝っていた。

小さいながらも、江戸時代から続く稲荷神社で、祀っているのは宇迦之御魂大神(ウカノミタマノオオミカミ)である。

銀太郎は「眷族様」いわゆる神様のお使いで、忙しい神様の代わりに神社を護ってくれているらしい・・・。

もちろん、人には見えないが、まことに見えるのは、まことがこの神社の正当な跡取りだからである。

 

初めて見えたのはお母さんのお葬式の日だった。

普通、神使は対になっているらしいが、銀太郎の相方は何百年程前に出て行ってしまったとか・・・。

 

そんなまことが、みかんを片手に銀太郎にお願いごと。

同じ学校の女の子の占いで、銀太郎に少し先の未来を見てもらう。

ご褒美のみかんを美味しそうに食べる銀太郎。

そこに神主の父親が来るが、父は婿取りなので銀太郎は見えない。

 

後日まことは、先日占った女の子に、占いが当たらなかったと叩かれた。

急いで銀太郎を呼び、問いただす。

そしてまことは、頭に血が上り、銀太郎に「どっか行って!!」と喧嘩してしまう。

 


ぎんぎつね

↑サイト内にて『ぎんぎつね』と検索↑

 

次の日、どこを探しても銀太郎の姿はない。

まことが銀太郎を探していると、近所の女の子が泣きながら走ってきた。

女の子は、おばあちゃんの形見である指輪を無くしてしまったらしい。

探して欲しいと頼まれるが銀太郎はいない・・・。

 

一方、銀太郎は勢いで出てきてしまったが、境内を出たのが何百年かぶりのため、犬に吠えられるわ鉄の塊(車)には轢かれそうになるわで散々だった。

一人になった銀太郎は、昔の事を思い出す。

何百年も前、銀太郎には対になる、金次(キンジ)という神使がいた。

金次は、人の願いや悩みを聞いても、何か見る事が出来てもどうする事も出来ない事に疲れ、社を出て行ってしまった。

銀太郎は、神社の主は俺だ!と神社にコッソリ戻ってきた。

 

一方、まことは銀太郎に酷い事を行って追い出してしまったと父親に話し、後悔して泣いていた。

父親は、まことの役目は銀太郎の世界との橋渡しなんだと伝える。

まことは、もう一度銀太郎を探しに出かける。

 

その姿を見た銀太郎は、更に自分が人間世界で狐だった時を思い出した。

生きるために人間が育てた食物を食べていた狐(銀太郎)。

ある日、畑を荒らしたと人間に怪我をさせられ倒れていた。

そこに、女性がみかんをくれた。

その女性が、まことに似ていた。

そしてまことを想う・・・。

 

銀太郎は、探し回っているまことの前に姿を現し・・・。

大人気作品で小説・アニメ化にもなった話題作。

 


ぎんぎつね

↑サイト内にて『ぎんぎつね』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

傘寿まり子 おすすめ!
アルキメデスの大戦 おすすめ!
症年症女 おすすめ!
セブンティウイザン 
天使の腐臭 

↑「ぎんぎつね」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

『ぎんぎつね』アニメ化!!

 

大人気作品で2013年にはアニメが放送された。

声優は、

  • 冴木 まこと役に、金元 寿子さん。
  • 銀太郎役に、三木 眞一郎さん。
  • 冴木 達夫役に、関 俊彦さん。
  • 神尾 悟役に、小野 賢章さん。
  • ハル役に、藤村 歩さん。
  • 池上 ユミ役に、赤崎 千夏さん。
  • 船橋 日輪子役に、小清水 亜美さん。
  • 葦原 梢役に、大地 葉さん。
  • 鈴井 咲役に、諏訪 彩花さん。
  • 小杉 七海役に、吉野 裕行さん。
  • 絹川 泰介役に、小野 友樹さん。
  • 桐島 清志郎役に、杉田 智和さん。
  • 天本 将平役に、関 智一さん。
  • 吉住 真一役に、野島 裕史さん。
  • 高見 義友役に、平田 広明さん。
  • 豊倉 江津子役に、田中 敦子さん。
  • 天本 将造役に、高岡 瓶々さん。
  • 天本 芳実役に、定岡 小百合さん。
  • 神尾 清悟役に、中島 ヨシキさん。
  • 神尾 藤悟役に、真田 五郎さん。
  • 金次郎役に、井上 和彦さん

が務めた。

原作のキャラクターたちが動いてしゃべる。

ひと味違った『ぎんぎつね』を楽しめる作品になっている。

オープニング曲は、fhánaさんが歌う、「tiny lamp」

エンディング曲は、SCREEN modeさんが歌う、「月光STORY」。

 

『ぎんぎつね』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『ぎんぎつね』と検索↑

 

『ぎんぎつね』を読んだ感想!

 

まことと銀太郎を中心とした物語ですが、周りにどんどん人が増えていきます。

そして、まさかの同じ心眼を持つ青年や女性が現れ、物語はめまぐるしい展開に!!

まことも銀太郎以外の神使と会うなど、多くの出会いを体験していきます。

 

そして、まことの亡き母と父との出会いについても描かれていて、本当に心から楽しめる作品となっております。

身体が弱かった母親。

最初は見えなかった銀太郎の存在を父から受け継ぎ、認識できるようになるシーンは本当に胸が熱くなりました。

そして、その心眼が娘のまことに移るその意味・・・。

内容が充実している作品です。

 

『ぎんぎつね』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『ぎんぎつね』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!