いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

P2!-let’s Play Pingpong!( レッツ プレイ ピンポン)-のあらすじは?漫画を読んだ感想も!久勢北中学校の仲間たちを紹介!

週刊初年ジャンプにてトップ10にはいるのでは無いだろうか?

と思えるほどの運動オンチな藍川ヒロムが主人公の「P2!-let’s Play Pingpong!-」(株式会社集英社)という漫画をご存知ですか?

江尻立真先生が描く卓球漫画です。

 

壊滅的な運動神経を持つヒロムが、卓球を通し今まで出来なかったスポーツに触れていくことで、スポーツが出来ることや勝つことの喜び、負けることへの口惜しさ…そして、努力することの大変さや才能の壁にあたっていきます。

 

挑戦することすら出来なかったヒロムの物語が今始まる!!

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『レッツ プレイ ピンポン』と検索。

『P2!-let’s Play Pingpong!』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

P2!-let’s Play Pingpong!のあらすじ

 

県立 久勢北中学校に入学した藍川ヒロムは非力・鈍足・金槌と、運動神経ゼロの持ち主。

長年スポーツへの憧れは強く、中学校入学を機に運動部への入部を決意。

しかし、やはりどの運動部に入部することも出来なかった。

 

そんな時に、卓球部に出会う。

ひょんなことから入部試験を受け、合格したヒロムの所属する卓球部は、昨年名門校である王華を破った中学卓球では注目の新鋭であった!

癖の強い仲間たちと素人のヒロムの戦いが、ここから始まる。

強者揃いのライバル達とのチーム戦が見逃せない♪友情、勝利、そして敗北の涙…恋もある青春スポーツ漫画!

 


P2!-let’s Play Pingpong!

↑サイト内にて『レッツ プレイ ピンポン』と検索↑

 

≪心強い久勢北中学校の仲間たちを一挙ご紹介!≫

 

●岩熊鉄男

唯一の3年生で、主将。

前陣速攻型の台に張り付いたスピードとピッチの速さで敵を圧倒するタイプである。

姿は、クマのようであり巨体であるが、瞬発力に優れた速筋の割合が非常に多く、天性の瞬発力の持ち主です。

2年次では、王華学園の主将である相馬との戦いの際に骨折。

そのまま試合に臨み勝利するが、怪我を理由に全国出場を辞退した過去を持つ。

3度選手生命を脅かす故障に見舞われるが、無事回復を果たしています。

卓球とは、“気合だ。心が負けた奴は決して勝てんぞ”とのことです。

 

●遊部遊

主将代理を務める2年生。関西弁を話す温和な性格であり、普段は体力温存・ブロック主体の速攻型であるが、本質は中陣から強力な回転で敵を射抜くドライブ型の戦い方を行う。

県下№1のドライブマンであり、秀鳳戦では張偉(チャン・ウェイ)に接戦の末に、腕を負傷するも勝利を納めます。

また、3年後の高校生になった際にはフルセットの結果、王華の相馬にも勝利を納めています。

卓球とは、“感性(センス)やろ。

感性がなかったら伸びへん”とのことです。

 

●川末涼

卓球部部長を務める2年生。

真面目な性格でクールな面を持つ一方で、卓球の試合ではかなり熱い想いを持っているようです。

卓球のスタイルは、台から離れ固い守備とカウンターで敵を翻弄するカット主戦型であるが、カットに重要である筋繊維が生まれつき人の7割程度しか有していないことから、敵がカットマンである場合勝つことが出来ないと言われています。

王華学園に通う晶は、妹であり日本女子卓球界の顔でもある。

また、両親は総合病院を経営しています。

卓球とは、“技術ですよ。

技術がなければ勝てません”とのことです。

 

●山雀輔

人の背中をすぐ叩く癖を持つ2年生。

ドライブ型の卓球を行うが、低い身長からは想像がつかないパワードライブを放つ。

眞白と確執が生まれるが、眞白の背景や事情を知ったこともあり眞白の謝罪を受け入れる程であり、わりと寛大な心を持っている。

 

●梟宇周二

常に前髪で目が隠れている2年生。

カットマンであり、新歓コンパの際には逆方向にはねるカットで1年生を驚かせたが、同時に“凄いけど凄い馬鹿だ”と思われてしまう一面も。

山雀とダブルスを努めており、仲間意識は強め。

しかし、山雀への眞白の行いや王華との練習試合の惨敗から一時期、部を去る決意もする。

 

