いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

おちくぼ(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

おちくぼ

山内直美先生の作品『おちくぼ』

 

平安時代のシンデレラストーリーと呼ばれている“落窪物語”を題材にした作品です!

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『おちくぼ』と検索。
▽スマホ・PCで『おちくぼ』を無料で試し読み

 

おちくぼのあらすじは?

 

中納言家の姫は、生母が亡くなった事からなかなか立ち直れず、ご飯を食べずに涙ばかり流していた。

その時、傍にいたのが侍女で乳姉妹のあこきだった。

 

生母が亡くなった事により、これから父のお邸に行く事になった。

だがそこには、新しい義母と姉妹達が住んでいる。

 

不安そうにする姫の様子を見て、あこきは「では、あこきも一緒に参ります」と言います。

すると姫は、顔をあげて「ほんとうに?」と聞く。

 

あこきは「これからは、ずっとお側で姫さまをお守りします」と、姫を安心させるように抱き締めたのだった。

この時、あこきは強く姫を守ることを決めたのでした。

 

そして中納言邸に引っ越します。

あこきが台所に向かうと、この間手伝ってくれたお礼にと水菓子をもらいます。

 

嬉しそうにあこきは、また何かあったら声掛けてくださいねー!とその場で食べずに行ってしまいます。

 

「冷やしてあるんだからここで食べていけばいいのに。」

「ほら、落窪の君に…よ。」

 

そう聞くと納得して「継子いじめされているお姫さま…」とボソリ。

あこきが姫のいる部屋に向かうと、大きな怒鳴り声が中から聞こえてきたのです。

 

おちくぼ
おちくぼ

↑サイト内にて『おちくぼ』と検索↑

 

おちくぼのネタバレ!

 

まだ出来上がっていないの!?と義母に怒られていました。

今日中に仕上げるように言われていた着物が、まだ出来ていないのです。

姫は、申し訳なさそうに下を向いています。

 

「こんなことも満足に出来ないなんて、イヤイヤしているからなんだろうね。」

これでもかというくらい姫を蔑みます。

 

少しでも否定をしようとすると…。

「見苦しい言い訳はおやめ!」と言われ、お母さまはどんな育て方をしたんだろうね!と強く罵ったりするのです。

 

そして姫の部屋にある物を、何かと理由を付けて借りていきますよと持って行ってしまうのです。

因みに返しに来たことは1度もありません。

どれだけ大切にしてても義母には逆らう事が出来ないのです。

 

「また持って行かれてしまったわ…。」

そう悲しそうな顔で呟くことしか出来ません。

 

義母が出ていった後、直ぐにあこきが血相を変えて「姫さま!」と部屋に入ってきます。

「あれ、あれはなんですか!いつもいつも勝手に姫さまのものを…。」

 

あこきは大変怒っていますが、姫は宥めるように「大丈夫よ」と言います。

いつも何かしら持っていく義母に怒りが収まらないあこき。

「それに姫さまの手が遅いなどと言いがかりもはなはだしいわっ。」

 

「あこきは、そう言ってくれるけれどわたくしの手が遅いのはほんとうだもの。」

姫は、誰よりもこだわりが強く、こだわりさえ持たなければもっと早く縫い上げることが出来るのですが…。

 

何よりあこきは気にしている事がありました。

それは、姫を守ると約束したのに何も出来ないこと。

それが悔しくてあこきは堪らないのです。

 

「姫さまがお辛い目にあってらしても、わたし、ちっともお守りできていなくて…。」

「そんなことないわ、あこき。先程もあこきが出てくれば、お義母さまがさらにお怒りになると思って我慢して隠れていてくれたのでしょう?あこきがこのお邸についてきてくれて、わたくし、とても心強かった。それは今も同じよ。」

 

姫の側にいたいと思っているあこきですが、実際は北の方の三の君のお世話をさせられ、あまり姫と会う時間がとれていないのです。

けれど三の君にお仕えしていれば綺麗な衣装がもらえたり、綺麗な衣装を着たあこきが見れるのは、姫にとって嬉しいことでした。

 

「それに手があけば、好きな琴も弾くことが出来るし、なにより大好きな縫い物が出来るのですもの。」

 

ふふっと笑っている姫。

姫がそう言うなら…とあこきも言いたいところですが、そうはいきません。

 

「それでも!こんなお暮らしを肯定してはいけません!希望を捨ててはダメです!お母上さまは、皇族の血を引くお生まれで、おやさしくて気立てもよく、お美しい。

 

そんなお方がこんなひどいお暮らしをいつまでも続けるなんて、神仏がお許しになるはずがありませんわ!」

 

シンデレラのお話のように、イケメンの貴公子が白馬に乗って姫をこのお邸から救い出してくれる日を、あこきは待ち望んでいます。

初めてこのお邸に来て義母に会った時、好まれる事はないと姫は思ったのでした。

 

それは、その通りで姫に与えられた部屋は小さな部屋。

姫の母が揃えてくれた衣装も持っていかれ。

 

“落窪”と呼ばれる小部屋で落窪の君などと呼ばれる身になるなんて、さすがに姫も思いませんでした。

母が生きていたら、今ごろ素敵な衣装で裳着を終えて素敵な婿を迎えていたのかな、と夢に思います。

 

「(日々を重ねるにつらい思いが増えていく、毎日その思いの深いこの身を、どうしたらいいのかしら)」

 

怒りが収まらないあこきは、何とか姫を救い出そうと玉の輿を計画し始めたのですが、都一のプレイボーイ藤原道頼が姫に興味を持ち始め…!?

 

▼↓サイト内にて『おちくぼ』と検索↓
▽スマホ・PCで『おちくぼ』を立ち読みしたい

 

おちくぼを読んだ感想!

 

平安時代の名作落窪物語をコミカルに描かれている作品です。

絵も綺麗で、あこきが落窪の君を大切に思っているのがひしひしと伝わりました。

 

いじめられている辺りが、確かにシンデレラのようで、落窪の君が何とか幸せになれないものかと読みながら思っていました(笑

 

これからどうストーリーは進んでいくのか。

気になった方は、是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『おちくぼ』と検索↓
▽スマホ・PCで『おちくぼ』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!
おちくぼ