いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

カラスといとし京都めし(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

魚田南先生による作品である『カラスといとし京都めし』(祥伝社)

 

ここは京都『烏寺(からすでら)』。

誰が言ったか、伝えたか、喋る鳥が居たという…。

 

不思議な話の残る、この寺に…。

これまたずいぶん長生きの、カラスが一羽おった。

 

好奇心旺盛。

あまりに長く生きているこのカラス――。

食への興味は鳥以上…。

暇も知識も持て余しておった。

 

そしてついには…人間へ興味をもつようになったのだ。

いつしかあだ名は「変わり者」。

人の世界まで下りてきてしまったのだった――。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『カラスといとし京都めし』と検索。
▽スマホ・PCで『カラスといとし京都めし』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

カラスといとし京都めしのあらすじは?

 

ずいぶんと長生きしたカラスが、京都の「烏寺」というところに住んでいました。

暇も知識も持て余していたカラス。

 

このカラスの好奇心旺盛なところは鳥以上で、食への興味は尽きず、その好奇心は、ついに人間へと移っていました。

「変わり者」と呼ばれたカラスは、いつしか人間の世界にまで下りてきていました。

 

京都、桂の和菓子屋「中村軒」、そこにカラスが下りてきます。

その姿は人間そのものでした。

 

人間をはじめて半年くらいのカラス、名前は「烏丸(からすま)」と言います。

フリーターとして働くカラス様です。

食べた分は稼ぐ、食べるために働く。

きちんとお金を払ってご飯を食べるカラスなのでした。

 


カラスといとし京都めし

↑サイト内にて『カラスといとし京都めし』と検索↑

 

カラスといとし京都めしのネタバレ・その後どうなる?

 

長生きをしてきたカラスは、烏丸という名前で、自分でバイトをして稼ぎ、ご飯を食べるという生活をしていました。

和菓子屋の「中村軒」の前に降り立った烏丸は、「うなぎ茶漬け」にくぎ付けになってしまいます。

中でも食べられると言われ、「俺もはいってええの?」と聞き返しました。

烏丸はカラスなので、人の屋敷に足を入れられることにウキウキしているのです。

 

お米だけでも量があり、お茶を入れたらふくらみそうなホカホカ丼です。

「いただきます」

手を合わせ、ほうじ茶をかけ食べ始めました。

うなぎから出てくる出汁がシンプルですが贅沢に感じ、山椒もまた美味しいのです。

段々とうなぎの油が全体にまわり、味が濃くなっていきます。

 

漬物を食べるとそれは奈良漬けでした。

人間の姿になっている間、酔っぱらってしまうと姿を保つことができないため、あまり口にしてはいけないのです。

奈良漬けでは大丈夫だった烏丸でしたが、頭はガンガンしていました。

お茶と焼きよもぎ餅を食べ、ほっこりしてしまった烏丸。

すっかり時間がたつのを忘れてしまっていました。

 

烏寺には宿主であるばあちゃんが住んでおり、カラスの世話を何かと焼いてくれます。

世間は夏休みに入り、ばあちゃんも家族と共に出かけることになりました。

カラスに夏休みはないけれど、一度はバカンスをしてみたいと思ったカラスは旅行雑誌を開き、「目的のある田舎旅」のページを開きました。

自称都会っ子のカラス。

田舎の完全予約制レストランに行こうと決め、初めての夏休みの予定が決まったのです。

 

京都バスで一時間ほど、えっちらおっちら行ったところにのどかな大原の地がありました。

観光客のまだ少ない古き良き今日の古里、からすが選んだその場所は古民家レストラン「わっぱ堂」です。

すべて大原でとれたものでできている色とりどりの料理は、前菜からデザートまで順番にやってきます。

どれも綺麗で美味しく、大原への愛が料理から伝わるものばかりでした。

 

カラスが烏丸として人間の世界に紛れ込んでいたある日、伏見稲荷のお稲荷様に沢山の手形をつけられるという出来事が起きます。

それはお稲荷様からの警告でした。

人間に近づくことが危険であり、監視下に置くというのです。

 

カラスは、河原町の「乙羽」のいなり寿司を手土産に、取引をしました。

月一でいなり寿司を届けるというカラスの案に乗ったお稲荷様は、いなりの手形を身体から消してくれたのです。

帰りがけ、お稲荷様はいいました。

「烏寺のカラス、二羽で一羽。なんでお前は一羽でいる?」

カラスは答えず去っていきました。

 

▼↓サイト内にて『カラスといとし京都めし』と検索↓
▽スマホ・PCで『カラスといとし京都めし』を立ち読みしたい

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

あたりのキッチン! 
異世界駅舎の喫茶店 おすすめ!
忘却のサチコ おすすめ!
衛宮さんちの今日のごはん おすすめ!

↑「カラスといとし京都めし」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

カラスといとし京都めしを読んだ感想!

 

もともと「焦がればカラス京都いとしめし」というタイトルで連載されている作品で、コミックス化に伴い、「カラスといとし京都めし」というタイトルになった作品です。

 

その名前の通り、カラスの愛する京都の実在するお店や、食べ物が紹介されているのですが、紹介するだけではなく、ストーリーに色々伏線を張っていて、物語自体にも楽しみな部分が多くあります。

カラスが食べ物を食べる時に、とても美味しそうに食べるので、京都に行って食べたい!という気持ちが湧き上がってきます。

 

お腹がすいてくる話ですね。

作者の方が、京都の料理をこよなく愛しているのがよくわかりますし、そのどれもが、観光ガイドブックなどではわからないような、地元の人が愛するお店なのだということがわかります。

カラスの他に、ハトも出てきて、今後の内容がとても楽しみでしかたありません。

まだ読んだことのない方は、ぜひ一度読んでみてください。

 

▼↓サイト内にて『カラスといとし京都めし』と検索↓
▽スマホ・PCで『カラスといとし京都めし』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!