いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

僕のヒーローアカデミアのネタバレとあらすじ!人気アニメの原作漫画の感想も!

「小心者で無個性の君だったからこそ、私は動かされた」

何の「個性」のない少年が、世界のヒーローになる!努力が織りなす王道漫画!

 

堀越耕平先生の僕のヒーローアカデミア(集英社)はいかがでしょうか?

誰もが憧れる「ヒーロー」になりたい!無個性な少年の努力の物語・・・☆★☆

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『僕のヒーローアカデミア』と検索。

『僕のヒーローアカデミア』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

僕のヒーローアカデミアのあらすじは?

 

「発光した赤子が生まれた」この1件のニュースが世界を驚かせました。

しかし、ニュースはこれで終わりではなかったのです。

 

各地で超常現象が人々を襲いました。

物質を宙に浮かせる、冷気を纏う、火を噴く・・・そしていつしか、超常は日常へ!架空は現実へ!

この能力を、人々のために!この能力を欲望のために!

 

そんな世界では珍しい「異常」である無個性だった少年、緑谷出久(ミドリヤ イズク)、通称デク。

 

そんなデクは小さな頃から、世界的ヒーローであり平和の象徴の「オールマイト」と呼ばれるヒーローに憧れていました。

 

自分にどんな個性がでるのだろう、自分はどんなヒーローになるのだろう・・・そんな夢を小さな頃から抱いていました。

 

しかし、通常の子供であれば4歳までに発生する「個性」と呼ばれる能力が、デクにはいつまで経っても発生しなかったのです。

 

何かの病気なのかと心配した母親が病院に連れて行くと、医師が下した診察結果は「個性は出ない」という結果でした。

 

「人は生まれながらにして平等ではない」

 

少年が齢4歳にして初めて知った社会の現実であり、しかし彼の最初で「最後」の挫折。

 

デクは自分が無個性であっても、どんなにいじめられ馬鹿にされても、決して諦めることはなく夢であるヒーローに向かって努力を続けるのです。

 

そんなデクも中学3年生となり、デクは立派な「ヒーローオタク」としてヒーロー研究を続けていました。

 

日々デビューを果たす新しいヒーロー達、人命救助や犯罪阻止として働き活躍しているヒーローなどを「将来の為のヒーロー分析」のノートに事細かく書き込み、いずれ自分だって!と一流のヒーローを多く輩出している「雄英高校・ヒーロー科」への受験を決めます。

 

しかし、それを聞いたクラスメイトには笑われ「無個性のお前がヒーローになんてなれるわけない」と馬鹿にされてしまいます。

 

そして幼馴染である爆豪勝己(バクゴウ カツキ)には「受験をやめろ」と脅されます。

 

彼は恵まれた個性から、実力がありプライドも高く「この中学から始めての雄英合格者」という肩書きにこだわっていました。

 

そして無個性であるデクをいじめ、クラスメイトの個性ですら「没個性」と呼んでいるのです。

 

デクというニックネームも彼が幼い頃につけたものでした。出久はデクとも読める・・・そしてデクとは木偶の坊の事で、何もできない雑魚で出来損ないの事だと。

 

デクに「お前にできるのは来世は個性が宿る事を信じて屋上から飛び降りる事」だと言い放つのです。

 

しかしデクは諦めません。

 

自分が無個性だと知った時、母が泣いて謝った時、周りの言う事など気にせず突き進むのだと決めたのです。

 

そんな無個性でいじめられっ子の少年、緑谷出久がヒーローを目指す、友情!努力!勝利!大人気週刊少年誌・ジャンプの王道バトルマンガが今始まります。

 


僕のヒーローアカデミア

↑サイト内にて『僕のヒーローアカデミア』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

喧嘩番長 乙女~恋のバトルロワイヤル~ おすすめ!
もののて おすすめ!
レッドドラゴン おすすめ!
ゴールデンカムイ おすすめ!
終わりのセラフ 

↑「僕のヒーローアカデミア」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

逢魔ヶ刻動物園

↑「僕のヒーローアカデミア」同じ作者の上記漫画もおすすめです!

 

僕のヒーローアカデミアのネタバレ!

