いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

五百年目のマリオン(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

日笠優先生による作品である『五百年目のマリオン』(徳間書店

 

花の都・パリ――。

華やかなる舞台の裏で、殺気立つひとりの少女。

男嫌いのマリオンは、満員の劇場の中、美しい歌声で観客を魅了する。

すべてを、歌声にのせて――。

 

一か月前のパリ・モンマルトル。

少年の恰好をした一人の少女が、街の中を駆けまわっていた。

貧しい子どもたちとともに、盗みをするため、「子猫」と呼ばれていたマリオン。

マリオンの歌声は、偶然にもミュージックホールの作曲家の耳に入ることになる。

舞台に立ってみないかと誘われたマリオンだったが――。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『五百年目のマリオン』と検索。
▽スマホ・PCで『五百年目のマリオン』を無料で試し読み

 

五百年目のマリオンのあらすじは?

 

時は1940年。

パリのモンマルトルで暮らしている少女マリオンは、その日暮らしの生活をする浮浪児でした。

マリオンは少年の恰好をして、街中を駆け巡り、仲間の少年少女たちと共に、盗みを繰り返していました。

 

そんな少年少女たちが当たり前に暮らす街には、ドーリオンという老舗ミュージックホールがあります。

ドーリオンの関係者たちは、次の歌い手候補を探して躍起になっていたのです。

そんな時、マリオンの歌声がどこからか、作曲家の耳に届きます。

どうしてもマリオンに歌ってほしいと思いはじめた作曲家は、彼女を追って町中を走らせられるのでした。

 


五百年目のマリオン

↑サイト内にて『五百年目のマリオン』と検索↑

 

五百年目のマリオンのネタバレ・その後どうなる?

 

満員御礼のミュージックホール・ドーリオンの舞台袖から客席をのぞいていた少女の名前はマリオンと言います。

彼女は孤児院育ちで、働きながら学校へ通っていました。

歌が上手く、美しい顔立ちをしているマリオン。

 

「歌手を捜している」と言われ、パリのナイトクラブで歌える女の子を捜しているという男性に誘われたマリオン。

最初はバックコーラスから、そして目が出ればミュージックホールの大舞台だって夢じゃない、と言われ、パリにいくことを決意しました。

マリオンの見送りに、孤児院のみんなが駅まで来てくれます。

舞台に立ったら絶対に手紙で知らせると約束して、マリオンは汽車に乗ってパリへと出発したのです。

 

しかし、ナイトクラブとは名ばかりで、連れてこられたマリオンは、男性客に金で買われてしまうのです。

間一髪のところで、警察のガサ入れがあり、マリオンはナイトクラブを逃げ出すことに成功します。

襲われた恐怖と絶望感で、男性嫌いになったマリオンは、少年のような恰好をして、パリの町で盗みを働くようになりました。

新聞を盗み、ちぎって紙吹雪にし、マリオンは曲芸のように逆立ちをして見せます。

その隙に、仲間の少年少女たちが、市場のものを盗むという算段でした。

おまわりさんが追いかけてきますが、マリオンたちは汽車に飛び乗り、逃げおおせたのです。

 

マリオンは立派な窃盗団のボスになっていたのです。

「子猫(シャトン)」と呼ばれるようになっていたマリオンを、ドーリオンの作曲家で音楽監督のアーロン・ローゼンベルグが見ていました。

一度は見失ったマリオンでしたが、ある壁の内側から、美しい歌声が聞こえてきたのです。

マリオンが歌っていると知ったアーロンは、「ジャンヌ・ダルクになって、僕達を救ってくれないか?」と言いました。

アーロンはドーリオン劇場を救うべく、新しい歌手を捜していたのです。

 

支配人たちと三人でアーロンは劇場を救うため、ある計画を立てていました。

計画の内容は知らせぬまま、マリオンに歌ってほしいと頼むアーロンですが、マリオンは断ります。

一度、男性に騙されているマリオンからすれば、それは当たり前の事でした。

アーロンはそれでも食い下がりました。

「ドーリオンの舞台で待ってる、君の歌、とても良かった!」

歌を褒められたマリオンは、信用できないと思いつつも、ドーリオンまで足を運びました。

はじめての大きな舞台で歌を歌ってみて、支配人たちに褒められたマリオンは、舞台に立つことを決意しました。

しかし、アーロンは店を守るために、マリオンの歌を利用するつもりだったのです。

 

▼↓サイト内にて『五百年目のマリオン』と検索↓
▽スマホ・PCで『五百年目のマリオン』を立ち読みしたい

 

五百年目のマリオンを読んだ感想!

 

先の読めない展開の『五百年目のマリオン』ですが、ドイツに占領される前のフランス・パリが舞台と聞いて、マリオンがこの先どんなことに巻き込まれていってしまうのか、どうか幸せになってほしいと願いながら読みました。

マリオンの未来は明るいものになるのか、ただ単に歌姫になって終わり、な話ではなさそうなので、この先の展開がすごく気になりますね。

 

アーロンたちの計画とはいったい何なのでしょう…

劇場を守るためという計画に巻き込まれていくマリオンの運命はどうなってしまうのか、まだまだ分からないことだらけです。

 

ストーリーは歴史に絡んでいるものなので、歴史ものが好きな方や、人間の生きざまを描いた作品が好きな人などにおススメしたいですね。

まだ読んだことのない方、戦争の歴史に絡んだ、人間ドラマ作品が好きな方など、少しでも気になった方は、ぜひ一度読んでみてください。

 

▼↓サイト内にて『五百年目のマリオン』と検索↓
▽スマホ・PCで『五百年目のマリオン』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!