いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

怪滅王と12人の星の巫女(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

七介先生の作品『怪滅王と12人の星の巫女』

 

最強の力を持った主人公。

だがその力を使う事に身体はボロボロになっていく。

それを救えるのは、星の巫女…!?

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『怪滅王と12人の星の巫女』と検索。
▽スマホ・PCで『怪滅王と12人の星の巫女』を無料で試し読み

 

怪滅王と12人の星の巫女のあらすじは?

 

子供の頃に

「この世界にはみんなが知らないでかい穴が開いていてそこから来るヤツらと戦ってるのだ」

と父親が言っていた。

 

当時、5歳だった黄泉門 冥二郎は

「バッカじゃねーの?妄想もたいがいにしとけよ、オヤジ」

子供ながらに素直な冥二郎。

その言葉にショックを受けた父親は、泣きながら家を出て行ったのでした。

 

この物語には、アクマと怪滅士が存在している。

怪滅士とはアクマを倒す者達の事を言い、源 真頼はその怪滅士なのだ。

 

ある日、真頼はK市内にてレベル4のノヴァを確認したことを知らされ、レーダーの誤認かもしれないが一応、確認に行ってほしいと頼まれる。

このところ、K市には他にアクマ等の仕業と思われる事案も報告されている。

用心をするように言われ

「了解、源 真頼 参ります!」

K市に向かうことになった。

 

そんなK市には、冥二郎が住んでいる。

彼が何気なく歩いていると悲鳴が聞こえ、振り返るとそこに居たのは女の子。

「ケガはないか?」と声を掛けると

「お願い助けて!何でもするから!追われてるの助けて!」と言われる。

 

冥二郎の前には、何かが包まれたような球体が異様な音を立てて浮いていた。

「キミ離れなさい。そいつは、アクマよ。」

そう中から聞こえ…!?

 


怪滅王と12人の星の巫女

↑サイト内にて『怪滅王と12人の星の巫女』と検索↑

 

怪滅王と12人の星の巫女のネタバレ!

 

女の子にヒソヒソと「アレ知り合い?」と言うとブンブンと首を振るので

「…よし、見なかったコトにしよう。」とその場を2人で去ろうとすると

「聞きなさい!」と言うが聞かない2人。

「もう仕方ないわね」と出てきたのは、真頼だった。

そして2人を拘束式結界という強力なもので手首を拘束されてしまう。

 

だが…冥二郎は、いとも簡単にその拘束を解いてしまう。

2人は、唖然。

その間に冥二郎は、女の子を抱えて真頼から逃げます。

「そうか!あれが先輩が言ってたK市のもう1匹のアクマ!」

 

何とか逃げ切れた2人は、公園にいました。

「変なのと関わっちまったなぁ。お人好しついでにお前のそれも外してやるよ」

と平然な顔をして言う冥二郎に

「いやいや、アンタ何者なのよ」と聞きます。

 

「比較的善良な高校生だよ」

ペロッと出した舌には模様が!?

「この運命力は!?」と驚く女の子。

気を付けて帰ろよと拘束を解くと

「“星約の環”保持者れどこに…あ!魂と融合してるんだ。だからこんなにボロボロに…助けてくれてありがとう。
わたしは、ラト=ミー アクマよ」

真頼が言っていた通りアクマだったのです。

 

明らかに面倒くさいのに関わってしまったという顔をする冥二郎。

「ダルい、帰るわ」と行こうとすると

「助けになってあげよーとしてるのに」という言葉で足を止めます。

「そのチカラ、発揮するたびに身体壊れてない?命を削ってる自覚あるでしょ?“星約の環”を持つ者は、あらゆる魔術
あらゆるアクマを使約するコトができる。命を代償にね、キミ…このままだと3年以内に死ぬよ。」

 

急に現れたアクマに3年以内に死ぬと宣告されてしまった冥二郎。

そしてK市では、最近女性が行方不明になるという事件が多発していた。

行方不明になった女性は、首筋に噛まれた跡があり、現代では信じられないが吸血鬼の仕業のような事件だったのです。

 

翌日、冥二郎は3年以内に死ぬという事と、昨夜、アクマに聞いた事が頭から離れませんでした。

冥二郎は、運命力(アストラ)を使いすぎらしく、アストラとは、運命を切り開くチカラで“星約の環”を持つ冥二郎が使うと
消火器で命の炎を消しているようなものだったのです。

そして“星約の環”を外せるのは、“星の巫女”だけなのです。

 

冥二郎の舌と同じように身体のどこかに命印(しるし)を持ってる女の子の事なのですが、お互いの命印を重ねることで“星約の環”との命約を更新出来るのです。

なので冥二郎が生き残りたい場合、3年以内に“星の巫女”を見つけ出すしかないのです。

 

そしてある事を思いつきます。

真頼なら星の巫女の事を知っているかもしれないということを!

 

ラト=ミーを外に連れていきおびき寄せることが出来たらと外に出ると真頼が現れます。

完全にやる気の真頼を止めて

「星の巫女知らないか!?」と聞きます。

「なぜ、そのことを!?」という反応を見て知っているんだな?と期待大。

「アクマの話では、身体のどこかに命印を持って生まれたんだとさ。」

「それを知ってどうするつもり?」

 

すると「なめる!」と堂々と言う冥二郎。

思わず「は?」と唖然。

どういう意味なのかと聞くと

「舐め回すわけじゃないぞ。1回ペロッとするだけだ。」

 

やっと星の巫女を知る人物に出会えた冥二郎だが

その星の巫女が真頼だということを知るのは、もう少し後の話なのでした。

 

▼↓サイト内にて『怪滅王と12人の星の巫女』と検索↓
▽スマホ・PCで『怪滅王と12人の星の巫女』を立ち読みしたい

 

怪滅王と12人の星の巫女を読んだ感想!

 

絵柄が可愛くて所々に星が散りばめられてるのが可愛くて素敵でした。

星の…というだけあって星が多く描かれている作品でしたね。

 

冥二郎もなかなかのイケメンで、舌をペロッと出すのはかっこいいです。

 

そしてタイトルにもある通り、星の巫女は、12人いるのです。

だから冥二郎は、3年で12人の星の巫女と出会わなければいけないということですね。

 

続きが気になった方は、是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『怪滅王と12人の星の巫女』と検索↓
▽スマホ・PCで『怪滅王と12人の星の巫女』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!