いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

ラブカフェモカ(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

嶋二先生の作品『ラブカフェモカ』

 

隠れドSギャルソン×小悪魔フェロモンの2人がひょんなことから急接近…!??

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『ラブカフェモカ』と検索。
▽スマホ・PCで『ラブカフェモカ』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

ラブカフェモカのあらすじは?

 

「一郎くんなんてキライ!」

店内に響く女性の声。

冷たい水をかけられる男性。

 

カフェで働いている藤は「まるでドラマのワンシーンみたいだな」と

この毎度行われる修羅場を見てきた。

そしてびしょびしょになった一郎と呼ばれるこのカフェの常連客に

「どうぞ」とタオルを渡す。

「ありがとう」という顔もイケメン。

水も滴る…とか言うけどその通りです。

 

「付き合ってもないのに別れないで、て言われても、ねえ?」

藤もこっち“ねえ?…て言われてもね”と心の中で思います。

そして上の服を乾かすことにし

「あと、あったかいモカが飲みたいなあ」と微笑む一郎。

 

裏では、女性店員が一郎を見ながら

「一郎くんて何してる人なんだろう」「さあ…」と答える藤。

この修羅場が今回が初めてではない。「これで何人目?」と言うほど。

こんな平日の真っ昼間にのんびりカフェが出来るなんて

ホストなのではないかと推測をする。

 

「これから同伴なんだわ、王子」

王子って…と自分に言われても分からないと言う藤くんに

「聞いてみてよ」とあっけらかんとした表情で言われ「何で、俺がァ」と少し面倒くさそう。

「だって一郎くん。藤くんのこと気に入ってるんだもん。」と

言うと一郎と目が合う藤。ひらひらと手を振る一郎。

“男に気に入られても嬉しくねー。”

 

藤が仕事を上がる時間、店から出ると男性2人が一悶着しているようだった。

どうやら1人は嫌がってるようだがもう1人の方が「好きなんだ」と言い寄ってるようで…

ゲイの痴話喧嘩かよ、他所でやれよと無視していたら…確かに聞こえたのだ。

「ねえ、一郎くん!」とね。

 


ラブカフェモカ

↑サイト内にて『ラブカフェモカ』と検索↑

 

ラブカフェモカのネタバレ!

 

まさか一郎…!!?と2人の前でピタッと足を止めてしまった。

そこには、男性に腕を掴まれている一郎が「近所迷惑なんだけど、君…誰だっけ」と

見覚えのない人に迫られているようでした。

逆上した男性が一郎を引き寄せようとした時、藤が思わず前に踏み出してしまい

靴の音が…一郎と男性と目がバッチリと合ってしまう。

 

“しまった”

男性は、一郎の手を離しその場を逃げてしまった。

その後、流れるのは気まずい何とも言えない空気。

「…ありがとう」

フッと笑う一郎。

「…別に、何もしてない…」という藤にそれでも助かったと何故かハハッと笑っている。

そこでちょっと踏み込んだことを言ってみる。

「…毎度思うんだけど、あんた付き合う人もうちょっと考えた方がいいよ。」と

言い、帰ろうとする藤。

すると藤のフードを掴む一郎。

 

「別に付き合ってないけど?僕って何かしら人寄せ付けちゃうみたいでさぁ」

「さっきのも勝手について来てるだけなんだけど」

へらっと笑う一郎。

まさか男にストーカーされてるとは思わなかった藤。

男も女も寄せ付けちゃう一郎くんの魅力…。

どこかで見たことあるような気もするけど思い出せない。

でも最近、よく見掛けるんだと言います。

「どうしよう、君とここで別れて明日からお店行けなくなっちゃったら」

んんん!?

それは…まさか…家まで送れと!?

はい、藤くん一郎くんを送りましたよ。

 

立派なマンションに住んでいる一郎。

本当に何の仕事してるんだと更に謎が深まってきました。

するとさっきの男性がマンションの前まで着いてきていることに気付く2人。

「君のこと勘違いしちゃってるかもねー。恋人だって」

直ぐ「うそうそ」と言ったもののそんなことスラッと言えちゃうのが

…ちょっとからかわれている事にも気付き、少し怒りマーク。藤くんもここで反撃です。

 

「じゃあ、恋人のフリしときます?そしたら諦めるかもしんないスよ。」

横目でチラッと見る一郎くん。

少しドキッとしてしまった藤だが「なんつって」と

冗談だということを伝えると「そうしよう」とまさかの…

何も言う間もなく、一郎に唇を奪われてしまう藤。

唇が離れ、フッと余裕の笑み。

そして「おやすみ」と微笑みながらマンションの中へ入って行く。

 

その場から動けない藤くん。

男に奪われたと放心状態。

それから何事も無かったかのように一郎が店に訪れ

接され藤の方が変に何か意識してしまう。

お会計の時に「…その後どうスか。ストーカー」と

しどろもどろに聞くと「ああ、まだいるよ」と平然とした様子で言う。

何もしてこないけどまた引っ越さなきゃいけないなぁと

何気なく言う一郎に思わず「じゃあ…しばらくうち来ます?」と言ってしまった藤。

何言ってるんだ…と自分でも思ったがすんなりとその言葉が出てしまった。

一郎が住んでいるマンションとは違って狭いアパートだが一郎を招き入れる。

 

案の定「狭い」と言う一郎。

一郎自身も「じゃあ。お世話になるね」と断る様子もなく

ひょこひょこと着いてきたのだった。

「…まあ、男2人じゃ手狭でしょうけどしばらくはいち…伊勢谷さん」

「ああ、一郎でいいよ。みんなそう呼んでるからさ。」

「え…」と固まる藤。

「ん?生徒がね」

まさかの一郎くん先生でした。

ホストではなく、先生!見えませんね←

一郎くんが先生をしているところを想像してそれはそれでありかも…

なんて考えてしまう藤くん、もう手遅れなのでは…

 

日々、一郎くんと接していく内に一郎くんの職業がホストではなく、

先生だと知っていることに不思議と優越感に浸ってしまったり自分の変化に驚く藤くんなのでした。

もしかしたら知らない間に藤くんも一郎くんに惹かれてしまっているのでは…。

2人の距離が縮まるのにはそんな長い時間は、掛かりませんでした。

 

▼↓サイト内にて『ラブカフェモカ』と検索↓
▽スマホ・PCで『ラブカフェモカ』を立ち読みしたい

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

レッドベリルにさよなら 
花恋つらね 
自分勝手。 
赤い糸の執行猶予 おすすめ! 

↑「ラブカフェモカ」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

ラブカフェモカを読んだ感想!

 

あのからかわれたから仕返した藤くん。

フラグを自ら立てにいったのかと思いましたね。

ああなること私は、分かっていました。

 

何か余裕そうな顔する一郎くんがイケメンで…

横目で見るところとか私さえもドキッとしてしまいましたね。

これから2人がどうなっていくのかとても気になるところですね!

 

接近していく2人の距離…ドキドキわくわくです!

小悪魔な感じの一郎くんがツボでした。

 

▼↓サイト内にて『ラブカフェモカ』と検索↓
▽スマホ・PCで『ラブカフェモカ』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!