いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

蟻の王(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

日本経済を支える大財閥の総帥、六道鬼三郎の死去―――・・・。

鬼三郎の隠し子であり、唯一血の繋がりのある子の四郎。

四郎は遺産の放棄を拒否。

自分を狙ってくる凶悪な蟻たちと死闘を繰り広げる!!

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『蟻の王』と検索。

『蟻の王』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

蟻の王のあらすじ!

 

六道鬼三郎(りくどうきさぶろう)は誰もが知る、昭和を支えた最後の大人物です。

鬼三郎には実子が三人いる他、隠し子も一人いました。

その隠し子が、亜久里四郎(あぐりしろう)17歳です。

四郎は地元では有名な不良です。

街を歩いていれば、奇襲に遭うのは日常茶飯事です。

 

ある日の夜、帰宅するとアパートの自分の部屋に明かりが点いており、人影が見えます。

部屋に入ると、そこにはスーツを着た老人・根古長吉(ねこちょうきち)が佇まいを正し、四郎の帰りを待っていました。

受け取った名刺には、六道財閥の相談役と肩書きが記載。

何の用なのかと聞くと、四郎が六道鬼三郎の子であることを話し、遺産相続の権利を放棄しろと言ってきます。

遺産に興味はない四郎でしたが、誰かの指図は受けたくないと言い、拒否します。

 

長吉は、死にゆく間際の鬼三郎から、四郎を守るよう託されていました。

しつこく同意書にサインするよう要求をしてきます。

 

「互いに命のやりとりを楽しめる相手・・・俺は殺すに相応しい大モノを探してるんだよ。」

 

四郎は目の前に迫り来る巨悪に怯むどころか、胸を踊らせます。

 

「圧倒的な力を持つ者は、前ぶれもなくいきなり殺します。

まるで子供が目についたアリを踏み潰すように。」

 

長吉の言葉通り、四郎はいきなりフードを被った集団に拉致されます。

その刺客を放ったのは、鬼三郎の実子・霧男(きりお)でした。

霧男は体が弱く、幼少期は入院生活を余儀なくされていました。

義理であっても父親である鬼三郎との思い出はほとんどありません。

唯一あるのは、六道財閥が展開していたホテルのPRのポスター。

温泉で鬼三郎と二人後ろ姿で写っている幼き日の自分の姿でした。

しかし、そのポスターに写っていた子供は四郎が記憶を思い出したことにより、霧男ではなく四郎だったと判明します。

唯一ある父親との繋がりだと思っていたものが虚空だと知ります。

 

兄も姉も四郎も死ねば、亡き義父が行く末を見守るのは自分だけになる。

そう思い、四郎を手にかけようとしましたが、返り討ちにあいます。

 

霧男の襲撃から、途中で出会った坂水(さかみず)、六道側の人間であった長吉と共に、逃亡することになる四郎。

仲間を集め、巨悪の根源へと立ち向かいます―――!!

 


蟻の王

↑サイト内にて『蟻の王』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

今日から俺は!! おすすめ!
OUT おすすめ!
SHONANセブン 
ちるらん 新撰組鎮魂歌 

↑「蟻の王」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

蟻の王のネタバレ!四郎の仲間!

 

逃亡生活を送ることになった四郎には、強力な仲間ができます。

 

根古長吉

彼は老人ですが、並々ならぬ実力の持ち主であり、作品を読み進めていく中で、武力・知力共に最強だと思われるキャラクターです。

元は鬼三郎に仕えたスーパー執事です。

紳士であり、礼儀正しく、真面目で、四郎の最強の番人です。

過去には沢山の命を殺めたと推察されますが、まだまだ謎が多い男です。

 

坂水

元は半グレのメンバーであり、四郎を襲いましたが、四郎に惹かれ仲間になります。

過去に不良たちからイジメにあい、見返したい思いで格闘技を身につけます。

長吉が認める程の身体能力の高さがあり、ゆくゆくは四郎を守り支える要になると長吉は感じています。

 

小鉢(こばち)

四郎たちのアジトとなった教会の神父の娘のミハルのストーカー。

ミハルを覗き見していたところ、クラスメイトにからかわれた際に左目を失ってしまいます。

ミハルを狙う殺人鬼からミハルを助け、その件から四郎たちと行動を共にします。

機械に精通しています。

 

枕田総司(まくらだそうし)

男ばかりを19人殺害し、その罪により少年院にいましたが脱獄。

幼い頃に母により陰部を切断される。

殺人をすることにより快感を得る危険人物。

四郎に惚れている。

変装が得意であり、自他共に認める美形。

 

『蟻の王』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『蟻の王』と検索↑

 

蟻の王を読んだ感想!

 

画がとてもリアリティがあり、人が殺られてるシーンなんかは凄いです。

主人公の四郎は、底知れぬ強さがあり、ただの不良ではなく本人の価値観の筋が通った器の大きな男で、とても魅力的です。

仲間たちもそんな四郎に惹かれ、行動を共にします。

二巻、三巻、と読み進めていくうちに、仲間たちとの掛け合いが面白くてめちゃめちゃ笑えます!

 

殺人鬼の枕田が脱獄した際には、はじめは四郎を殺すために出てきたと思ったのですが、なんと驚きの展開で、四郎に結婚を迫ってきて、そっちかよ!と思わず突っ込みたくなりました(笑)

ナヨナヨな坂水が長吉に触発されて、四郎を助けに後から追っていき敵をなぎ倒すシーンで、坂水イケメンじゃん!とすっかり坂水推しになりました。

敵陣の木津根の扱いが、序盤では紳士的なキャラだったのに、おっちょこちょいキャラに変貌したり、四郎を殺そうと目論んでいた霧男も何だかんだ四郎とジャれていたりと、笑えます!

四郎の人間性が、周りの人間をも変えてゆく様がアツイです!

只の喧嘩もの漫画でなく、色々な野望・陰謀が蠢めき、今後の展開がめちゃくちゃ気になります!!

 

『蟻の王』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『蟻の王』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!