いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

舟を編む(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

原作:三浦しをん/漫画:雲田はるこ先生の作品である『舟を編む』(講談社)

 

荒木公平の人生は、(人生というのがおおげさであるならば会社人生は)、

辞書に捧げられてきたと言っても過言ではない。

 

荒木は幼いころから言葉に興味があった。

例えば犬…そこにいるのにいぬ。

 

実際にめくってみた辞書の面白さと言ったらどうだろう。

ピカピカの表紙。

びっしりと印刷された文字のつらなり。

薄い紙の感触。

全てが荒木を虜にした。

 

一見しただけでは無機質な言葉の羅列。

辞書が作りたいと思うようになった荒木は出版社に入社する。

辞書づくり37年、同じように辞書を愛する人間を見つけたい。

そう思った荒木は、ある人物と出会った――。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『舟を編む』と検索。
▽スマホ・PCで『舟を編む』を無料で試し読み

 

舟を編むのあらすじは?

 

荒木公平(あらきこうへい)は、辞書をこよなく愛している男です。

幼いころから言葉というものに興味があり、中学に上がるころ、

お祝いでもらった辞書を、実際にめくった時の面白さ、そのすべては、荒木を虜にしました。

 

大人になった荒木は、自分で辞書を作りたいと思い、編集者になるべく出版者に入社します。

その荒木が定年退職を間近に控え、自分と同じように、それ以上に辞書を愛する人間を探さなければと思っていました。

 

そして荒木は出会うのです、辞書を作るために生まれたような男、馬締光也(まじめみつや)に…。

 


舟を編む

↑サイト内にて『舟を編む』と検索↑

 

舟を編むのネタバレ・その後どうなる?

 

辞書を作ることは「舟を編む」ようなもの…。

膨大な言葉の中から、間違いでもない、誰にでもわかるような表現を選び、文字にする。

 

荒木公平というベテラン編集者は、定年を間近に控え、出版者・玄武書房で出される中型の国語辞典「大渡海」の刊行を計画していました。

家の事情で、定年後に嘱託業務もできない荒木は、「大渡海」を引き継いでくれる後継者を躍起になって探していました。

 

自分と同じように、それ以上に、辞書を愛している人物はそうそう見つかりません。

一緒に仕事をしてきた30年来の松本先生と、辞書への想いを語り合う荒木。

松本先生が初めて手にした辞書は、大槻文彦が一人で編集したという、日本初の近代国語辞典『言海』です。

対する荒木は『岩波国語辞典』、端正で上品な辞書でした。

 

2人はたくさんの辞書を作ってきたベテラン。

一つ終えてもすぐまた改訂や改版、ゆっくりする暇もありませんでした。

玄武書房で作ったどの辞書も思い出深いもの、松本先生から定年退職をのばせないかと聞かれた荒木は、目頭を熱くさせます。

「もう君のような編集者には二度と会えません」

 

新しい辞書づくりは松本先生の念願。

日本語を使う人、学ぶ人のために…何より辞書という尊い書物のために、どんな手を使っても探したいと思っていたのです。

 

編集室に帰っても、どこの部署も、辞書づくりに回す人材は無いと断られてしまいます。

その時、同じ編集の西岡が「いるらしいですよ」と声をかけました。

荒木は立ち上がり「どこに?!」といいます。

その人物は27歳で、第一営業部にいると聞き、荒木は性別も名前も聞かないまま、第一営業部に走りました。

 

営業部についたころ、荒木はそのことに気づき、出直そうとします。

すると、営業部の散らかった棚の前に、一人立っている男性を見つけました。

その男性はバラバラになっていた棚を綺麗に配置しなおし、美しく整頓したのです。

そこにいた女性を捕まえて、「きみ、彼はどんな男だ?」と尋ねると、「本人に聞いてくださいよ」と言われてしまいます。

 

「まじめさーん、お客さまですー」

まじめと呼ばれた男性は振り向き、「はい、まじめですが」と言いました。

まじめ、とは馬締という苗字であり、あだ名ではないことを知った荒木は、馬締に『右』を説明してみたまえ、というのです。

馬締は少し考えてから言いました。

「方角ですか?思想ですか?」

 

前者だ、というと「ペンや箸を使う手、というと左利きの人を無視してしまう、心臓の無い方…右にある人もいる、『体を北に向けて東にあたるほう』というのが無難でしょうか」

その答えを聞いた荒木は、馬締に「一緒に『大渡海』をやらんか!?」と聞いたのでした。

 

▼↓サイト内にて『舟を編む』と検索↓
▽スマホ・PCで『舟を編む』を立ち読みしたい

 

舟を編むを読んだ感想!

 

映画やアニメにもなった、本屋大賞受賞のベストセラー小説のコミカライズで、なんと『昭和元禄落語心中』の雲田先生が描かれるという事で、大注目の作品です。

個人的に大好きな作品で、静かに読みたいですし、優しい気持ちにしてくれるお話です。

 

最初の『右』の説明のあたりからどっぷりハマり、言葉って面白い、という事と、辞書づくりの大変さ、人生を通しての生き方などを読み解くことができます。

読んでいくうちに、辞書を開きたくなってしまいますし、これからどんどん活用していこうと思ったりもします。

 

美しい言葉やその表現など、様々な人間関係を通して、新しい辞書を作り上げていく馬締さんはほんとに素敵だなと思いました。

まだ読んだことのない方には、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

▼↓サイト内にて『舟を編む』と検索↓
▽スマホ・PCで『舟を編む』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!