いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

お前はまだグンマを知らない(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も!

井田ヒロト先生による作品である『お前はまだグンマを知らない』(新潮社)

 

君たちはまだ知らない。

広大な宇宙の辺境に浮かぶ地球の…日本の…その中心に、心臓のごとく脈打つ地域。

かつ、2012年度県別知名度ランキング最下位の…グンマ県を――。

 

かつてこの世が無であった原初、神は言われた「グンマあれ」

そしてグンマが誕生した。

メソポタミア文明5500年、エジプト文明3300年、そして――グンマ文明138億年の始まりである…(妄想)

 

引っ越し先のグンマ県へ向かう電車の中、神月はネットでグンマを調べてみる。

そこに書かれていたのは恐るべき内容ばかりだった――。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『お前はまだグンマを知らない』と検索。

『お前はまだグンマを知らない』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

『お前はまだグンマを知らない』のあらすじは?

 

チバ県からグンマ県へと引っ越してきた神月。

上野からグンマまで2時間弱、スマートフォンで音楽を聴きながら、ゆっくりと電車に揺られてやってきた。

 

友人の轟から、どこに引っ越す予定なのかとメールが届く。

小学生の時にグンマに引っ越してしまった轟に、グンマに引っ越すことになったことを伝えると、 「…来るな、グンマに来て…生きて帰った者はいない」と、轟からメールが返ってきた。

 

意味が分からないまま、グンマをネットで検索した神月。

そこに書かれていたグンマの実態を読んで驚愕するのだった。

 


お前はまだグンマを知らない

↑サイト内にて『お前はまだグンマを知らない』と検索↑

 

『お前はまだグンマを知らない』のネタバレ・その後どうなる?

 

グンマを検索すると、そこに並んでいた文字は、「弱肉強食がグンマの掟」「悪いことは言いません、すぐ引き返すことをお奨めします」「地球上に唯一残された秘境」「グンマに行った友達とその後連絡が取れません」等々…。

不安な文字が並んでいた。

「まさか!そんな所が日本国内に存在するわけがない…だって現に、この電車の乗客のほとんどがグンマに行くんだぞ?!」

そう思って振り返った神月の周りには、いつの間にか誰もいなくなっていた。

この駅が終点かと思いきや、駅員たちが「降りろ!」と催促してくる。

 

ここはグンマの5駅手前、ここで降りなければ後悔すると言うのだ。

後方車両に乗り換えて、グンマを目指す神月の目に飛び込んできたのは、これからグンマに向かう乗客の誰もかれもが死んだ目をしている情景だった。

見たことのない乗客たちの様子や、電車が進むにつれて、街の明かりが少なく、山がどんどん増えていくような気さえしてくる。

さらに、気が付くと、社内のヤンキー率が上がってきていた。

グンマに近づくにつれ、濃くなっていくグンマの瘴気に、みんなやられているように見えたのだ。

 

その時、轟からメールが来た。

「神月今どうしてる?」

神月を心配するような轟のメールに、グンマとはいったい何なんだ?!と急いで返信する。

轟は、グンマの観光キャッチコピーを教えてやる、そこからグンマが何なのか察してほしいと言うのだ。

「心にググッと…グンマ県」そのキャッチコピーを聞いても何も分からない神月だった。

 

車内アナウンスが、高崎駅に着いたことを知らせている。

降りて引き返そう!そう思った神月がドアの前に立っても、電車のドアは開かない。

「なんでドアが開かないんだ?!さっきまでは自動で開いてた…」

慌てる神月に老婆が答える。

「当たり前だよ…この先、どこまで行っても、永久にドアは、自動では開かないよ…」

「な…降ろせ!降ろしてくれ!」

グンマの真実、グンマに向かうJR高崎線では、籠原駅以降、ドアが開かなくなるのだ…。

ドア横のボタンを押して開閉させるのだった。

 

そんなグンマの洗礼を受け、どうにか転校先への初登校にこぎつけた神月だったが、轟とはあれから連絡がつかないままでいた。

自転車に乗って登校する神月は、上州名物からっ風によって、自転車は秒速5センチくらいしか進んでいないように思えた。

そして畑では、普通のご婦人たちがなぜかヤンキー口調で仕事をしている。

グンマを恐ろしいと感じる神月は、学校でもっと恐ろしい目に遭うのだった。

 

『お前はまだグンマを知らない』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『お前はまだグンマを知らない』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

花田少年史
ガヴリールドロップアウト おすすめ!
アシガール おすすめ!
たくのみ。 おすすめ!
フードファイタータベル
Sレア装備の似合う彼女 おすすめ!

↑「お前はまだグンマを知らない」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

『お前はまだグンマを知らない』を読んだ感想!

 

すごく笑ってしまいました。

グンマ県にそんなことがあったなんて、と新しい発見ができた作品です。

 

グンマとトチギの抗争もお腹を抱えて笑えます。

グンマ県あるあるの20キロ圏内は徒歩圏内という不動産屋さんの記述は本当なのでしょうか?

すごく確かめたくなりました。

 

しかもいい地盤ランキング2位になっていたとか…知らないことが多すぎてびっくりしたのも事実です。

作者の井田先生のグンマ愛が作品からにじみ出ていますね。

実写化するような話も出ているので、そちらも併せて楽しみにしています。

『お前はまだグンマを知らない』を知らなかった人はもちろん、近隣県に住む方にも楽しめる作品なのではないでしょうか?

まだ読んだことのない人はもちろんのこと、グンマ人の方、敵対するトチギ人の方も、是非一度、読んでみていただきたい作品です。

 

『お前はまだグンマを知らない』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『お前はまだグンマを知らない』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!