いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

神さまの怨結び(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も!

スマホ・電子書籍でマンガを読みたい方にお薦め【U-NEXT】!
無料トライアル登録で、600円分のポイントを貰えちゃう!
そのポイントで最新作含めお好きなマンガを無料で読めちゃう!試し読みできちゃう!

こいつで、スマホ漫画、電子書籍マンガ、お試しデビューだ!

【→ U-NEXT 無料トライアル ←】

★さらに、雑誌70誌以上、映画やドラマ、アニメなどが31日間も無料で見放題です!

『神さまの怨結び』は、守月史貴先生の作品!

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『神さまの怨結び』と検索。

『神さまの怨結び』を無料で試し読み

 

『神さまの怨結び』のあらすじは?

 

人の“怨”を結びて“縁”を切る。そんな呪いを人に与える神。

その名は・・

蛇(くちなわ)。

彼女が結ぶ呪いの代償は女の子達にはとても重いものであった。

ある日、1人の男が蛇の神社で首つり自殺をして以来、この男は呪を望む女の子を蛇の元に誘う役をするようになります。

消えてほしいと思う相手を消す方法とは・・相手と身体をいったい・・?

 


神さまの怨結び

↑サイト内にて『神さまの怨結び』と検索↑

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

『神さまの怨結び』のネタバレ

 

首つり自殺を図った男性(クビツリ)に

「おい人間」

と話掛ける声・・

 

黙って死なせてくれと望む彼だからその反面彼女は話を続ける。

「由緒正しき赤縄を首つりなんぞに使いおって・・おかげで目が覚めてしまったぞ。・・しかし、この 蛇(くちなわ)の供物となれたことを光栄に思うがよい」

という声を聞き、男性は自分はまだ死んでないのか?

と疑問を持つが蛇は確かに貴様は死んだよと答える。

「もっとも、偶然この蛇にその身を捧げたために逝き損ねたようだが?」

 

と縄を切られ・・
「わらわの願いが叶うまで生きるも死ぬも許しはせん、貴様はこれから人をかき集めてくるんだ。」

と蛇に言われたがここは神社。

神様がいるはずの場所なのに・・

 

「他人を恨み呪ってやまない おろかな人間共を山ほどなあ・・」

とにやあと笑う彼女はどっからどう見ても悪魔のようだった。

 

学校に行きたくないといいながらも登校をする櫻。

歩いていると

「よお、櫻!」

と声を掛ける稲葉という男子生徒。

おはようと挨拶をする彼女に

「今日ってマラソンあるじゃんか」

と後ろから櫻の胸を容赦なく触り

「こーんな揺れてっと走るとき大変だろ」

とからかい先に行ってしまった。

櫻は、大きすぎる自分の胸が嫌いなようで恥ずかしいとか分からなかった小学校当時。

前も隠さずに着替えをしてしまったのがきっかけだった。

その頃から、あまり話したことがなかった稲葉から胸のことでちょっかいを出されるようになったのだ。

それは、数年経っても変わらず・・

櫻がお昼休憩に牛乳を飲んでいると稲葉が

「“牛乳が巨乳の秘訣”ってマジ?つーかお前十分牛レベルなのに、毎日精が出るなー」

とからかいます。

クラスの子達もそれを見て稲葉に強く言う子達は居なく、今日もまた言ってんなあというところ止まり。

帰り道、櫻は感情が抑えきれなく“あんな奴、居なくなっちゃえばいいのに”と思うのです。

するとどこからか

「なめたこと言ってんじゃねーぞ」

と声が聞こえました。

えっと振り返るとそこにはクビツリが・・

「こんなガキが依頼人とか、あのロリババァ耄碌してんの?」

と舌打ちをします。

櫻は何がなんだか分からず

「連れて来いって命令されたんだよ。」

というクビツリに手を引かれます。

クビツリは彼女を見ながら

「・・あんたがくだらねーこと考えてるから、あの地獄耳に聞こえちまったんだ。」

 

すると櫻の知らない場所に・・「えっ!?」と辺りを見回す彼女に蛇は話掛けます。

 

