いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

こんなわたしをかわいい、なんて(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

こんなわたしをかわいい、なんて

菅田うり先生の作品『こんなわたしをかわいい、なんて』

 

7年間片想いしている年上の幼なじみにバレンタインチョコを作ったのだが、なかなか渡せるタイミングが掴めず…

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『こんなわたしをかわいい、なんて』と検索。
▽スマホ・PCで『こんなわたしをかわいい、なんて』を無料で試し読み

 

こんなわたしをかわいい、なんてのあらすじは?

 

七尾 直 高校2年生。

スナオな女の子になりたいと思っていた。

バレンタインにあげるチョコを作ったけど、渡せずにいた直。

 

「(こんなのもういらない!)」そう思って宙に投げてしまう。

学校のごみ捨て場で宙を舞うチョコ。

落ちる寸前にゴミ出しをしに来た大須 碧人が、それを慌ててキャッチ。

 

倒れ、ゴミ袋の山に埋もれてしまう。

「ご、ごめんなさい、当たった!?」

チョコが当たってしまったのかと心配する直。

 

「オレが…つい受け取っちゃって」

碧人の制服も顔も汚れてしまって、とにかく洗おう!と水道の所へ連れていきます。

 

改めて見るとイケメンくん。

「はいっ、無事ですよ!」

 

捨てたつもりでいたチョコが戻ってくる。

「あ、これはゴミです。」

 

直がそう言うと驚きた表情をし、美味しそうなのにもったいないと返そうとしてくるので、思わず「いらないんだってば!」と強く言ってしまう。

 

きょとんとする碧人。

すると「じゃー、オレ食っていいっスか!?」

目をキラキラとさせ言う碧人にあげてしまいました。

 

こんなわたしをかわいい、なんて
こんなわたしをかわいい、なんて

↑サイト内にて『こんなわたしをかわいい、なんて』と検索↑

 

こんなわたしをかわいい、なんてのネタバレ!

 

お礼にタピオカを奢りますよ!と言われ、学校帰り公園でタピオカを飲みます。

そして敬語で喋る碧人に「敬語…」と言うと、1年下だということを知ります。

 

碧人は、直の事を知っていました。

文化祭の実行委員で一緒だったからです。

 

「覚えてないっスよね。センパイ、ずっと1人の人見てたから。確か、3年の羽鳥 潤先輩!チョコ…その人のために作ったのかなーなんて」

 

そう言われて違うよ!と否定する直。

本当はそうなのにスナオに言えない。

「もーごめん。あたし、超あまのじゃくで…」

 

「あまのじゃく?どこが?むしろ超スナオっス!」碧人は、そう微笑んだのです。

そんなわけない。

あたしは、いつもかわいくない。

ずっと好きな人にも…。

 

羽鳥 潤は、1つ上の幼なじみでモテる。

バレンタイン前にひょんな事から、潤がフリーになったこと知る。

 

「おまえのチョコもらってやるよ…なんてね」と言われては、直も舞い上がり告白するチャンスでは!?と思ったのだ。

小さい頃は、いくらでも告白するチャンスはあったのに、真逆のことばっか言って中学に入ってからは…。

片想い7年 ついに告白をする時がきた!

 

何度も何度も味見をして作ったチョコ。

渡すチャンスを伺うがなかなかない。

 

忘れたフリをして帰ろうと思い、校舎まで出たものの今日を逃したら一生気持ちを伝えられないんじゃないかと、再び戻り潤がいる教室へと向かう。

扉から覗いてみると居たのは、潤と1人の女子生徒。

 

「今、彼女いないってホント?あたし…実は、チョコ持ってきたんだあたしと…付き合わない?」

あー…とあまり良さげな反応をしない潤に「だめ…かな?」と言う女子。

すると「いや、ありがと…いーよ」と、告白をOKしてしまったのです。

 

まさかの出来事に音を出してしまう直。

潤が振り返ると「ご、ごめん。」と謝り「通りかかったら聞こえちゃって。よかったね、潤にぃ。美人の彼女さん出来てうらやましーなー、お幸せにね!」

そう言って去っていく直。

 

分かってる、悪いのはわたし。

スキって言えない、かわいくないあたし。

 

潤に渡すはずのチョコは、現在碧人が美味しそうに食べています。

「ちょー、おいしいっス」と直と違ってスナオすぎる碧人。

 

「つまり迷ってた隙に別の女の人に入られちゃった、と。オレはその話聞いてもスナオだと思いますけど。」

「どこが!ちょー最悪だよ。」

すると碧人は、微笑みながら「だって渡せなかったのは、好きだから恥ずかしくて照れちゃってってことでしょ。スナオですよ、カワイイじゃないですか。」

 

碧人の言葉に顔を赤らめる直。

「もう帰る!責任持ってチョコ全部食べてよね。タピオカどーもごちそうさまっ。」

家に帰るなり碧人の「カワイイじゃないですか」が頭から離れません。

 

「そんなの生まれて初めて言われたよおお。」

誰と話してもスナオになれない。

スナオになりたい。

 

碧人ともう少し早く知り合ってたら、スナオに潤にぃにチョコ渡せたかもしんない…なんてね、もう遅いよね。

翌日、自販機で飲み物を友人と買っていると、友人が潤と女子が歩いているところを目撃。

 

「付き合うことになったらしい」と言う直に

「えええ!?あんた脈アリっぽいこと言ってたのに」と驚きます。

 

昨日、チョコもらっているところを見たと言うと

「は!?だってあんたもチョコ渡したんでしょ」

 

いや、渡せなかったんです。

友人は、直がずっと潤に片想いしてきた事を知っています。

 

てっきり上手くいったとばかり思っていました。

するとハッと直が振り返ると潤が立っていたのでした。

 

▼↓サイト内にて『こんなわたしをかわいい、なんて』と検索↓
▽スマホ・PCで『こんなわたしをかわいい、なんて』を立ち読みしたい

 

こんなわたしをかわいい、なんてを読んだ感想!

 

まさか聞かれてたんじゃないだろうな!?

7年も片想いって一途すぎるよ、直ちゃん。

 

なかなか出来ることじゃないですよね。

本当に恋愛って難しい〜。

 

想いを寄せられている潤本人も、読んでるかぎり、ちょっと直に気があるようにみえるんですよね。

思い過ごしなのか??そこはまだ謎です。

 

碧人は完全に直に脈アリっぽいので、今後の3人の展開が気になりますね。

続きが気になった方は、是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『こんなわたしをかわいい、なんて』と検索↓
▽スマホ・PCで『こんなわたしをかわいい、なんて』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!
こんなわたしをかわいい、なんて