いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

はじめてのひと(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

谷川史子先生の作品『はじめてのひと』

 

子供でも大人でもはじめてのことはある。

そんなはじめてには色々なかたちがあって。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『はじめてのひと』と検索。
▽スマホ・PCで『はじめてのひと』を無料で試し読み

 

はじめてのひとのあらすじは?

 

夜中に目を覚ますと月明かりがぼんやりと光り、隣で寝ている彼の背中が見えた。

数えるともなく背骨の数を数えてみたりする。

「…1、2、3、4、5」

その先は、シーツで見えないけどいくつ隠れてるんだろ。

背中に細長く骨を繋げてぐっすりと眠っているこの人を

私はほんとうに愛しているのだろうかとふと思ってしまった。

 

田中久緒は、博物館に勤めて8年になる。

夏休みには、小中学生がわいわいと見学に訪れる。

きっと自由研究か何かで。

朝に夕に使う夏でもひんやりとしたこの石造りの階段がとても好きな久緒。

上から眺めるとまるで…。

 

隣にいた可愛い中学生カップルが化石とかでいう何だっけ…と思い出そうとしているのを見て「アンモナイト?」と声を掛けると2人とも嬉しそうに微笑み。

今日の夜ご飯は、アンモナイトからのひらめきで貝料理にしようかと思いつく。

 

そんな久緒には、3年お付き合いを続けている男性がおり、進之介という。

ともだちの結婚式ではじめて会い、金曜の夜に久緒の部屋にやってきて日曜の夜に帰っていく。

2泊3日の恋人

 


はじめてのひと

↑サイト内にて『はじめてのひと』と検索↑

 

はじめてのひとのネタバレ!

 

アサリ料理を作っていると汗だくの進之介が部屋に入ってきた。

料理が出来る頃には、シャワーですっきりしビールを飲み

今日の博物館での出来事を話すと…

「ハー、中学生カップルか〜。しかも博物館デート。初々しいねぇ」とのほほんとしているので久緒がそういうのした人なの?と聞くと「どうだろ」と田舎に博物館がなかったからしかったんじゃないかなと言われる。

「博物館ポイントじゃないから」と言うと頬をぼりぼりとかきながら「いーじゃん。昔のことは、それよっか俺らもう30越えじゃん?そこだろポイントは」と言う進之介。

 

「え…」と一瞬黙ったが進之介の頬を見ると血が出ていることに気付き、急いでティッシュを用意して抑えてあげる久緒。

ねぼけてカミソリで切っちゃったらしく「ふーん、男子は大変ね。」と言うと、

「女子も大変だろ。化粧とか長い髪とか」と髪を触り、自然と唇を交わす2人。

そして今夜も進之介の後ろ姿を見ながら背骨を数える久緒。

 

昔々の地層のどこかに、こんなふうに並んで眠る小さな化石があるかもしれない。

この人とずっとこうしていたいと思う。

明日は今日の続き、そんな穏やかな繰り返しでいい。

ずっとこのままでいいと思っていた。

 

電車の中でスマホをぼんやりと見ていたらあるSNSに

友達申請がきていることに気付き、見てみるとスマホを落としてしまった。

隣の人に拾ってもらい

「あら、大丈夫?顔色悪いわ」と声を掛けられ

「…大丈夫です」と返事をするものの、あまり平気そうではない。

申請をしてきた人は、高校の頃付き合った人。久緒のはじめての人だった。

 

あれは恋ではなかった。

ただ触れてみたかった。

身体をつなげるこで早く大人になりたかった。

こんなことなんでもないと思ってた。

けれどいちばん大切な人とするべきだった。

初めてならばなおさら…。

 

進之介と出逢った今なら分かる。

心と体のいちばん無防備でやわらかいところを全部さらしてゆだねる。

心から好きな人とならこんなに幸せなことがあるだろうか。

私は、スタートを間違えた。

愛情というものを粗末にした。

そんな自分が彼をちゃんと愛せているのだろうか。

そんな風に考えると少し彼との行為を避けてしまいそうになる。

 

ある日、進之介が真剣な顔で

「あのさ、今いい?今日こそは、ちゃんと話したいんですけどわかってるよね?」と話を切り出そうとする。

するとピンポーンと進之介には、タイミング悪く。

久緒には、ちょうど良かったと言わんばかりに玄関に向かい荷物を受け取る。

そして今日映画行かない?と誘い、さっきの話は出来ないままとなった。

 

外出先でアンモナイトの時のカップルが緊張しながらもキスをし

照れくさそうに微笑んでいるのを見てまぶしいなと思う久緒。

何であんなに美しいのか、幸せなのか。

あんな涙の出そうなはじめてを、もう自分は、2度と取り戻せないんだとスマホの画面に目を移すと

「話がある。今夜行く。」と進之介からメールが来ていた。

 

夜、進之介はいつもとは違う真剣な顔で部屋に入る。

様子がおかしいのは、分かってるけどシャワーは?とか

色々と話しかけてしまう久緒に「いいから座って!」と進之介は、言う。

そして「結婚しよう」とプロポーズ。

だが久緒から出た言葉は…

無理

なんで?好きな人がいるの?ほんとは好きじゃないのか!?と

質問責めにされるもそうじゃないけど無理なの…と答えるしかなかった久緒。

「…俺ばっかりだったのか?…俺は、一緒にいてすごく楽しくてずっとこうやっていたいと思った。
あんまりしあわせだったから久緒もそうなんだとばっかり思ってた。ちがったの?」

 

その問いかけに思わず進之介を抱きしめ

「そうじゃない。そうじゃないの」と訴えかける久緒。

久緒の本当の気持ちとは…

 

▼↓サイト内にて『はじめてのひと』と検索↓
▽スマホ・PCで『はじめてのひと』を立ち読みしたい

 

はじめてのひとを読んだ感想!

 

はじめてというのはやっぱりどれも印象的で良かれ悪かれ

脳裏に焼き付いてしまうものですね。どんな相手でもどんな結果でも。

 

こちらの作品は、読み切りなのでひとつひとつストーリーがあり、登場人物も違います。

なのでいろんな形の“はじめて”が読めるということですね。

 

この作品を読んでいたら自分のはじめては、あんなんだったなぁと

思い出してしまいます(笑

読みやすいので気になった方は、是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『はじめてのひと』と検索↓
▽スマホ・PCで『はじめてのひと』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!