 

デクが落ち込みながら歩いていると、街で逃亡中の敵(ヴィラン)がデクの前に現れます。

 

逃亡中のヴィランは体を液体化させる個性の持ち主で、強盗を犯しとあるヒーローから逃げている最中でした。

 

ちょうど良く現れたデクの体を乗っ取り、ヒーローを撒こうと考えているのです。

 

簡単に捕まってしまったデク、もがき苦しみ、もうだめだ・・・と思ったその時、デクが「何度も」聞いたことのある声がします。

 

「もう大丈夫だ少年、私が来た!」

 

筋骨隆々のヒーローが「テキサススマッシュ」とつぶやきながらヴィランを殴りつけると、激しい風圧によってそのヴィランは吹き飛ばされました。

 

デクは薄れゆく意識の中、ヒーローの姿をしっかりと見るのです。

 

自分を助けてくれたのは、小さな頃から憧れて、動画サイトで何回も見た、平和の象徴「オールマイト」だと。

 

デクが目を覚ますと、オールマイトがお礼と謝罪を述べます。ヴィラン退治に巻き込んですまなかった、そしてありがとう!と。

 

液体のヴィランはペットボトルに詰められ、オールマイトはそれを警察に届けようと、強靭な筋肉で地面を蹴りジャンプしました。

 

しかしデクはオールマイトの足を掴み、聞きたいことがある!と彼の足をけして離しませんでした。

 

とあるビルの屋上に降ろされ、デクは尋ねます「個性が無くても、ヒーローになれますか!?」

 

気にしないと上を向き続けてきたデクは、憧れのヒーローに言って欲しかったのです「なれるよ。当たり前だろ!」と。

 

しかし答えをもらう前にオールマイトに異変が起こります。

 

蒸気が体を包み、デクが顔を上げた時にはやせ細った、オールマイトとは似ても似つかぬ男性に変わっていたのです。

 

彼はヴィランとの戦闘で内臓に大打撃を負い、ヒーローとしての活動時間は1日3時間に限られてしまっているのでした。

 

時間をオーバーすると、弱りきった姿に戻ってしまうとデクに告げます。

 

しかし、その存在だけでヴィランを抑制できる彼にとってこの弱点は一番知られたくないことでした。

 

オールマイトはこの事を世間で公表しない事、そしてヒーローとは命懸けであり、個性がなくても成り立つとは言えないとデクを厳しく諭します。

 

夢を見るのは悪くないが、現実も見るべきなのだと。

 

デクが落ち込みながら街を歩いていると、何やらザワザワとしています。

 

またしても新しいヴィランが出たのだと、デクは興味を抑える事が出来ずに人だかりに目をやると、何と先ほど自分を襲った液体のヴィランが街中で暴れているのです。

 

デクはあのヴィランが、自分がオールマイトの足にしがみついた時に空中から落下し、逃げ出した事を知るのです。

 

見物している人によると、中学生が捕まりもがき抵抗しているようでした。

 

あんな苦しい事を同じ中学生が自分のせいで耐えているのだと思うと、デクは居ても立ってもいられず見物人をかき分け、見物人の一番前に出ます。

 

その時にデクの方を見た、少年の顔はいじめっ子で幼馴染の爆豪でした。

 

デクは瞬時に駆け出します。彼の中のヒーローが考える間も与えず体を動かしていたのです。

 

駆け付け、被害を抑えようとしていたヒーロー達の声も聞かずにデクはヴィランの前に踊り出ます。

 

こんな時にどうすれば、どういう行動をとれば、デクは頭の中に入っている「分析ノート」の情報を瞬時に思いつき、自分のリュックを投げつけます。

 

そしてヴィランに飛びつき、爆豪の口元を覆っている液体をなんとかしようと奮闘します。

 

爆豪が息も絶え絶えに「なんで来た!?」とデクを怒鳴りつけます。

 

「君が、助けを求める顔をしていた」

 

無個性で小心者だった彼が、その場で一番ヒーローだったのです。

 

見物人の中でそれを見ていたオールマイトは己を恥じます。

 

自分が活動限界だからと、他人に任せようとしてしまった自分に、そしてデクに諭しておいて救出へいち早く駈け出さなかった心に。

 

オールマイトは力を振り絞り、またも風圧で二人の少年を助け出しました。

 

他のヒーローからこっぴどく叱られたデクは、トボトボと帰ります。

 

しかしまたも目の前にオールマイトが現れ、デクに言います「君はヒーローになれる!」この言葉は、デクが誰かに、そして憧れのヒーローに言って欲しかった言葉なのでした。

 

オールマイトの個性は「ワン・フォー・オール」と呼ばれ、人から人へ受け継がれている個性だと、デクは知ります。

 

その個性をオールマイトはデクに授ける言うのです。デクには断る理由がありません。

 


僕のヒーローアカデミア

↑サイト内にて『僕のヒーローアカデミア』と検索↑

 

二日後、厳しい訓練が始まりました。

 

体を鍛えないと力を受けきれずに四肢が吹き飛んでしまうというのです。

 

オールマイトは日々のトレーニングに不法投棄で汚れた公園を綺麗に掃除する事を言い渡しました。

 

