いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

ピーチボーイリバーサイド(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

クール教信者・ヨハネ先生の作品『ピーチボーイリバーサイド』

 

あの誰もが知るお話。

“桃太郎”には続きがあった…!?

1人で旅をしているミコトの本性とは?

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『ピーチボーイリバーサイド』と検索。
▽スマホ・PCで『ピーチボーイリバーサイド』を無料で試し読み

 

ピーチボーイリバーサイドのあらすじは?

 

王宮にお戻りを!と追い掛けられているのは、

このアルダイク王国の姫・サルトリーヌ・アルダイク。

 

「私は、外が見たいの!!旅に出たいの!姫命令よ、追ってこないで!」

 

そこは、魔物があちらこちらといるとても危険な西の大陸。

人間は、魔物を酷く恐れ城壁を高く、堀をより深くし、戦士を蓄え団結しました。

しかし魔物は、それよりも強く…膠着状態が続いていたのでした。

 

そんな西の大陸に1人の旅人がやってきました。

「おじゃましまーす」と門を潜ると逃げてきたサルトリーヌに声を掛けられます。

息を荒くしながら

「ちょっと…そこのあなた!姫命令よ…助けなさい…悪漢共に追われているのよ。かくまって!」

と言うのです。

 

いきなり姫やら何やらよく分からないままの青年。

するとサルトリーヌを追ってきた者達が探しに来ました。

「おーい、そこの娘!」と声を掛けられる青年。

容姿が女の子みたいなので性別は、男なのですが間違われてしまうのです。

「私ですか?」と言う青年。

セルトリーヌは、すぐ近くの草陰に隠れています。

 

そして女の子だと思っているので、外には魔物や“鬼”がいるから気を付けるんだよと心配され、セルトリーヌの事も聞かれますが青年は、見掛けたと言っただけでセルトリーヌがここにいることを言いませんでした。

ほっと安心するセルトリーヌ。

「人の良さそうな“悪漢”達は、去りましたよ。“姫”」と声をかける青年。

 

するとセルトリーヌは「ね!さっきの話、あなた旅人って本当?」と聞きます。

「本当ですよ」と答えるとセルトリーヌは、嬉しそうな表情をし

「あなた名前は?」と聞きます。

青年の名前は、ミコト。

セルトリーヌは、見逃してくれたお礼をするわと着いてくるように言います。

 

「私は、サルトリーヌ・アルダイクよ。このアルダイク王国の姫よ!招待するわ、王宮へ!」

 


ピーチボーイリバーサイド

↑サイト内にて『ピーチボーイリバーサイド』と検索↑

 

ピーチボーイリバーサイドのネタバレ!

 

ミコトは、王宮に招かれ食事をご馳走されます。

大きなステーキを見て

「こんなご馳走を…!ありがとうございます。姫様」とお礼を言うと

「姫じゃなくてサルトリーヌと呼びなさい!…遠慮しなくていいわ」と言うと…

その代わり、旅の話を聞かせてと言うのです。

 

サルトリーヌは、こんな田舎から出て外の世界が見たいらしく

旅に出たいとずっと言っていました。

ですが今日も失敗に終わり…。

そんな言葉を聞き、ミコトは「何もなくはないでしょう。この国は、いい国です。」と言うのです。

 

「いい国ィ?」と首を傾げると

「まず平和です。食料も豊富なようですし、建物も立派です。そして何より人が優しい。脱走した姫様に向けられる生温かい視線、他の国にはないものですよ」と微笑みます。

それでも…サルトリーヌは嫌だと言います。

「この国の中にしか…私の全てがないなんて嫌なのよ…」と。

 

もう日暮れということもあり、サルトリーヌはミコトに今夜は泊まるようにと言います。

そしてまた明日、旅の話を聞かせてと

そんな平和なアルダイク王国を外から見つめる魔物達の姿がありました。

 

翌日、サルトリーヌはミコトを起こしに行くと上半身裸のミコトを見て

「ミコト、全然ムネないのね」と言います。

「まぁ、おとこですし」

そう答えるとサルトリーヌは、今までミコトの事を女の子だと思っていたので驚きます。

ですが旅の話に性別は、関係ないと言い、ミコトがあまりにも華奢なのでそんなミコトが1人で旅が出来るなら外の魔物はたいしたことないんじゃないかと思うサルトリーヌ。

 

「ね、ちょっと連れ出してよ。近場でいいから」と言うと

「私の旅は、普通の旅の何倍も危ないですよ。死ぬかもしれない。私が見捨てるかもしれない。やっぱり死ぬかもしれない。それでも…一緒に来てくれますか?」

あまりにも真剣な顔をして言うので一瞬ドキッとするサルトリーヌ。

「死ぬとか大げさ…」と照れていると「冗談です、忘れてください」と笑うミコト。

 

その頃、このアルダイク王国の王の元へ客人が訪れました。

「この国をいただきに参りましたのでそのご挨拶をいたしたく」と帽子を取る男。

その男の頭には、角が生えておりそれを見たいの王は「その角…!貴様“鬼”か!!」と言います。

「さすがに察しがよろしい。隣国は、食べ尽くしたので…次は、この国の番ということです。別に皆殺しにしようという訳ではありません。毎月30人ほどの生贄を差し出していただきたい。」

と脅しを含め、王宮から外に出る鬼。

 

すると歩いているミコトを目にした瞬間、鬼の表情が一変し

「(まずいことになった…!計画を中止せねば!!)」

とその場を急いで去っていくとミコトは、鬼の後ろ姿を見て

み つ け た

そう不気味に口角を上げ笑ったのでした。

 

▼↓サイト内にて『ピーチボーイリバーサイド』と検索↓
▽スマホ・PCで『ピーチボーイリバーサイド』を立ち読みしたい

 

ピーチボーイリバーサイドを読んだ感想!

 

最後の笑顔が怖かったです。

最初から鬼がこの国に来るのを想定してミコトは、来たのでしょうか?

 

それにしても可愛らしい容姿をしているミコトが1人で旅をし

鬼に恐れられているということは、めちゃくちゃ強いということですよね。

 

サルトリーヌにも危険な旅だと言っていましたし、そんなミコトの本性とは一体?

可愛い顔して本当は…というやつです。

 

そしてサルトリーヌもこの1件である決断をします。

展開も早く、とても面白いので続きが気になった方は是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『ピーチボーイリバーサイド』と検索↓
▽スマホ・PCで『ピーチボーイリバーサイド』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!