「ようこそ、迷える呪い人様よ。わらわは、蛇。かつて男女を結ぶ呪いに使われた。“赤縄”という道具の成れの果てだ。“運命の赤い糸”とか言うだろう?あれの元ねたといったところだな。ところでそなた、消えて欲しい輩が居るそうだが?」

「その願い、この蛇が叶えてやっても良いぞ。」

 

その言葉を聞いた櫻の脳裏には稲葉の姿が・・

「ほんとうですか?」

と蛇に聞く櫻。

 


神さまの怨結び

↑サイト内にて『神さまの怨結び』と検索↑

 

「無論、わらわにかかればたやすい御用だ」

クビツリはそんなことさせまいと反抗しますが身動きがとれないように蛇に捕まってしまいます。

蛇は大人でも子供でも差別はしないと櫻にどうするかと問います。

櫻は・・

「稲葉・・稲葉くん、にいなくなってほしいです」

と小さい声で言うのです。

その言葉を聞き蛇は機嫌が良くなりある条件を言います。

 

「呪うには一度開いてと交わり“怨”を結ばねばならん。」

「今風に言うなら“せっくす”すればよい」

 

条件を聞いた櫻は

「できるわけないじゃないですかッ!!」

と蛇に言います。

容易にことが及べるように運んでやることもできるが・・

という蛇にそういう問題じゃ・・

と言うのです。

聞いていたクビツリは、やめとけよと止めます。

「性も死も分からん、お子様は呪いなんぞにうつつを抜かす前にまず道徳と保健体育の勉強してこい」

と言われてしまい貴方がここに連れて来たのに何故酷いことを言うのと思う櫻は決心したのか

「やります。私は子供じゃないからっ・・できます」

と言います。

 

「・・ああ、それと大事なことを忘れておったな。よいか?この蛇の呪いを使ったが最後。そなたは生涯誰とも結ばれぬぞ。理由はこいつが縁結びを利用した呪いだからだ。」

 

そいつをゆめゆめ忘れるでない・・

と蛇は櫻に忠告したのです。

櫻は意味を深く考える間もないまま蛇に呪いを身体に植えつけられてしまいまったのです・・

 

『神さまの怨結び』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『神さまの怨結び』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

竜のかわいい七つの子 おすすめ!
さぬきらへん
ゴールデンゴールド おすすめ!
テンプリズム
つぐもも おすすめ!

↑「神さまの怨結び」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

捻じ曲げファクター

↑「神さまの怨結び」同じ作者の上記漫画もおすすめです!

 

『神さまの怨結び』を読んだ感想!

 

こちらの作品、とっても絵が上手くて読みやすいです!

呪いの条件が男女交わるということなのでキワドイ場面もありますが女の私でもすらすら~と読めてしまいました!

蛇が容姿ともに可愛くて表情が豊かでとても好きなキャラでした。

 

この後、櫻は稲葉を消す為に行動をしますが最後は、私なんともいえない気持ちになってしまいました。

人を消すということがどれだけ重いことなのか考えさせられます。

 

そして生涯誰とも結ばれることが許されないというのは思春期の彼女等にとっては重い条件なのではないでしょうか。

少しモヤモヤしてしまうところもあるかもしれませんが続きが気になる方は是非読んでみてください!

 

『神さまの怨結び』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『神さまの怨結び』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホで漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!
・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:U-NEXTでは無料トライヤルで600円分のポイントが貰えます!
そのポイントを利用してすぐに読めちゃうわけです!

▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならU-NEXTがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!
・U-NEXTでは無料トライヤルで600円分のポイントが貰えます!
そのポイントを利用してすぐに1タイトル読めちゃうわけです!


≪U-NEXT簡単利用方法≫

①以下をクリックしてU-NEXTを開く!

U-NEXTはこちら


②【今すぐ無料トライアル】をタップ!



③【お客様情報】を入力!



④ご登録内容を確認、および決済方法を選択して、【送信ボタン】をタップ!



⑤右上の虫メガネからご希望のタイトルを検索して、【読む】をタップ!




※上記【現在:600ポイント】と記載がある通り、しっかり600ポイントが貰えちゃってます。【ポイントを利用して0円で購入】から無料でご希望のタイトルが読めちゃいます!


U-NEXTはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!


--------------------------
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
--------------------------