大きなものから小さなものまで、使う筋肉は様々であり、それはとても厳しい訓練でした。

 

その訓練の他にも筋トレから食事制限まで。

 

それらをきっちりこなし、力を授かった上で受験を合格する事が目標です。

 

しかし、デクは焦る気持ちからオーバーワークをしてしまい倒れてしまいます。

 

オールマイトに叱られますが、デクも譲りません。学校に合格するだけじゃ嫌なのだと。

努力してオールマイトみたいなヒーローになるのだと。

 

そんなデクにまたもオールマイトは心を動かされました。

 

受験当日の朝、デクは指定された区域よりも広い区域を綺麗に片付けあげ、オールマイトから個性を授けられます。

 

DNAを取り込むことでその能力を手にしたデクはその個性を試す間も無く受験に挑むことになりました。

 

受験内容は施設内に放たれた機械の仮想ヴィランを倒しポイントを稼ぐという内容です。

 

しかしデクは時間ギリギリまで1体も倒せず、0ポイントのまま・・・焦る気持ちで走り回りますが、目の前に「倒しても意味のない、巨大なお邪魔ヴィラン」が現れ、受験者たちは逃げ出します。

 

デクも逃げようとしますが、お邪魔ヴィランの足元に女の子が!デクの中のヒーローがまたも彼を動かします。

 

0ポイントだなんて関係ない!

 

大きく飛び上がり、お邪魔ヴィランを殴り飛ばしたデク。

 

これが自分が授かった個性なのだと感動します。

 

しかし両足と右手に激しい痛みが!足と腕の骨がグチャグチャに損傷しているのです!まだ力を手にする器を手にいれただけで、力を使いこなすことはできないのだと、デクは空中を落下しながら絶望しました。

 

あぁ、このまま落下して死んでしまうのか・・・その時、助けた女の子が間一髪、個性でデクを助けます。

 

彼女の個性は触れた物の重さを無くす個性でした。ふわりと地面に倒れたデクは、0ポイントのまま受験を終えました。

 

体は学校に所属しているヒーローの個性で治癒してもらいましたが、デクは落第を確信し、抜け殻のような毎日を送ります。

 

そして、雄英高校から合否の手紙が・・・

 

手紙の中には、小型の射影機のような物が入っており、パッと起動します。

 

そこにはオールマイトの姿が・・・そしてオールマイトが告げます0ポイントの者は不合格だと。

 

「しかし、それだけならね」

 

オールマイトはデクが助けた女の子が、デクにポイントを分けたいと申し出たことを告げます。

 

そして、審査員が見ていたのは倒したポイントだけではないという事も。

 

審査員は映像を通して全員の「救急活動ポイント」を見ており、そしてそれは数ではなく審査制であると!

 

緑谷出久、60ポイント!そして先ほどの女の子、麗日お茶子(ウララカ オチャコ)45ポイント!

 

デクは数多くの受験者を凌ぎ、7位という好成績で雄英高校に合格したのでした。

 

学試験を終えたデクは個性を使って行う体力テストや戦闘訓練などを受け、多くの友人に囲まれながら小さな頃からの夢だった、ヒーローへ向けて大きな一歩を踏み出したのでした。

 

『僕のヒーローアカデミア』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『僕のヒーローアカデミア』と検索↑

 

僕のヒーローアカデミアの感想!

 

2016年4月にアニメ化された、僕のヒーローアカデミアを書かせていただきました。

 

カードゲームや3DSでのゲームにもなっており、今注目の作品です。

 

アニメの主題歌はポルノグラフィティの「THE DAY」、主人公である緑谷出久の声優は、あの弱虫ペダルで主人公を演じた山下大輝と気合いの入りようがわかります。

 

今後デクは多くの困難に立ち向かい、それを授かった個性だけではなく、自分の中のヒーローを奮い立たせながら乗り越えて行きます。

 

多くの友人でありライバルと、ヒーローとして人間として大きく成長させ合いながら、学校生活を送るのです。

 

堀越耕平先生の高い画力や、表現、世界観に引き込まれることでしょう。

デクの勇気に読む人も震える、そんな作品です。

 

そして、THE・王道マンガ!と言っても過言ではないのではないでしょうか。

アメコミ風な表現も多く、ギャグ要素も取り入れた主人公の成長マンガ。

勝利・友情・勝利の3拍子もバッチリ整っています。

無個性の出久が個性を得て、トップヒーローを目指すという基軸になっています。

かつて無個性の為に、差別や馬鹿にされることもしばしば。この世が平等でないことを、たった4歳で理解することになります。

ただ、出久のスゴイところは、どれだけ冷遇されようとも心根を曲げずに真っすぐ自分の正義を大切にしています。

力がない・向いていない・ヒーローじゃないから…そんな言い訳はせず、助けを求めていると感じれば手を差し伸べてしまう天性のお節介が魅力的です。

そして、マンガでは大切なことですよね?

