いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

マロニエ王国の七人の騎士(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

マロニエ王国の七人の騎士

岩本ナオ先生による作品である『マロニエ王国の七人の騎士』(小学館)

 

マロニエ王国には女将軍バリバラという人物がいた。

バリバラには7人の息子がいる。

 

長男の『眠くない』

次男の『博愛』

三男の『暑がりや』

四男の『寒がりや』

五男の『獣使い』

六男の『剣自慢』

七男の『はらぺこ』

そんな7人の騎士たち。

 

彼らの大義は…いつかかっこよく我が国のお姫様を助けること!

そんな彼らにバリバラは任務を与える。

 

マロニエ国の周囲には七つの国があり、それぞれの国に友好的であることをアピールする事。

大使として向かうことになった7人だったが――。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『マロニエ王国の七人の騎士』と検索。
▽スマホ・PCで『マロニエ王国の七人の騎士』を無料で試し読み

 

マロニエ王国の七人の騎士のあらすじは?

 

マロニエ王国にいる女将軍バリバラには7人の息子がいました。

名前を上から『眠くない』『博愛』『暑がりや』『寒がりや』『獣使い』『剣自慢』『はらぺこ』と言います。

 

彼らの大義は「いつかかっこよく我が国のお姫様を助けること!」でした。

そんな彼らに、母であるバリバラはある任務を与えます。

 

それはマロニエ王国の周辺国へ、友好的であるという事をアピールするための外交大使となることだったのです。

それぞれが名前の通りの特徴を持つ7人。

 

マロニエ王国の周辺国は、寒い国、夜の長い国、武力の国、好色の国、暖かい国、食べ物が豊富な国、生き物の国、という名前でした。

兄弟はバラバラに向かわなければいけなくなったのです。

 

マロニエ王国の七人の騎士
マロニエ王国の七人の騎士

↑サイト内にて『マロニエ王国の七人の騎士』と検索↑

 

マロニエ王国の七人の騎士のネタバレ・その後どうなる?

 

任務が決まりましたが、正式に出発するまで、王領のお世話くらいしかすることがない7人。

北にある国に行くのは『夜の長い国』に行く眠くないと『武力の国』にいく剣自慢、そして『寒い国』にいく暑がりやです。

北の国々は隙あらばマロニエ王国を占領して隣国を追い込みたいと考える国ばかりなのでした。

 

ある日、寒がりやは辺境伯のご子息であるブルーノの護衛を任されます。

ブルーノは、実は変装したマロニエ王国の姫なのですが、寒がりやは全く気付きませんでした。

 

一緒にドングリを拾いに行きましたが見つからず、寒がりやはブルーノを肩車して、クルミを枝から獲ろうと考えました。

ブルーノを肩車し、優しくされた寒がりやは、ブルーノが男だと思いつつもドキドキしてしまうのでした。

 

ブルーノにリスの散歩に付き合ってほしいと言われた寒がりやは、喜んで一緒に行くことにします。

そこでブルーノがお見合いで船に乗れば浸水し、連戦連敗中だと聞かされ、寒がりやはブルーノを励まします。

 

「誰かがブルーノ様に呪いをかけたんだとしても、俺なら大丈夫だから呪いにはならないし…」

その言葉を聞いたブルーノは、寒がりやと一緒に船に乗ってみることにしたのです。

 

ブルーノと一緒にいられることを嬉しく思った寒がりやでしたが、急に全身に寒気が襲ってきます。

それはくらくらするほどの寒さでしたが、ブルーノが手を握ってくれて、暖かさを感じることができたのです。

 

体感温度によって髪の毛の色が変化する寒がりや。

「誰かがブルーノ様のお見合いを邪魔しているのは確かです、でもこれは誰かが意図的にしていることだから、絶対に解決できます」

 

寒がりやの言葉に、ブルーノは何かを思いました。

眠くないが『夜の長い国』に出発する日が近づいてきていました。

 

眠くないは城代の娘であるエレオノーラという娘と結婚の約束をすることになります。

エレオノーラは男勝りで剣の腕も強い女の子です。

 

誰よりもしっかりしなくてはいけないという思いの強い『眠くない』には、過去に起きたトラウマのようなものがまだくすぶっていました。

エレオノーラと眠くない、そして貴族の息子であるヨアンが一緒に出発することになったのですが…。

 

▼↓サイト内にて『マロニエ王国の七人の騎士』と検索↓
▽スマホ・PCで『マロニエ王国の七人の騎士』を立ち読みしたい

 

マロニエ王国の七人の騎士を読んだ感想!

 

『金の国水の国』の岩本ナオ先生の作品で、騎士を主人公にした作品で、主人公たち7人の騎士の名前がとても変わっていて面白いなと思いました。

それぞれの特徴を表している名前を、なぜバリバラはつけることができたのか、すごく謎ですよね。

 

それにしても前作の『金の国水の国』も国の名前をA国、B国、ときちんと表記しなかったのですが、名前がまさか名詞ではないというのは、思い切った感じがしました。

それだけで、岩本先生が描くストーリーに力を入れているのを感じますし、引き付けられてしまいます。

 

出生の秘密もあるのかもしれないのですが、これから7人が友好国の大使として向かうことで、どのように国が変わっていくのか、とても楽しみですね。

寒がりやがお姫様の変装を、まったく気が付かないで、好きになってしまう事もすごく可愛らしく感じました。

 

剣の試合中にはらぺこが「お腹すいた」というシーンでみんなが離れるのですが、お腹がすいてしまったら何かあるのかな?と伏線を張っている感じがして今後の展開が気になります。

 

どなたでも楽しめる作品だと思います。

まだ読んだことのない方は、ぜひ一度読んでいただきたいです。

 

▼↓サイト内にて『マロニエ王国の七人の騎士』と検索↓
▽スマホ・PCで『マロニエ王国の七人の騎士』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!
マロニエ王国の七人の騎士