いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

福家堂本舗 弐(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

福家堂本舗 弐

遊知やよみ先生による作品である『福家堂本舗 弐』(集英社)

 

京都の東山にある老舗和菓子屋『福家堂本舗』。

当代とって18代目。

 

積み上げられた実績と、信頼を持つ福家堂は創業480年だ。

福家堂の子どもたちは全員で5人。

 

長女の福吉ふぶきと双子の長男である嵐。

次女のあめ、三女の晴(はれる)。

 

そしてふぶきや嵐の一つ上に、彦一郎(ひこいちろう)という名前の血のつながらない兄弟がいた。

両親を亡くしたことをきっかけに、福家堂にやって来た彦一郎を、元気づけようと、和菓子作りをさせるのだったが、それを不満に思ったふぶきは、思わず口にしてはいけない言葉をいってしまい――。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『福家堂本舗 弐』と検索。
▽スマホ・PCで『福家堂本舗 弐』を無料で試し読み

 

福家堂本舗 弐のあらすじは?

 

創業480年の老舗和菓子屋『福家堂本舗』は、当代とって18代目の女将のあられが切り盛りするお店です。

福家堂には、5人の子どもたちがいます。

 

あられの子どもである、長女の福吉ふぶきと、その双子の兄である嵐。

そして次女のあめは体が弱く、寝込みがち。

 

三女の晴(はれる)は笑顔の可愛い女の子です。

そしてもう一人、ふぶきや嵐のひとつ上に彦一郎という男の子がいました。

 

彦一郎は両親を亡くし、福家堂へとやって来たのです。

京都の東山に店を構える『福家堂本舗』。

 

実業団野球に誘われた嵐が出ていってしまい、ふぶきが店を継ぐというのですが…。

 

福家堂本舗 弐
福家堂本舗 弐

↑サイト内にて『福家堂本舗 弐』と検索↑

 

福家堂本舗 弐のネタバレ・その後どうなる?

 

嵐は小さい頃から野球をはじめ、大学に行っても野球を続けていました。

大学の頃は応援していたあられですが、卒業するころには実業団野球に誘われるようになった嵐は、野球を続けたいと言い出し、あられは反対します。

 

反対を押し切り、嵐は実業団野球に入ることにします。

そんな嵐を応援しようと、ふぶきは自分が「福家堂はうちが継ぐ」と言ったのでした。

 

二代続いて女しか生まれなかった福家堂に生まれた、待望の男の子。

ふぶきはあられと戦う覚悟で、嵐を送り出したのです。

 

見送りの際、彦一郎からの電話に出た嵐。

ふぶきは彦一郎とはなぜか折り合いが悪いのです。

 

嵐を見送ったふぶきは、その足で晴を起こしに行きました。

「おきろ!ぱる」

 

晴は『ぱる』と呼ばれていたのです。

高校一年生のぱるは、自分も嵐を見送りたかったと言ってふぶきを責めますが、ふぶきはそんなこと気にしません。

 

その時、襖が開き、次女のあめが入ってきます。

身体の弱いあめは、近所でも評判の美人ですが、二日ほど前に熱を出して寝込んでいました。

 

あめのために朝食を用意するふぶきは、お味噌汁をこぼし、その豆腐をそのまま鍋に戻します。

それをみていたあめとぱるは青ざめてしまいました。

 

何ごともなかったかのようにお汁をよそったふぶきは、とてもがさつで自由奔放、あられの若い時にそっくりだと言われているのです。

ごはんを断ったあめはふらつきながら部屋へ戻ろうとし、廊下でへたり込んでしまい、通りかかった彦一郎に助けられました。

 

彦一郎をみて、ふぶきは足を止めます。

そっぽを向いたふぶきの目の前に波、あられがいました。

 

あられは気性が荒く、ふぶきは驚いてその場から離れようとしましたが、呼び止められてしまいます。

ふぶきは、あられがお願いして鈴鳴屋百貨店の内定をもらっていましたが、その申し出を勝手に断ってしまっていたのです。

 

あられはお味噌汁を食べながら、ふぶきが店を継ぎたいという意思を伝えると、それを断りました。

その時、ぱるが、あられの飲んでいる味噌汁は、ふぶきがこぼして集めたものだとばらし、あられは青ざめ黙り込んでしまいます。

 

彦一郎が「作り直してくる」といって鍋ごと持っていきました。

彦一郎の行動に、ふぶきは「なによ、死ぬわけやないやん」とつぶやきます。

 

それを聞いた彦一郎は「食品を提供する家業の人間が、衛生面に鈍感って致命的やと思う」といいました。

ふぶきは何も言えなくなってしまうのです。

 

女主人がいる福家堂は、それだけで軽んじられることもありました。

しかし、店を継ぐはずの嵐は出ていってしまい、ふぶきは砂糖と和三盆の違いが判らない程、色々とセンスがありません。

『福家堂本舗』はこの先どうなってしまうのでしょうか…。

 

▼↓サイト内にて『福家堂本舗 弐』と検索↓
▽スマホ・PCで『福家堂本舗 弐』を立ち読みしたい

 

福家堂本舗 弐を読んだ感想!

 

前作である『福家堂本舗』の次世代編のお話で、五人の子どもたちと、後継ぎ問題が中心に繰り広げられていきます。

両親を亡くし、養子になるかならないか、話し合いをした際に、ふぶきだけ反対してしまい、彦一郎はきちんと養子とはなっていません。

 

それでも全てを無くした彦一郎は、みんなのために怒ることもあれば、看病をするような優しい男の子です。

和菓子の才能もある彦一郎に対し、ふぶきはいつも突っかかってばかり。

 

ふたりの関係がどのようなものに変わっていくのか、これからの展開がとても楽しみになっています。

前作をご存知の方はもちろん、まだ読んだことのない方も、本作品からでも十分楽しめる作品となっています。

 

ぜひ一度読んでみて下さい。

 

▼↓サイト内にて『福家堂本舗 弐』と検索↓
▽スマホ・PCで『福家堂本舗 弐』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!
福家堂本舗 弐