いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

死と彼女とぼく イキル(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も!

川口まどか先生による作品である『死と彼女とぼく イキル』(ぶんか社)

 

「好きだよ」「愛してる」

その同じ地上で

「苦しい」「恐ろしい」

が、存在する――。

 

時野ゆかりは幼いころ病気で死にかけたことがあった。

そのせいで、視えないものを視る…心を得てしまった。

松実優作は生まれながらに聞こえないはずの声を聞く…心を持っている。

 

ゆかりは医療事務、優作はメンテナンスの仕事をしていた。

高度な精密機器を扱っていると「視る」こと「聞く」ことから遮断してくれる。

2人の能力によって人々は救われていく――。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『死と彼女とぼく イキル』と検索。

『死と彼女とぼく イキル』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

死と彼女とぼく イキルのあらすじは?

 

幼少期に死にかけたことがある時野ゆかりは、その時の出来事がきっかけで死者の姿を視る能力を得てしまった。

そして死者の姿を視る能力は死者を呼び寄せてしまうのだ。

一方、松実優作は生まれつき、死者や植物の魂の声を聞く能力を持っていた。

植物が水を欲しがる声を聞いて水を上げることはいつものことで、植物への水やりは日課になっている。

 

そんな2人は高校時代に出会い、お互いの存在に助けられてきた。

2人とも大人になり、それぞれの仕事を淡々とこなして生きていく。

見えるはずのないものを視てしまったり、聞いてしまったりする以外は…。

 


死と彼女とぼく イキル

↑サイト内にて『死と彼女とぼく イキル』と検索↑

 

死と彼女とぼく イキルのネタバレ・その後のどうなる?

 

ゆかりは現在、医療事務の仕事をしている。

高度な機器を扱うことは、ゆかりの能力である「視る」ことを遮断し、そのことから解放される時間でもあるのだ。

しかし、だからこの仕事を選んだのかといえば、そんなことはなく、むしろ死者たちをより多く視るためにこの仕事を選んだのかもしれない、とまで思っている。

 

その日も、ゆかりが事務の仕事をこなしていると、看護師さんから「外来がこんできた」という理由から、受付を頼まれる。

患者さんに名前を書いてもらっている間、ゆかりの目の前には死者が視えている。

この世のものとは思えない死者の禍々しい姿を前に、ゆかりはまるで何も視えていないかのように振る舞うのだ。

それは死者のためでもある。

「オレの番はまだか…ずっと待っているのに…どうなっているんだ…?」

死者はゆかりに話しかけるが、ゆかりが無視することで、死者は自分が死んだと自覚し、受付前から去っていく。

死者の後ろ姿を見つめるゆかり…。

死者は至る所にいるのだ。
男性看護師の後ろをヒタヒタとついてくる黒い髪の女の姿は透けていて、目はあらぬ方向を向いていた。

それでも、ゆかりは気づかないように、見ていたことを相手に気づかれなように顔をそらし、死者と関わらないようにしているのだった。

 

一方、優作はメンテナンス業務を行う仕事をしている。

その日もメンテナンスに向かった営業先で、聞こえないはずの声が聞こえた。

「のどが…乾いた…」

それは営業先の受付横に置いてある鉢植えの観葉植物だった。

優作が持ち歩いていた水をかけてあげると、「あーおいしい!ありがとう!」という植物の声が聞こえた。

こんなことは優作にとっては日常茶飯事で、「どういたしまして」と、挨拶を返す。

「どうぞお入りください」と笑顔の受付嬢の横では、彼女の祖父であろう男性の声が聞こえる。

「いい笑顔だ、さすがわが孫」

ゆかりと同じで機器が精密であればあるほど、聞こえないはずの声は遠くなる。

優作はそうしてこの仕事を選んだのだ。

 

その時、後ろから来た女性の顔に、ギリギリギリという嫌な音を出す口が憑いているのが視えた。

その女性は誰に対してもイライラした態度で、社員たちにも嫌われているようだった。

優作は、ゆかり程には自分は優しくないと思っている。

その日も、その女性の憑き物の存在を認識していながら、視て視ぬふりをしたのだ。

なによりその女性には、色々なものが憑きすぎていた。

 

『死と彼女とぼく イキル』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『死と彼女とぼく イキル』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

食糧人類-Starving Anonymous- おすすめ!
インフェクション おすすめ!
百鬼夜行抄 
双亡亭壊すべし 
リバーシブルマン 

↑「死と彼女とぼく イキル」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

死と彼女とぼく イキルを読んだ感想!

 

ゆかりと優作の周りには死者ばかりが集まってくるが、その死者の禍々しは、本当に見るに堪えないものばかり。

闇に囚われてしまった死者が付きまとっている人は、自ら死を選ぼうとしたりしてしまうのだが、ゆかりはそんな人を救いたいと思う優しい女性だ。

優作も、ゆかり程には優しくないと思いながらも、人のために動く行動力と誠実な心を持っている。

2人は自分たちの能力で、その怖くも切ない闇と向き合っていく。

 

そして、この作品はとても泣ける。

考えさせられる部分も多く、ホラー漫画のように、怖すぎる内容でもないので、どんな人でも楽しめる作品だと思った。

「死と彼女とぼく」のシリーズを読んでいる方なら続編の発売を心待ちにしていた人も多いのでは?

 

ゆかり、めぐる、ときて…イキル。

2人のその後が知りたかった人には待望の作品だと思う。

まだ読んだことのない人も、ぜひ一度お手に取って読んでみることをおすすめしたい作品。

シリーズ物ではあるものの、本作から読んでも十分に楽しめる内容になっている。

 

『死と彼女とぼく イキル』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『死と彼女とぼく イキル』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!