いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

もぐささん(漫画)のあらすじとネタバレ!個人的な感想もぜひ参考にどうぞ!

まさかあの子が… ウチの店に来るとは思ってもいなかった……。

しかもこんな時間に・・・・。

 

1年A組 百草 みのり(モグサ ミノリ)

彼女がたくさん食べてるイメージはない。

 

昼はいつもきゃしゃな体に似合う小さな弁当箱を持って中庭へ行く。

地味でしとやかな女の子だと思っていた彼女が… とんでもないボリュームのバクダンからあげ定食ダブルとギョウザを食べている!!?

 

小口 虎雄(コグチ トラオ)の家が経営している定食屋に、同じクラスの百草さんが食べに来た事から始まる物語。

 

よく観察すると登校・授業中・帰宅時間様々なところで見せる百草さんの食べる技に驚きの連続!!

ちょっと変わったふたりの新食感マンガ作品です。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『もぐささん』と検索。

『もぐささん』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

もぐささんのあらすじは?

 

小口 虎雄の家である定食屋に現れた同じクラスの百草 みのり。

大人しく、学校でも小さなお弁当を食べていた彼女が、バクダンからあげ定食とギョウザを食べている!?

美味しそうに食べる百草さん。

そのギャップにドキッとした小口。

見惚れていると、百草さんからお水を要求される。

 

お水を持っていく小口に百草さんも存在に気付く。

青ざめて汗が噴き出す百草さんにフォローを入れる小口だが、挙動不審のまま百草さんは帰ってしまった。

 

次の日、百草さんは普通だった。

普通に授業を受けていた。

考えるしぐさにも品があり、すごい真面目だ。

そう思っていた小口。

 

しかし、観察していると大きなウソに気づいた!!

 

授業中に小口が見たものは!?

ありとあらゆる手法で食べる百草さんのテクニックに感動する作品です!

 


もぐささん

↑サイト内にて『もぐささん』と検索↑

 

もぐささんのネタバレ・その後どうなる?

 

授業中、小口が百草さんを観察してわかったこと。

 

百草さんの手に持っているシャープペンだと思っていたもの。

 

それは≪プレッツエル≫

プレッツエルのお菓子を食べていた!!!!

 

筆記音のカリカリカリという音の中にプレッツエルの食べるとどうしても出てしまう音をうまくとけこませてごまかしていた!!!

 

そして、顔もプレッツエルをかじっているだけなのに授業の「平方根」について考えてますよ感を出す。

先生が横に来ても堂々としたふるまいでノートに書くふりまでしている。

 

そんな百草さんの本当の姿を見た小口。

百草さんに軽い気持ちで話したところ、

≪プばっ
はばば
ばばばはばばばばばば
ばれてたの!?
プレッツエル≫

 

百草さんの動揺ははんぱなかった。

 

自分の事を意地汚い、ぶたですっ!!

と、卑下する百草さん。

 

百草さんは友達にも秘密にしているので何でもするから言わないでと頼む。

 

すると小口は「じゃあさ・・・・・・オレとつきあってよ」と言う。

 

口走ったことを後悔して、とっさに近くのソフトクリーム屋に男一人だと入りずらいから!!と慌てて付け足す。

 

百草さんは了承し、二人で放課後アイスを食べる。

百草さんの食い意地に惹かれていく小口。

 

こうして秘密の食べ友となり、色々なお店を出回り食を堪能していくお話しです。

 

この後、学級委員長の平 ちぐみに授業中百草さんの≪技≫を見られる!!?

そしてその委員長にも秘密が!!?

 

百草さんに大食いライバルが出現!!??

挑んでくる百草さんにばれてしまうのではないかとヒヤヒヤな展開!!

 

賑やかになって、益々百草さんの食べる≪技≫もあがる!!?

 

徐々に仲を縮めていく百草さんと小口の関係は更なる展開を呼び起こす学園ギャグ・グルメ漫画です!

 

大人気作品となり、高校生活を一区切りさせ【もぐささん】は最終回を迎えました。

ラストは後味もよく、綺麗に終わりました。

 

その後、大学生となった百草さんの「もぐささんは食欲と闘う」が連載スタート!!

 

『もぐささん』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『もぐささん』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

恋ちらかして おすすめ!
地球のおわりは恋のはじまり おすすめ!
それでも僕らはヤってない おすすめ!
ひめごとははなぞの 
オトメン 

↑「もぐささん」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

もぐささんは食欲と闘う

↑「もぐささん」同じ作者の上記漫画もおすすめです!

 

もぐささんを読んでの感想!

 

百草さんの食べる意志の強さが本当にすごいです!!

昼ごはんの時間。

勉強の日と決め、友達と離れてごはんを食べる。

 

しかし、手には小さなお弁当箱と辞書のみ。

足りるのか?と気になった小口が後をつけて行って見たものそれは。

 

百草さんの辞書の中には白米がギッシリ!!

その時の小口の突っ込み

≪木漏れ日の勉強女子が、こぼれぎみの弁当女子になっちゃったよ≫のセリフがうまい!!と思ってしまいました(笑)

結局大きな辞書には白米ギッシリ。

小さなお弁当箱の中にはおかずが入っているという。

 

百草さんのお母さん、量も工夫も大変だなぁって思いました。

 

単行本ですが、表紙と裏表紙には普通にタイトルと絵が書いてありますが、何やら手触りがゴツゴツしてる???

大きな丸や小さな丸。

様々な丸がボコボコしているので触りながら考えてみたのですが、もしかしてこれって・・・・。

 

百草さんのよだr・・・?(笑)

しかも伸ばした跡もある(笑)

 

ちょっとした工夫がされている単行本でした。

 

因みに【もぐささん】ですが、高校生活を一区切りに最終回を迎えましたが、物語としてもスッキリ終わりました。

 

あぁ終わってしまったなぁ・・・とページをめくると。

【もぐささんは食欲と闘う】が新連載!!の文字が。

 

大学生になった、もぐささんの食欲と闘うお話しが続きます。

これも、もちろん見ます!!

 

あれだけの食欲旺盛のもぐささん。

大学生になったからと言って、食欲を抑えられるのでしょうか!?

 

今後のもぐささんの食欲への素晴らしい≪技≫も期待できる作品です。

 

『もぐささん』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『もぐささん』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!