いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

ハイスクールD×D(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

みしまひろじ・石踏一榮・みやま零先生の作品『ハイスクールD×D』

 

いいわ。あなたの命私が拾ってあげる。

私のために生きなさい・・。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『ハイスクールD×D』と検索。
▽スマホ・PCで『ハイスクールD×D』を無料で試し読み

 

ハイスクールD×Dのあらすじは?

 

兵藤一誠は、駒王学園高等部2年生。通称イッセー。

一誠は、ある日天野夕麻に声を掛けられ告白をされる。

そして2人は、初デートをすることとなったのだが・・

 

デートの帰り際に夕麻の本性が現れることに・・!

なんと夕麻は、堕天使レイナーレだったのだ。

レイナーレは、一誠を殺してしまう!

何故、一誠を殺してしまったのか!?

 

一誠の身には、神器(セイクリッド・ギア)という強大な物を宿していたため

今回、堕天使に命を奪われてしまったのだ。だが一誠は、命が尽きる前に持っていた

召喚カードから学園一の美少女・リアス・グレモリーを呼び出すことに成功し一誠は

リアスの力で悪魔に転生することになり死ぬことは免れたのだった。

 

あの日以来、一誠の身体に何やら変化が起こり始めることとなった。

あの日から夕麻に殺される夢ばかり見るようになり、めっきり朝に弱くなってしまったのだ。

朝日が苦手となり日差しが身体に突き刺さるような感覚となっていた。

だが夜になると力が沸きあがり、何でも出来るような気持ちとなっていた。

それは・・以前とは全く違う感覚であった。

 


ハイスクールD×D

↑サイト内にて『ハイスクールD×D』と検索↑

 

ハイスクールD×Dのネタバレ!

 

一誠の身体に宿っている神器とは一体何なのか?

セイクリッド・ギアは、不思議な能力を与えるものです。

与えられる能力は様々で所持者が誰であろうとその力は、発動するのです。

今回、その神器が危険と判断した堕天使組織の上層部が神器を排除するために

送り込んだのが天野夕麻(レイナーレ)だったのです!

 

可愛い彼女が出来てウハウハだったのに彼女にデートで殺されてしまうなんて・・

ですが一誠は、流れる血を見ながらリアス・グレモリーを呼び出したのです。

「いいわ。あなたの命私が拾ってあげる」

「私のために生きなさい」

リアスは、一誠を悪魔にし転生させることにしたのです。

そして、一誠は今までとは違う身体の変化に困惑することとなったのでした。

 

一誠が通う学園は、女子校から共学になり間もないため男女比は

圧倒的に女子が多いのです。一誠がこの学園に通う理由は、ただひとつ

「俺のハーレムを作るため!」

ですが現実は、そう甘くはなく・・

一誠を取り囲む女子は誰もいませんでした。

ですが友人の松田と元浜が話しかけてきてくれます。

 

やっぱり思春期な男の子なのでしょうか?

学校にレアだとされるエロDVDを持ってきてしまう松田くん。

しかも女子の前で(笑

ですが普段は、興味を示す一誠が「ここんとこ、精力減退しててさ」と言います。

すると元浜くんが「病気か?エロの権化のお前が?それとも彼女がいたっていう例の幻想の影響か?」

「夕麻ちゃんだっけ?」と言われ、無意識に“夕麻”という名前に反応する一誠。

「夕麻ちゃんの事マジで覚えてないのか?」

一誠がそう言うと2人は、顔を見合わせ

「俺らそんな子知らないって、なあ元浜?」と松田くんが言います。

2人は、そんな子紹介されていない、お前の彼女が出来るハズがないと言うのですが

一誠は、確かに2人に夕麻を紹介したのですが夕麻の記憶だけ2人には無いようで・・

 

「それが本当なら携帯にその子の記憶があるはずだろ?」と2人に言われ

携帯にあったものが消されているのでそれも言うと誰がそんなもの消すんだよと

言い返されてしまい「わーったよ!」と今日はDVD上映会だ!!とヤケクソになる一誠。

すると周りの女子生徒達がザワザワとし始め、皆窓から誰かを見ているようです。

そこに居たのは・・リアス・グレモリー。

一誠達も覗き込むとリアスと目が合った途端にドクンと強く胸が鳴ります。

除序に早さをマシていき、異変に気付く一誠。

「どうした?」と松田くんから声をかけられるも「なんでもない」と応えます。

 

そして、学校が終わりDVD上映会を済まし、帰る頃にはすっかり夜となっていました。

空を見上げ、力がみなぎってくることを強く感じる一誠。

すると後ろから何か嫌な気配を感じ取ります。

「これは数奇なものだ。こんな場所で貴様のような存在に出会うのだものな」と

帽子を深く被った見た目が完全に不審者な男性が話しかけてきました。

何言ってんだ・・コイツと後ずさる一誠。

すると「逃げ腰か?応えろ。主は誰だ」と距離を詰めされます。

これは、ヤバイと思った一誠は全力で公園に逃げることにしました。

 

「ここまで来れば・・」と荒い息を整えていると・・

「逃がすと思うか?」と後ろにさっきの男性が!!

「おまえの属している主の名を言え。それともおまえ“はぐれ”か?」

男性には、翼が生えておりそれは、夕麻と同じ姿だったのです。

圧倒されていると「主の気配もない。やはり“はぐれ”か。ならば・・」

「殺しても問題あるまい」と男性は、手に力を集め始めます。

 

この展開どこかで・・まさか!?!?

男性の手には、槍が!!夕麻に殺されたときと同じシュチュエーション!?

殺される!!と思った一誠は、その場から離れようとするのですが・・!

夕麻にされたことと同じように一誠のお腹に槍が刺さってしまったのです!!

 

▼↓サイト内にて『ハイスクールD×D』と検索↓
▽スマホ・PCで『ハイスクールD×D』を立ち読みしたい

 

ハイスクールD×Dを読んだ感想!

 

ああ!また主人公刺されてしまいましたね。今度は、また助けてもらえるのでしょうか?

こちらの作品は、とても絵柄が綺麗でキャラも可愛くていいです!

この後、沢山の可愛いキャラが登場するのですがちょっとしたエロさが

またこの作品の良いところではないでしょうか(笑

 

学校では、ハーレムを味わえなかった主人公ですが・・

あるところでハーレムをつくれる機会が訪れる?かもしれません(笑

とても楽しい作品となっていますので気になった方は、是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『ハイスクールD×D』と検索↓
▽スマホ・PCで『ハイスクールD×D』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!