いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

火葬場のない町に鐘が鳴る時(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も!

スマホ・電子書籍でマンガを読みたい方にお薦め【U-NEXT】!
無料トライアル登録で、600円分のポイントを貰えちゃう!
そのポイントで最新作含めお好きなマンガを無料で読めちゃう!試し読みできちゃう!

こいつで、スマホ漫画、電子書籍マンガ、お試しデビューだ!

【→ U-NEXT 無料トライアル ←】

★さらに、雑誌70誌以上、映画やドラマ、アニメなどが31日間も無料で見放題です!

「遅くまで遊んでいると、冥奴様に連れて行かれちゃうよ」

 

碧海景 原案/和夏弘雨 漫画『火葬場のない町に鐘が鳴る時(講談社)』

 

☆★☆★☆★18時みとず町に響く不快な鐘を合図に「冥奴様」は現れる☆★☆★☆★

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『つばさとホタル』と検索。

『つばさとホタル』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時のあらすじは?

 

 

主人公の卯月勇人は、幼少の頃過ごしていた山あいの小さな町「みとず町」へと高校生になって、10年ぶりに戻ってきました。

父の急な転勤が理由でしたが、勇人は当時一緒に遊んでいた豊橋咲との再会を心待ちにしているのでした。

8件目の引越し業者に断られ、仕方なく運転する父のトラックに母と共に揺られながら、みとず町へと到着します。

せっかく東京にも慣れて、勇人も難関高校に受かったのに・・・と不満そうな母を横目に、勇人は高まる気持ちを悟られぬようにしていたのでした。

父もそんな勇人に気付き嬉しそうに「夜の習わしに慣れてしまえばいい町だ」と語ります。

夜の習わしとはなんだろう?と首をかしげる勇人にゾッと悪寒が走りました。

 

シクシク・・・と誰かが泣くような音がする方向に目を向けると、山ではなく・・・ピラミッドのような物が建っているのが目に入ります。

いつあんなものが建ったのだろうと怪訝に思いつつ、勇人は散歩に出かけました。

父に「絶対に遅くなるなよ」と釘を刺されながら向かった場所は、咲が住んでいた家のあった場所。

しかし、そこにはマンションが建っており・・・咲が住んでいたはずの古い木造の一軒家は跡形も無くなっていたのでした。

しかし昔の面影は残っており、壊れた自販機や廃バスを見つけて思い出に浸ります。

もう咲は引っ越してしまったのかと、とぼとぼ父の運転していたトラックの元へと戻ると、トラックが無くなっています。

携帯を見ると着信が何件も入っており、サイレントモードにしていた勇人は全く気づかなかったと焦ります。

急いで電話をかけ直す勇人ですが、ふと目を饅頭屋に向けると店内から炎と煙が!急いで店員を呼ぶ勇人、それに答えたのは屋根の上にいた女の子でした。

女の子も煙に気付き、二人で消火しますが、勇人は気付きます。

この女の子・・・もしかして咲?俺だよ卯月勇人だよ!と再会を喜ぶ勇人ですが、咲は「そんな人知らない」と突っぱねます。

親友だと思っていたのは、俺だけだったのかとむくれる勇人に、咲は「私にも大切な幼馴染がいたけど、その人は突然何も言わずにいなくなってしまった」とほろほろと泣き出します。

「ゆうとなんて大っ嫌い」と勇人をポカポカと叩く咲、心を躍らせていた咲との再会は思っていたものとは全く違うものなのでした。

 

そんな二人に鳩時計が18時を告げます。

慌てふためく咲に勇人は「ただの鳩時計だろ?」と困惑します。

そんな勇人の手を引いて、咲は走り出しました。

この町の人々は「日が暮れたら誰も外を出歩かない」と言われながら育っており、それは古い迷信から来たものでした。

しかし勇人が引っ越してから、「それ」は迷信ではなくなったのです。

夕方6時を過ぎると、町には不思議な鐘が鳴る。

それを聞いたら誰も外へ出てはいけない・・・冥奴様が迎えに来るから

そう話す咲の顔は、昔の咲にはなかった真剣で恐怖を抱えた顔でした。

 


