いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

かくしごと(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

久米田康治先生による作品である『かくしごと』(講談社)

 

隠し事は何ですか?

そのパンドラの匣(はこ)は、メジャーな観光地駅の裏手 階段を100段上がった所にある。

自分の知らないあの人がいる――。

18歳の誕生日、その匣の鍵を手に入れた。

 

隠し事は何ですか?

隠し事は…描く仕事でした――。

 

父である後藤可久士(ごとうかくし)と、娘である後藤姫(ごとうひめ)。

娘は川の向こうの小学校へ、父は坂の上の会社へ…。

会社へ行く恰好、つまりスーツで歩く可久士は、ある店の前で立ち止まり、おもむろにシャッターを開けた。

そしてスーツを脱ぎいつもの服に着替えるのだった――。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『かくしごと』と検索。

『かくしごと』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

かくしごとのあらすじは?

 

漫画を描く仕事をしている後藤可久士(ごとうかくし)は漫画家を生業としていた。

その日も、娘が学校に行くのを見送りつつスーツで歩き出す。

可久士は、娘である後藤姫(ごとうひめ)には自分が漫画家だということは、ひた隠しにしてきたのだ。

目黒区と渋谷区の境にある、「マリオットランチマーケット」のシャッターを開け、スーツからTシャツ短パン姿に着替える。

仕事場に着くと、可久士は早速漫画を描き始まった。

可久士が、職業を隠している理由、それは娘が生まれた10年前から始まったのだ。

 


かくしごと

↑サイト内にて『かくしごと』と検索↑

 

かくしごとのネタバレ・その後どうなる?

 

姫が生まれた時、産婦人科の先生が声をかけてきた。

「漫画家の後藤可久士先生ですよね!」

その声に、可久士はドキリとした。

「『きんたましまし』読んでます!先生の漫画好きです!」

このセリフから分かるように、可久士の描く漫画は、世間で言うところの、いやらしい漫画だった。その時、可久士は、娘のために一生職業を隠していこうと誓ったのだ。

 

父親が恥ずかしい漫画を描いていると知れたら学校で姫がいじめられてしまう…不登校になって心を閉ざしてしまう、可久士はそう思っている。

その日も、可久士の単行本を持ち込んだアシスタントに、何のために毎週書いた原稿を遠くの倉庫にしまいに行っているのか、を大仰に語った。

親として、娘に読ませたくない漫画を描いている可久士は、一生仕事を隠し通すつもりでいるのだ。

以前は全裸でしか書けなかった原稿も、姫が生まれてから、血のにじむような努力をして現在のTシャツ短パン姿にまで進化を遂げたのだった。

 

その頃、姫は学校で父親の職業を聞かれていた。

可久士は先生にまで根回し済み。

子どもたちには職業差別になることと個人情報になるため、父親の職業を聞いてはいけないことになっていた。

それでも先生は立派な仕事だと言う。

担任の先生は女性だが、「きんたましまし」を楽しく読んでいた、と可久士に伝えた。

 

世間一般の漫画家に対する思いは少し違っていて、大作家が描くような漫画作品を描いているわけではない可久士が、漫画家と名乗っても、少女キャラクターを描いてほしいだのといった受け答えが還ってくるだけなのだ。

そして漫画家には編集担当の入れ替わりは当たり前のこと。

その日も新しい担当の十丸院五月(とまるいんさつき)が仕事場を訪ねると言うので、可久士は待っていた。

しかし、仕事場に一向に現れない十丸院がどこに行ったのかという話になり、自宅の方を訪れている可能性に思い当たった。

急いでスーツに着替え、自宅に戻ると、姫と向き合う新しい担当編集者、十丸院の姿が目に飛び込んできたのだった。

しかも十丸院は今描いている漫画「風のタイツ」の、読者プレゼントTシャツを着ていた。

可久士は、姫がお茶を持ってきている間に、Tシャツの絵柄を隠させたり色々なポーズをさせたりしたが、どうしてもTシャツの柄が見えてしまう。

仕方なく、急いで仕事場の方に移動することにし、姫にはなんとかバレずに済んだのだった。

 

『かくしごと』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『かくしごと』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

咲くは江戸にもその素質
WEB版 WORKING!!
僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件 おすすめ!
怪物くん
勇者が死んだ おすすめ!

↑「かくしごと」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

じょしらく
さよなら絶望先生
有頂天家族

↑「かくしごと」同じ作者の上記漫画もおすすめです!

 

かくしごとを読んだ感想!

 

ほぼ実話に基づいているという作品である『かくしごと』。

 

作者の久米田先生自身、下ネタ満載の作品を描いてきていた人なので、そのエピソードの秀逸さに、思わず納得させられてしまった。

コミックスの各巻には18歳になった姫が、可久士の秘密を知ってしまうエピソードがありますが、雰囲気がいつも可久士がいないような感じで描かれているので、もしや死んでしまったのではないだろうか、とドキドキしてしまう。

 

そして、可久士は割とモテるので、周りにいる女性たちがいるのだが、それぞれ個性が光るキャラクターづくりは素晴らしい。

絵柄がシンプルなだけに、キャラのアイデンティティを表現するようなキャラクターの顔が分かりやすく、読んでいて楽しい作品だった。

 

『かくしごと』は、ギャグ漫画でありながら、感動させられたり、ほっこりしたりする作品でもある。

姫の可愛さもさることながら、可久士の姫を想う気持ちの温かさに、家族っていいな、と思ってしまった。

 

今後の展開が気になる『かくしごと』は、まだ読んだことのない方はもちろんのこと、少しでも気になった人には、ぜひとも読んでほしい作品になっている。

 

『かくしごと』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『かくしごと』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!