いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

不機嫌なモノノケ庵(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

不機嫌なモノノケ庵はワザワキリ先生の作品でスクウェア・エニックスから出版されています。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『不機嫌なモノノケ庵』と検索。

『不機嫌なモノノケ庵』を無料で試し読み

 

「不機嫌なモノノケ庵」のあらすじは?

 

芦屋花繪(あしやはなえ)は戻橋高等学校に通う15歳。

高校生活をエンジョイしようと希望に心膨らませていた。

そう、高校入学した1週間前までは-。

 

「ああ・・・オレはもうダメなのかもしれない」

謎の頭痛・吐き気・全身の怠さにおそわれつつ、芦屋は今朝もフラつきながら登校していた。

そう、原因は分かっている。

芦屋の肩には謎のモジャモジャが乗っかっていた。

このモジャモジャと出会ってから謎の体調不良に襲われ、毎朝登校中に倒れては保健室に運ばれる毎日を送っていた。

ある日、芦屋が道を歩いていると、白くて丸いぬいぐるみが落ちていた。

こんなところに落ちていたら誰かに踏まれてしまうかもしれない。

そう思って踏まれないように袋に入れてガードレールに引っ掛けた。

ただそれだけなのに。

 

それからこのモジャモジャが肩にくっついて離れないのだ。

きっとこれは妖怪だ。

このままだと生気を吸われて死んでしまう。

そんな時芦屋は保健室で「妖怪祓い」の張り紙を見つける。

藁をもすがる思いで張り紙の連絡先に電話をかけると、電話の主は面接をするから保健室のドアをあけろと言う。

芦屋は言われたとおり保健室のドアを開けると-。

 

保健室のドアを開けるとそこは茶室だった-。

混乱する芦屋に茶室にいた男は自分がこの物怪庵(モノノケ庵)の主、阿倍晴齋(あべのはるいつき)だと名乗る。

芦屋は晴齋にモジャモジャを祓って欲しいと言うと一度は断った晴齋だが、芦屋の名前を聞くと気が変わったとモジャモジャを祓うと言うのだった。

 

晴齋に言われるままに茶室のドアを出るとそこは保健室ではなく、屋上だった。

モジャモジャが膨張して巨大化する。晴齋はモジャモジャに遊ぼうと言う。

モジャモジャと遊びながら晴齋は芦屋に、自分が妖怪祓いをするのは人間のためではなく、妖怪のためにするのだ、と話し始める。

 

そしてなぜモジャモジャが芦屋に必死にしがみついていたのか、と。モジャモジャは元は人に飼われていた動物で、死んで妖怪になったのだと。

そして妖怪になっても人に尾を振ったり芸をみせたりして人の気を引こうとするのだが、人は気づかない。そのうちに誰も自分を見ていないことに気づく。

そんな中、芦屋が自分に気づいてくれた。

モジャモジャは嬉しかったんだ。

そしてもう一人になるまいと芦屋に必死にしがみついていたんだ-と。

 

モジャモジャの気持ちを知った芦屋は一緒に遊んでやるのだった。

しばらく遊ぶと、巨大化したモジャモジャは望みが叶えられて小さくなっていった。

晴齋はモジャモジャを妖怪が本来在るべき陰世(かくりょ)へ帰すのだった。

芦屋は晴齋に礼を言うも、妖怪祓いの代金100万を払うように言う。そんな大金を払えない芦屋は晴れて(?)晴齋の妖怪祓いの手伝いをすることになるのだった。

 


不機嫌なモノノケ庵

↑サイト内にて『不機嫌なモノノケ庵』と検索↑

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

「不機嫌なモノノケ庵」のネタバレ!

 

2巻では舞台がとうとう陰世へ移ります。

芦屋は晴齋に連れられて陰世へ行きます。

モジャが帰っていったところで、妖怪たちの住む世です。

芦屋は晴齋の出す陰世の扉へ入り、真っ暗闇のトンネルの中を進むのだった。そこには・・・

 

トンネルを抜けるとそこは昔の街並みが広がっていた。

違うのは、そこにいるのは妖怪たちということ。

 

芦屋は晴齋に連れられて亀薬堂(きやくどう)という薬に辿り着く。

そこに現れたのは美しい人間-の形をした妖怪だった。

彼女は芦屋を見るなり「いい目だねえ。」「この目があれば最高級の良薬が作れるわァ」と言う。

芦屋はぞっとする。

やりかねない。

なぜなら彼女は妖怪なのだから・・・

 

晴齋の求める薬はなく、その薬の仕上がりを待つまで芦屋と晴齋は亀薬堂で待つことになったのだが・・・

そこで出会うものとは!?

そして晴齋の正体は!?

 

『不機嫌なモノノケ庵』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『不機嫌なモノノケ庵』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

クジラの子らは砂上に歌う おすすめ!
文豪ストレイドッグス おすすめ!
IT’S MY LIFE
カーニヴァル
メイドインアビス

↑「不機嫌なモノノケ庵」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

「不機嫌なモノノケ庵」を読んだ感想!

 

大好きな妖怪ものです。

最初のシーンが高校への登校シーンから始まったので、学園ものかな?と思ったのですが、物語のシーンは妖怪の世へ移りますます続きが気になるところですね。

晴齋は人間の世のものなのか、陰世のものなのかもまだこれからわかってくると思います。

 

なぜ晴齋は人間の世で妖怪祓いをしているのか?

 

そして保健室のドアを開けると現れるモノノケ庵。

モノノケ庵はただの部屋ではなく、それ自体が生きているような意思を感じます。

そして芦屋にも何か隠された秘密があるようです。

 

アニメ化もされており、大変人気のある作品です。

登場人物もクールな晴齋に草食系男子の芦屋、またどんどん他のイケメンも出てきそうですね。

 

1話で出てくるモジャが可愛くて個人的には大好きです。

ペットとして飼われていた動物(犬?)が妖怪になって遊んでほしくて芦屋に憑いていたなんて、怖いけど涙ものです。

再登場はあるのか気になるところです。

とっても面白くてハマる要素満載です。

是非おすすめしたい1品です!

 

『不機嫌なモノノケ庵』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『不機嫌なモノノケ庵』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!