いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

鬼平犯科帳(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

原作:池波正太郎/漫画:さいとう・たかを先生による作品である『鬼平犯科帳』(リイド社・文藝春秋)

 

天明7年(1787)――。

江戸城・清水門外、火付盗賊改方・御頭をつとめる長谷川平蔵。

平蔵は盗賊たちを次々とお縄にしていくのだった。

ときに人情に厚く、恐ろしいまでの強さをもった彼を人々はこう呼んだ…

――鬼の平蔵――

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『鬼平犯科帳』と検索。

『鬼平犯科帳』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

鬼平犯科帳のあらすじは?

 

『斬り捨て御免』を許された長谷川平蔵。

幕府の火付盗賊改方としてどんな悪も許さない平蔵は次々と盗賊どもを捕らえていく。

そして江戸の盗賊どもに「鬼の平蔵」(鬼平)と呼ばれるようになったのでした。

鬼平は部下や密偵を使って盗賊の洗い出しをしていきます。

密偵の中にはかつての盗賊だったものもいるのです。

彼らは鬼の平蔵の義理人情に厚い人柄に心底惚れて力を貸しているのです。

 

鬼平と共に活躍するのは小房の粂八(こぶさのくめはち)という男です。

その昔、火付盗賊改方長官を解任されていた鬼平。

「血頭の丹兵衛」という急ぎ働きをする盗賊に手を焼いていた幕府によってその役にもどされることになった。

鬼平は牢屋に昔、丹兵衛の手下だった粂八がいることに目をつけます。

「粂、げんきかえ?」鬼平は粂八を密偵として使いたいと思っていました。

粂八は話をする中で今急ぎ働きをしている盗賊は「本物の丹兵衛ではない」と言い出します。

丹兵衛の手下だった粂八は丹兵衛の「盗みの3か条」を守る姿に心酔していました。

あんな盗みをするのは偽物だと言い張る粂八を牢屋から出して捜査に協力させるように仕向けたのです。

 


鬼平犯科帳

↑サイト内にて『鬼平犯科帳』と検索↑

 

鬼平犯科帳のネタバレ!

 

丹兵衛一味に狙われた万屋に生き残った者がいました。

その者の話によると丹兵衛一味は東海道の島田宿で落ち合うという話をしていたという情報を得て粂八を島田宿へと向かわせる鬼平。

その間に江戸では「血頭の丹兵衛」を名乗る、「盗みの3か条」を守る盗賊が現れます。

島田宿に向かった粂八が見たもの、それはかつて心酔した「血頭の丹兵衛」などではなく、急ぎ働きもいとわない薄汚い盗賊になり果てた丹兵衛の姿でした。

本物の丹兵衛ではあるものの苦い思いを抱いた粂八は最後まで「あれは偽物だ」と言い張りました。

 

江戸に現れた「盗みの3か条」を守る盗賊は、昔、丹兵衛と親交も深く名を連ねるほどの大盗賊「篝火の喜之助」だったのです。

すっかり歳をとってしまっていた喜之助でしたが「血頭の丹兵衛」の名誉を守るために仕事をしたというのです。

丹兵衛にあった粂八でしたが喜之助にも丹兵衛が本物だったことは告げずに帰路につくのでした。

「盗みの3か条」とは殺さず、犯さず、貧しきから盗らずの三つです。

盗賊にも様々な者たちがいて鬼平はどんな手を使ってでも捕らえるのでした。

その後、粂八は鬼平の一番の密偵となり鬼平と共に江戸で起きる事件を解決していくこととなるのでした。

 

『鬼平犯科帳』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『鬼平犯科帳』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

PEACE MAKER 鐵 おすすめ!
風光る  
天堂家物語 
薔薇王の葬列 

↑「鬼平犯科帳」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

鬼平犯科帳を読んだ感想!

 

鬼平犯科帳といえば祖母の家でよく時代劇を見ていたのを思い出しました。

鬼平犯科帳大好きなお話なのです。

テレビで見ていたころは中村吉右衛門さんが演じていました。

粂八は蟹江敬三さんだったと思います。

勧善懲悪なお話なのですけれど人情味があってものすごくかっこいい男に見えました。

改めて漫画本を手に取ってみてもその男気溢れる長谷川平蔵に胸が熱くなりました。

 

池波正太郎先生の小説も時代物というよりドラマのような面白さで読むことができてしまうのですよね。

鬼の平蔵を軸に様々な人間模様が描かれていてとてもハマって読んでいたのをおもいだします。

その『鬼平犯科帳』がなんとアニメ化されるという話じゃないですか?!驚いてしまいましたよ…。

ホント、時代は変わったなぁという感じです。

ドラマを作るのでさえあれほど「原作にないものはやるな」と池波正太郎先生がおっしゃっていたのですが…

いいのでしょうか?なんて思っちゃったりもしました。

 

漫画本の方はといえば現在、ゴルゴ13のさいとうたかを先生が99巻まで描かれています。

99巻という数字に本当にびっくりしてしまいました。

毎回スカッとさせてくれるストーリー展開は読んでいる側も悪人に対してこいつめ!という思いで感情移入しながら読むことができました。

小説やドラマ版を知らない方でも楽しめる作品です。

どの巻から読んでも鬼平のカッコよさが分かると思います。

読むとわかると思うのですが部下たちの間抜けな部分も笑えたりします。

密偵の元盗賊たちの味があることといったら素晴らしいですよ。

この作品は人を選ばず面白く読めるのではないかと思うのですが、おススメしたい人はやはり歴史に興味がある方ですね。

本作品『鬼平犯科帳』だけではなく藤枝梅安もおすすめしたいくらい大好きな作品です。

100巻目は未定となっていますがぜひとも後世に残したい、そして続いてほしい作品ですね。

迷っている方はぜひ一度読んでみることをおススメしたいです。

 

『鬼平犯科帳』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『鬼平犯科帳』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!