いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

白鳥麗子でございます!(漫画)のあらすじとネタバレ!麗子の思い・麗子のライバル等々…

「白鳥麗子でございます!」は、鈴木由美子先生による少女漫画。

1987年から1992年にわたり、『minimini』(講談社)にて連載されていた。

1992年から1997年には『Kiss』(講談社)にて「新・白鳥麗子でございます!」が続編として連載されていた。

1989年には第13回講談社漫画賞少女部門を受け、その後、テレビドラマ化や映画化がされている人気漫画だ。

 

生まれながらにお嬢様である白鳥麗子が、一般人であり庶民的な秋本哲也に思いを寄せ、念願叶って同棲を始めるところから物語は始まる。

哲也を思う気持ちは人一倍強いものの、プライドの高さや高飛車な性格が災いし、なかなか素直になれない姿をコミカルに描いた作品となっている。

お嬢様である白鳥麗子が、周囲に様々な影響を受けながら、哲也を巻き込みながらハプニングを起こし続ける様子が微笑ましい。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『白鳥麗子でございます』と検索。

『白鳥麗子でございます』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

白鳥麗子でございます!のあらすじは?

 

白鳥麗子は、幼稚園の時に周囲から「ブス」と虐められていたところを哲也に助けられ、恋をする。

それから長い間、一途に哲也を思い続けるが、元来のプライドの高さと素直になれない性格のため、なかなか思いを伝えることができない。

1度は高校時代に、哲也の方から告白されたが、理想の低い女だと思われるのではなかと、結局振ってしまう。

しかし、その後も思いは断ち切れず、大学進学のため上京した哲也を追いかけることに。

哲也は麗子の一途な思いを受け止め、2人はついに同棲を始めることになるが、そこからもまた、度重なるハプニングに見舞われるのだった。

 


白鳥麗子でございます

↑サイト内にて『白鳥麗子でございます』と検索↑

 

白鳥麗子でございます!のネタバレ!

 

麗子の思い

 

麗子は生まれながらにしてお嬢様。

美人だが高飛車でプライドが高く、幼少期は虐められていた。

しかし、たった1人、そんな麗子を「かわいい」と言ってかばってくれたのが、同じ幼稚園に通っていた秋本哲也だった。

麗子はその時から大学生に至るまで、哲也を一途に思い続けることとなる。

 

哲也はこれと言って容姿が整っているわけでもないが、女性からは人気が高かったので、嫉妬深い麗子は常にやきもきさせられることになる。

哲也は女心に疎く、そんな麗子の気持ちに気付かないのがもどかしくもある。

しかし、麗子は麗子で素直になれない性格のため、哲也に思いを伝えることができずにすれ違ったり、辛い思いをしたりすることも多い。

また、周囲の影響をまともに受けてしまう、いわゆる単細胞な頭のため、何かとへんてこな作戦を思いつき、哲也を困惑させる。

恋のライバルが耐えない中、哲也を振り向かせようと、あの手この手を尽くす麗子が、見ていて微笑ましい。

 

麗子のキャラクター

 

白鳥麗子は、非常にワガママで美人。

典型的なお嬢様タイプのキャラクターだ。

非常識名行動を取ったり、理解不能な行動に突然打って出たりするため、哲也はしょっちゅう迷惑をかけられている。

幼少期に虐められていたのもうなずけるくらい、麗子は人間的に非常に幼稚で、不出来だとも言えるだろう。

それでも、作品を読んでいて感じるのは、不思議と不快感ではない。

いちいち周りの噂や情報に翻弄され、すぐに実行に移してしまう幼稚さ。
お嬢様であるが故に、庶民である哲也の気持ちが分からなかったり、カルチャーショックを受けたりすることも度々あるのだ。

 

非常に無鉄砲でワガママなお嬢様だが、それでも麗子が憎めないのは、哲也に対する一途な気持ちがあってこそだろう。

好きな人を思う女性は誰だってかわいらしいものだが、麗子はそれが人一倍強い気がする。

高飛車な性格や高すぎるプライドに邪魔され、せっかくの恋のチャンスを逃すこともあったが、結局は哲也のために、そのプライドと折り合いをつけていく様子が、とてもかわいらしいのだ。

嫉妬深い女性は考え物だが、麗子の嫉妬は非常に分かりやすく、カラリとしているのがよいのかも知れない。

恋の駆け引きをしたり、哲也をダマして心配させようとしたり。

ひとつひとつの行動が非常に子供らしく、まさに少女そのものであるところが、麗子というキャラクターの大きな魅力なのだ。

 

『白鳥麗子でございます』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『白鳥麗子でございます』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

泡恋 おすすめ!
ぼくの輪廻 おすすめ!
ふつつかものですが おすすめ!
一の食卓 
彼女のいる彼氏 

↑「白鳥麗子でございます!」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

麗子のライバル

 

哲也はなぜかモテるので、麗子には恋のライバルが多い。

しかし、作中で非常に大きな役割を果たしている人物は、やはり、かきつばたあやめだろう。

あやめは麗子と同じくお嬢様育ちで、自称「日本が生んだお嬢様の中のお嬢様」と豪語している。

また、一方的に麗子をライバル視し、哲也を奪おうとする。

しかし、同じお嬢様ながら、どこか麗子に1歩及ばない印象を受けるのが、なんとも味わい深いキャラクターだ。

 

麗子の魅力は、やはり生まれ持ったお嬢様気質ならではの余裕や、少し抜けているところだろう。

本人は大真面目でも、周囲から見ると天然と取れるような、珍妙な行動を数多く取っている。

そんな麗子に対抗できるお嬢様は、やはり存在しないのだと、あやめを見ていて感じた。

また、根底にある、哲也への深い愛情が、麗子をより魅力的な女性に見せているのだろう。

気が強く素直でない麗子だが、その心には隠しきれない哲也への思いが見え隠れしている。

非常にかわいらしい女性なのだ。

 

この作品はすでに3回ドラマ化もされているが、目を見張るのはそのファッションだ。

お嬢様ならではのきらびやかなファッションと、哲也に合わせようとした、庶民を意識したへんてこなファッション。

その両極端な衣装を堪能できるのも、この作品の醍醐味と言えるだろう。

歴代の美人女優が演じているだけに、そのきらびやかさが一層引き立つ作品となっている。

 

『白鳥麗子でございます』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『白鳥麗子でございます』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!