つばさとホタル

↑サイト内にて『つばさとホタル』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

憂国のモリアーティ おすすめ!
善悪の屑 
君が死ぬ夏に 
監禁嬢 
真夜中のオカルト公務員 

↑「火葬場のない町に鐘が鳴る時」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時のネタバレ

 

走る勇人の携帯が鳴り、父が酷く焦った様子で怒鳴ります。

「もうすぐ冥奴様の時間なんだぞ!」

咲も父さんも何を言っているんだ?と怪訝に思う勇人ですが、そこへゴーンガーンと不気味で不快な鐘が鳴り響きます。

嫌悪感を感じずにはいられない不協和音に勇人は頭の中を針で深く刺されたような痛みを感じました。

すぐに痛みは引きましたが、鐘が直接脳に作用しているのではと思わせる痛みでした。

鐘が鳴ってしまったと一層焦る咲と、鐘の不快感に困惑する勇人の前に、真っ黒な人がこちらにフラフラと近寄ってきます。

そう、これこそが冥奴様なのです。

この人、様子が変だ。車に轢かれてしまったのかも!と咲の制止を振り切り近寄る勇人に襲いかかる冥奴様・・・

間一髪、咲の鋭い蹴りが冥奴様を捉え、辛くも咲の家に逃げ込みます。

 

フラフラと追いかけてくる冥奴様も、部屋に入れば何処かへと消えてしまったようで、二人はホッと胸をなでおろしました。

咲に言われて、小豆を玄関先に撒いておいてと言われた勇人は、昔話では小豆を投げて冥奴様を追い払ったという話もあったな・・・と玄関前にも撒こうとドアを少し開けてしまいます。

そんな勇人の手を冥奴様と思われる真っ黒でボロボロの手が掴みます。

驚いて小豆を投げつけると、その手は驚いたように引っ込んでしまいました。

勇人の手には握られた跡がくっきりとついていたのでした。

 

そして、その夜不思議な着信が勇人の携帯を鳴らします。

その電話は知らない男性からで、今すぐ東京へ帰らなければ豊橋咲が不幸になる。という内容でした。

その人物はヤマガミと名乗りますが、勇人には心当たりがありません。

咲の部屋にある昔のアルバムを見ると、ヤマガミという男の子が写っており、それを見ると何故今まで忘れてしまっていたのか、山神リュウジという男の子と自分と咲の3人で遊んでいたことを思い出したのでした。

 

朝を迎えると冥奴様も消えており、勇人は父達と合流します。

何の運命か、咲の部屋の隣の部屋が勇人の家なのでした。

山神と合流する勇人、そして謎の頭痛、火葬を嫌うみとず町の老婆、姿を消した父と取り乱す母、そして今日もまた夕方6時の鐘が鳴り響きます。

みとず町の不可思議な謎とは、恐怖の物語は始まったばかりです。

 

『つばさとホタル』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『つばさとホタル』と検索↑

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時を読んだ感想!

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時 の記事を書かせていただきました。

この作品は原作が小説で、その作品をコミカライズしたものとなっています。

出版はされていないものの、投稿された小説は完結しています。

 

『つばさとホタル』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『つばさとホタル』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホで漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!
・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:U-NEXTでは無料トライヤルで600円分のポイントが貰えます!
そのポイントを利用してすぐに読めちゃうわけです!

▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならU-NEXTがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!
・U-NEXTでは無料トライヤルで600円分のポイントが貰えます!
そのポイントを利用してすぐに1タイトル読めちゃうわけです!


≪U-NEXT簡単利用方法≫

①以下をクリックしてU-NEXTを開く!

U-NEXTはこちら


②【今すぐ無料トライアル】をタップ!



③【お客様情報】を入力!



④ご登録内容を確認、および決済方法を選択して、【送信ボタン】をタップ!



⑤右上の虫メガネからご希望のタイトルを検索して、【読む】をタップ!




※上記【現在:600ポイント】と記載がある通り、しっかり600ポイントが貰えちゃってます。【ポイントを利用して0円で購入】から無料でご希望のタイトルが読めちゃいます!


U-NEXTはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!


--------------------------
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
--------------------------