カッコいいキャラクター・可愛いキャラクターがとにかく多い!

出久は勿論、クラスメイトやライバルだけでなく、教師にプロヒーローにヴィランまで!!

悩みや、熱い思いを持ったキャラクターが多く、名言・名シーンの数も多く、共感できることも多いのでは無いでしょうか?

読んでいる間に、きっとファンになってしまうこと間違いなしです!

筆者が深く胸を打たれたシーン・3つの名言!

 

1.「聞こえるか心操 おまえ すげェぞ」

体育祭で普通科の生徒たちが、心操人使にかけた一言。

“洗脳”という強い個性を持っているが、周囲に「ヴィラン向き」と散々言われてきたが、ずっとヒーローに憧れていた。

しかし、ヒーロー科の入試ではその個性を活かすこともできずに落ちてしまっていた。

ヒーロー科への転科を目標に体育祭では、最終戦まで残り出久と対決をするが負けてしまった。

その戦いを見て、同級生は「普通科の星」と称え、プロヒーロー達には「すごい個性だ」、「戦闘経験の差は仕方ない」と言われていた。

出久とは、また違う形でずっと個性に悩まされてきたが、ようやく救われた。

皆さんも悪くしか言われてこなかったものが、褒められるとホッとしませんか?そんな表情までもが伝わってくる名場面&名言です。

 

2.「なりてえもん ちゃんと見ろ!!」

職業体験中にヒーロー殺しに遭遇した飯田に言い放った轟のセリフ。

体育祭を通し、両親と向き合い成長したと思えるこの一言!

ずっと、父親との確執で使わなかった炎の個性。

出久によって救われたことで、個性を使うようになり父親を許せないながらにも向き合っていくことを決めた彼だからこそ飯田の辛さも、どういう言葉をかけたら良いのか分かったのではないでしょうか。

いろいろなことに言えますが、困難な壁や不遇・不運なことがあるほど、正しく物事を捉えたり、考えたりすることが難しいですよね。

きちんと正面を向いて真っすぐ突き進んでいく強さが必要なのかもしれませんね。

そして、物語もこのあたりになっていくと…出久の名言は勿論ですが、轟の名言もバンバン出てきます。彼のファンの方も多いのでは?

 


僕のヒーローアカデミア

↑サイト内にて『僕のヒーローアカデミア』と検索↑

 

3.「折れて 折れて 自分捻じ曲げてでも選んだ勝ち方でそれすら敵わねえなんて ―――…嫌だ……!!!」

自尊心が高く、クラスメイトからは「クソを下水で煮込んだような性格」と言われる程だった爆豪が期末試験で確執のあった幼馴染・出久と協力して№1ヒーローであるオールマイトを倒さなくてはならなくなった。

協力など一切する気のない爆豪であったが、最後には爆豪が折れて協力することになる。

爆豪が協力したことも凄いが、価値に対する執着がスゴイ!意外と冷静に考えることが出来る爆豪が、出久には熱くなってしまいがち。

かなりの妥協が彼の中にあったのでは無いでしょうか。

幼馴染としての二人の仲は最悪ですが、出久は爆豪をずっと羨ましいとも、ある意味尊敬もしていた。

しかし、爆豪はずっと馬鹿にしていたし、幼少から周囲に「爆豪なら大丈夫」と思われがちな所を、出久は「大丈夫?」と声をかける…彼としても出久は、ある意味本当の自分に気づく人なのでは…!?と筆者は思いつつ読んでいるので、今後の堀越先生の展開に期待しています♪

 

さて、3つあげさせて頂きましたが、上記で述べたように他にも名場面・名言は多数あります。

更に、この漫画の楽しみどころをもう一つ提案させて頂きます。

堀越先生の過去の作品、「逢魔ヶ刻動物園」に出演していたキャラクターも多く登場します。

時には、モブとして…ある時は、ヒーローとして!探すことが難しいキャラクターも中にはいますが、是非、探して頂きたいです。

一番難しかったキャラクターですか?…華ちゃんと菊地君はいると知ってから発見まで時間がかかりました…1巻に登場するので1度読んだことがある方も、見つけてみてください。

熱い青春漫画だけでも、空想だけの世界でもない…どこか自分と共感することが出来るイチオシ漫画です。

 

『僕のヒーローアカデミア』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『僕のヒーローアカデミア』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!