●眞白裕也

1年前の市大会で行われた中学2年生以下の部で準優勝した経歴を持つ、1年生。

“天才”の異名を付けられており、ドライブ型の卓球が主体。

両親が幼い頃に離婚しており、母嫌に引き取られる。

しかし、母親が亡くなり王華の監督でもある父親へ“葬式に出席してほしい”旨を伝えるが、王華の大会を優先し葬式に来なかったことから恨みを持つようになる。

仮面をつけ自身の心を封じ過ごしていたが、ヒロムに見透かされたことを切っ掛けに仮面を外すようになる。

この頃から、黒い面を隠さなくなる。

 

●久遠寺真悟

1年前の小学5~6年生の部で3位の実績を持つ1年生であり、家は寺。

遊部が提案した新歓コンパ時に行われた的当てゲームでは、眞白に“やっぱ上手い”と言われる実力を持っている。

しかし、過酷な合宿後植芝と共に部活を休むことで、ヒロムと差が生じてしまい結果、レギュラーやベンチから外されてしまう。

しかし、その現実も甘んじて受け入れられる心の持ち主。

 

●植芝

ヒロムたち同様1年生であり、アトラスSCに所属していた。

23人いた新入生の中で僅かに残った一人であるが、“自分たちとは温度差がある”と川末に言われてしまう。

また、ヒロムがベンチ入りをしたことに少なからず快く思っていない模様。

 

●蒔絵薫

顧問であった沖野に代わりコーチを務めることになった女性教師。

久勢北中学の卒業生であり、岩熊が1年生の頃に半年で解任した過去がある。

鍼灸用の針をいつも口にしており、針を用いたマッサージも得意である。

自身も卓球経験者であり、かつては優秀な選手であった。

カワイイものが好きで、ヒロムが特にお気に入りのようです。

 

さて、いかがでしたか?

濃いメンバーが多数登場する中、実は一人ご紹介出来ていないキャラクターがおります。

遊部や川末たちの同級生である部員がもう一名おります。

1巻から登場する糸目の先輩なのですが、なんと最終巻まで名前が明かされることはありませんでした。

本編中でも練習に参加したり、藍川のベンチ入りに不満を漏らす植芝をたしなめたりする場面があるほどです。

謎が残る彼が気になるのは筆者だけで無いはずです。

 

『P2!-let’s Play Pingpong!』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『レッツ プレイ ピンポン』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

DAYS おすすめ!
少女ファイト おすすめ!
男水! おすすめ!
銀盤騎士 
背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 

↑「P2!-let’s Play Pingpong!」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

P2!-let’s Play Pingpong!を読んだ感想!

 

ある意味、THE・王道とも言えるスポーツ漫画です。

素人であり、運動オンチであったヒロムが出会いや強者との試合を通じレベルアップしていく…。

そんな王道のストーリーの中には、キャラクターたち一人ひとりの想いが籠っており、つい応援したい気持ちになってしまうでしょう。

生まれつきの問題や、天才という高いハードル…

そして、故障という選手生命にかかわる大きな壁。

乗り越えていくには、秘術や感性だけでなく強靭な心が必要でしょう。

そういった意味では、ヒロムの純粋さは大きな追い風になります。

嬉しいや悔しいさえ味わえなかったヒロムにとっては、壁やハードルよりも今どうするべきかが優先されていきます。

“惨めに負けるのが分かってて戦うのはやっぱヤだぜ”と言う山雀に対し、“そんなのより戦らないで終わる方がみじめなのに みんなぜいたくだ”とヒロムは言います。

ずっとスポーツを諦めてきたヒロムにとっては勝ち負けも大事ですが、それよりも戦えることを大切に思うべきだというヒロムらしいセリフでは無いでしょうか。

 

また、作中にはヒロムの幼馴染である早乙女乙女という、ヒロムの良き理解者も登場します。

ヒロムとは異なり運動神経は良く、小学生時代は同じ野球チームに所属していた。

彼女との恋愛に発展するのかと筆者自身期待をしていたのですが、晶と交際をしている模様が3年後の川末涼と晶の会話から伺えます。

ヒロムの優しく純粋な言動や川末を尊敬する気持ちが、晶の心に響いたのでしょう。

ガッツリとした恋愛要素はありませんが、ほんわかとした恋愛模様が愛らしい!と思えるイチオシ卓球漫画です。

 

『P2!-let’s Play Pingpong!』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『レッツ プレイ ピンポン』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!