いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

かつて神だった獣たちへ(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

めいびい先生による作品である『かつて神だった獣たちへ』(講談社)

 

―擬神兵(ぎしんへい)―

国土を南北に分けた内戦が長く続いた時代。

劣勢に追いやられた北部が、禁忌の技術をもって作り出した、異形の兵士たち。

人の姿と引き換えに得た神にも喩えられるその力で…

彼らの部隊は戦乱を平和に導いた――。

 

――しかし、人の身に、神の力はあまりに大きすぎた。

人々は力を恐れ、力は心を腐らせる

内戦から時を経た今…神と称えられた兵はただ

「獣(けもの)」と呼ばれている。

ナンシー・シャール・バンクロフトは父の敵である「獣狩り」の男を探して旅に出る―。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『かつて神だった獣たちへ』と検索。

『かつて神だった獣たちへ』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

「かつて神だった獣たちへ」のあらすじは?

 

シャールは旅をしていました。

擬神兵として戦争に行き、帰ってきた異形の姿をした父親を殺した「獣狩り」の男を追って…。

人の姿と引き換えに、異形の姿で、神にも喩えられる力をもった兵士たちによって戦争が終わり、平和になるはずでした。

ある街にたどり着いたシャールは象を撃ち殺すための銃をもって、白いコートの「獣狩り」の男を探し、ついに見つけます。

 

父の形見である、「象撃ち銃」で撃っても死なない男に驚くシャール。

シャールの父、ジョン・ウィリアム・バンクロフトを殺したときに、そばにいた娘であることを知り、複雑な顔をする、白いコートの男。

 

男がこの街に来たのにはわけがありました。

他の擬神兵だった、心無くしたものを葬るためです…。

 


かつて神だった獣たちへ

↑サイト内にて『かつて神だった獣たちへ』と検索↑

 

「かつて神だった獣たちへ」のネタバレ・その後どうなる?

 

白いコートの「獣狩り」の男の正体は、擬神兵部隊を率いていた隊長ハンク・ヘンリエッタ。

ハンクは夜の間だけ力を発揮できる「ウェアウルフ」と呼ばれる狼男です。

人の姿と擬神兵の姿を行き来できる、数少ない擬神兵でした。

シャールと会った街で、ハンクが探していた男、ダニーも元擬神兵です。

部隊での約束、「心無くしたものは、仲間の手で葬る」を守り、おかしくなってしまった擬神兵を殺して回っていました。

 

ダニーこと、ダニエル・プライスは「スプリガン」の能力を持つ優しい男で、町のみんなの為に擬神兵になったのです。

ダニーはみんなの為に擬神兵になったのですが、戦争が終わり、町に帰ってきたダニーにみんながかけた言葉は「人殺し」「怪物」といったものでした。

 


かつて神だった獣たちへ

↑サイト内にて『かつて神だった獣たちへ』と検索↑

 

冷たい視線を向けられ、町で生きていくためにダニーがしたことは、新しくできた街道で、積み荷を乗せた馬車を襲うということでした。

生きていくため、平気で人を殺すようになってしまい、「心無くしたもの」になってしまったダニーは、ダニーを庇ったシャールまでも殺そうとします。

ハンクが間一髪で助けました。

ハンクの悲痛な叫びがこだまする中、スプリガンの能力で肥大化したダニーは、ハンクを殴り殺そうとします。

ハンクは飛び上がり、ダニーの肩に爆発物付きの槍を突き立てました。

ダニーの左肩が爆発し、人型へと姿を変えたダニーに、ハンクは容赦なく銃口を向けます。

「隊長…僕は…どうやって生きていけばよかったんですか…やっぱり生きて帰ってくるべきじゃなかったんですか?」

あの戦場を、地獄を生き延びるため戦った、ダニーの悲しみの言葉が、ハンクの胸に突き刺さります。

「あの戦場で、英雄として…神として死ぬべきだったんですか?」

「すまない」

と一言、ハンクが謝り、引き金を引きました。

 

ダニーの家族に、ダニーにかけられていた懸賞金を渡し、ハンクは「今までダニーを見ていてくれてありがとう」と言いました。

シャールは「そうやって父も殺したんですか、生きていたいと願っていたのに」と、ハンクに聞きます。

「それが約束だ…俺たちは…終わることができなかったんだ」

そう言ったハンクの髪は白くなっていました。

 

『かつて神だった獣たちへ』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『かつて神だった獣たちへ』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

出会って5秒でバトル おすすめ!
天空侵犯 おすすめ!
暗殺教室 
Fate/kaleid liner 
桃組プラス戦記 

↑「かつて神だった獣たちへ」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

「かつて神だった獣たちへ」を読んだ感想!

 

すごく面白かったです。

戦争によって、人の人生が狂わされていく話というものは、どうにもこうにも悲しくなってしまいますね。

 

異形の姿になるには検査をして、適正かどうかを調べなくてはいけないようなのですが、全員が人型でいられるというものではありません。

本当に姿かたちまで変わってしまって、それで戦争に勝っても、戻ってきたら獣扱い…。

ひどすぎる!

 

シャールはお父さんの敵として、ハンクを探していましたが、シャール自身、お父さんが変わっていくのを感じていたはずで、そこも切ないですよね。

大好きなお父さんを信じたい、でも…っていう。

ハンクも一度、エレインという女性に撃たれています。

エレインは、戦争が終わりに近づくと、自分たちの居場所はなくなると知っていました。

そのエレインに協力したのが「ヴァンパイア」の能力を持つケインです。

このケインという男が、今後、関わってくるのでしょうね。

 

ストーリーの展開は先が読めてしまう感じもするのですが、見せ場が多く、全く飽きませんでした。

読んだことのない方はぜひ、読んでみてほしい作品です。

 

『かつて神だった獣たちへ』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『かつて神だった獣たちへ』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!