いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

人馬(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

墨佳遼先生による作品である『人馬』(イースト・プレス)

 

古来より、この国には『じんば(人馬)』と呼ばれる生き物がいる。

人のような上半身と、馬のような下半身を持ち、知恵があり、風のように走る自由な生き物。

 

山岳に暮らす人馬は、人の領域を侵す事なく、時に実りの知恵を与え、時に害獣の撃退などで力を貸し、

その姿は「豊穣の山神」としても予備慕われた。

やがて、人々が大地を奪い合い、争うようになった時、人は「武力」として人馬を見出し、

彼らの領域に踏み入るようになった。

人々の「戦」は「人馬」をただの「道具」に堕とした――。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『人馬』と検索。
▽スマホ・PCで『人馬』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

人馬のあらすじは?

 

人に道具のように使われ、それに抗う「人馬」松風。

赤毛で巨躯の人馬はどの武将も欲しがっていました。

「俺達はお前ら人間の戦の道具じゃねーんだよ!!」

息子の権田が人間に捕まりそうになった時、松風は身を挺して子供を助けました。

 

人間の脚で追いつけるはずもない松風に、追いついてきたのは小雲雀(こひばり)という「人馬」でした。

人間に腕を切り落とされた小雲雀は駿馬と呼ばれるほど、風のように早く走るのです。

松風が人間に捕まった夜、小雲雀が人間の目を盗んで会いに来ます。

小雲雀は言いました。

「逃がしてやる」

 


人馬

↑サイト内にて『人馬』と検索↑

 

人馬のネタバレ・その後どうなる?

 

小雲雀のせいで捕まってしまった松風は、聞く耳を持ちません。

人間にヘコヘコへつらう小雲雀を信用できない松風は怒鳴り散らします。

小雲雀は辛抱強く松風に説得を試みるのです。

野生の人馬の腕を残しておくことは滅多になく、小雲雀も捕まって腕を切り落とされました。

松風のように腕を残されて捕まったやつを見たことがない、という小雲雀。

逃げ出すには松風の両腕が必要だとさとします。

だからバカみたいに暴れて切り落とされる前に忠告しに来たのだ、と言いました。

それでも信用できないと突っぱねる松風。

 

他の連中は怖がって人間に報告するかもしれないと小雲雀は思っていたため、

捕まりたての山賊、赤毛の岩虎と恐れられていた松風に頼んでいるのです。

小雲雀は従順で人間に可愛がられており、自由に歩ける権利を得ていました。

しかし、その裏には舌を噛んで死にたくなるほどの事もやってのけ、

腕を切り落とされても、何をしてでも、逃げるために諦めてはいなかったのです。

何年も何年も、小雲雀は松風のような男が来るのを待っていました。

 

小雲雀の気迫に、松風はひとまず話を聞くことにします。

近々「披露目の儀」というものが行われるのだと小雲雀は言いました。

「披露目の儀」とは「人馬」を競売にかけられる式典の事で、「人馬」同士の力の見せ合いで持ち主と値段が決まるというものです。

夜に宴会が行われるため、門の警備が手薄になり、その隙に火を撒いて混乱させようという計画を小雲雀はたてていました。

唯一の逃げ道を南門と定め、閂を抜くのに松風の両腕を使ってほしいと頼みました。

松風以外の腕がついた「人馬」は人間に従っていて、人間のそばで生まれた「人馬」もいました。

 

速魚(はやめ)と呼ばれる女の「人馬」はそんな境遇にいます。

披露目の儀には小雲雀も参加していました。

見た目が美しい白馬の小雲雀は、大武将に買われることが決まっていたのです。

松風は男ながらに美しい顔をしているため、人間の夜の相手もさせられていました。

それを知った松風は激しく怒り、暴れますが、小雲雀はそれを黙って体当たりをして止めるのです。

夜、宴がひらかれ、小雲雀が隙をみて小刀を持って、松風の元へやってきます。

屋敷に火を放ち、計画通り、松風と小雲雀は逃げることに成功したのでした。

従順だと思っていた小雲雀に、情けない声で呼びかける領主をしり目に、二人は山道へと走り去っていくのでした。

 

▼↓サイト内にて『人馬』と検索↓
▽スマホ・PCで『人馬』を立ち読みしたい

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

斑丸ケイオス おすすめ!
7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT おすすめ!
レイリ おすすめ!
風光る 

↑「人馬」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

人馬を読んだ感想!

 

世界観がすごく伝わってくる作品です。

話にどんどん引き込まれていきました。

小雲雀の扱われ方が壮絶で、人間のエゴというのはこんなにも悲しく愚かしいものだということを思い知らされます。

 

作中で松風が何度も「道具じゃない!」という言葉を発しますが、まさにこの作品で伝えたいことはそこなのではないかと思いました。

人以外のものを道具としてしか見ていない人間と、自由に生きてきた「人馬」たち、その対立する関係性にどのような落としどころをつけてくるのか、考えさせられる作品ですね。

 

自由を愛する知恵者、「人馬」の中にも様々な人々がいます。

人間に恨みを持ったその日から、人肉しか食べれなくなってしまった「人馬」の狂い方がとても悲しく思えました。

小雲雀は、酷い目に遭わされたにも関わらず、あまりすれたところがなく、前を向いて生きている感じが救いでした。

松風と小雲雀のほかに、速魚も加わり、「人馬」のコミュニティは広がりを見せます。

人と「人馬」はわかりあえるのでしょうか?

まだ読んだことのない方や、少しでも気になった方は、ぜひ一度読んでみていただきたいです。

 

▼↓サイト内にて『人馬』と検索↓
▽スマホ・PCで『人馬』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!