いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

ランド(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

ランド

山下和美先生の作品『ランド』

 

とある村には古いしきたりがあり、それに縛られる人々が住んでいます。

そのしきたりとは一体?

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『ランド』と検索。
▽スマホ・PCで『ランド』を無料で試し読み

 

ランドのあらすじは?

 

村には、子供を生贄に差し出す役割をする男、捨吉がいました。

捨吉には妻が命懸けで産んだ双子の赤ちゃんがいたのですが、村の為にどちらかを生贄に捧げないといけません。

 

ですが、いざ自分の子を生贄にするとなると躊躇してしまい、実行する事が出来ません。

この村では、凶作を防ぐために神様に生贄を捧げるという風習があります。

 

捨吉は、その風習に逆らう事は出来ません。

双子の片割れを生贄に捧げます。

 

生贄に捧げる直前に名付けられた子の名前は“アン”。

生き残った子供には“杏”と名付けたのでした。

 

「(妻を失って得たこの1人を、しきたりの為にまた失う。捨てる我が子に名を付けた。決して忘れないように。でも、それだって…この世に残る自分のエゴでしかないのかもしれない。私があの子を殺した。)」

 

捨吉は、自分の目を潰します。

その頃、生贄に捧げられたアンの元へ大きなトンビが飛んできて、アンの服を掴みそのまま飛ぼうしますが、重さもあってかアンは、するりと服から抜け真っ逆さまに落ちます。

 

地面に叩きつけられる前にある男がアンをキャッチ。

「それでも貴様は生きるか?ここまで生きたら何があっても生きぬけい。」

 

8年後…

 

ランド
ランド

↑サイト内にて『ランド』と検索↑

 

ランドのネタバレ!

 

生き残った杏は、捨吉の妹・真理と捨吉と暮らしていました。

「(私は、残された子にアンと同じ名前を付けた。アンは今は私の心の中で杏といる。野山を駆け回り、ご飯をたらふく食べ、思いっきり笑えるように、私は杏を野に放つ)」

 

友人達と遊んでいると、杏は山の向こうからトンビが飛んでくるのを見つけます。

「平太、あのトンビ山の向こうから飛んできたよね。」

「それがどうした?」

 

平太が聞くと、トンビが何か掴んでると言います。

ネズミとかではなく、何か紐がついた袋みたいな物。

 

「山の向こうに誰か住んでる?」

皆に聞くと、ぷぷぷと平太以外笑いだし「お山の向こうに人なんか住んでるわけないじゃん。小山の向こうは、あの世だろ。あの世行ったら2度と帰ってこれねーべ。」

 

ちゃんばらごっこをしていて、平太はまだ杏と決勝戦が残っています。

山の向こうの話より決勝戦を始めたい平太。

 

でも、杏はこっちに来るトンビに夢中です。

後ろに下がってこようとする杏に向かって棒を振りまくると、杏の脚に当たってしまい、杏はよろけて水の中に落ちてしまいます。

 

ずぶ濡れになってしまった杏を見て、平太は悪いと思ったのかどうなのか「俺が鳥追いかけてくる」と杏を頼むと、平太はその場から去ろうとします。

「こらー、何やってる。この忙しい時に。」

 

平太の父親が騒ぎを聞きつけて来ました。

「鳥を追いかけるだって!?聞いてたぞ!!」と平太の耳を引っ張ります。

 

「鳥に手を出しちゃいかん!!いつも言っとるだろ。鳥は、あの世とこの世をつなぐ乗り物なんだ。決して手を出しちゃいかん。」

平太が怒られている隙にトンビは山の向こうに行ってしまいました。

 

「空は続いてるけどあの世?ちゃんと鳥に乗らないとあのカマでズタズタにされるってホントかな…。」

 

この村の山には東西南北に四ツ神様という神様がいます。

とても大きくて杏が住んでいる村から西の神様が見えます。

西の神様は、フードを被って大きなカマを持っているのです。

 

「そんなことは、親父達から何度も聞いてるだろ。昔からの言い伝えだ。知命とはそういうもんだ。俺は、明後日知命で小山の向こうに行く。」

 

村には、もうひとつしきたりがあります。

それは、人は必ず50歳で死を迎えるというもの。

 

50歳になるとどれだけ前日元気でいても、絶対に死んでしまうのです。

 

「俺は、この日のために神様の教えを守って真面目に生きてきた。だからほら、50歳までこんなに元気だ。元気な魂であの世に行って、お天主様と四ツ神様のお役に立つ。だから後2日、俺の傍にいろ。」

そう平太に言う父親。

その後、遊ぶ事もなく平太は下を向いて帰って行ってしまいました。

 

平太が帰ってつまらなくなり、皆も帰ってしまいました。

杏は、皆が帰った後西の神様を見ながら、「(父さんが明日死ぬって言われたら嫌だな。平太大丈夫かな)」と心配していると、さっきのトンビが飛んできて杏の膝の上に袋を落としていきました。

 

「(あの世のものって触ったり出来ないかなって思ってたけど)」

 

触ってみると、実のような感触。

ベタベタ触れるって事は開けてもいいよねと開けてみると、中には、なんかの種が沢山。

 

トンビは、西の神様の方へ飛んでいきます。

杏も追い掛けますが真理に言われた「東西南北四ツ神様は、いっつも私たちを見てるんだよ。」という言葉を思い出して足を止めます。

 

だんだんと暗くなってきました。

杏が急いで家に帰ると、真理と捨吉がご飯を用意して心配して待っていました。

 

“あの時、父さんに種のことを話していれば、あのままあの普通な生活がずっと続いていたかもしれない。でも…秘密にしてしまったのだ。”

 

▼↓サイト内にて『ランド』と検索↓
▽スマホ・PCで『ランド』を立ち読みしたい

 

ランドを読んだ感想!

 

独特な世界観のある作品でした。

絵も綺麗ですが好き嫌いが分かれるかな?と、ちょっと思ってしまいました。

でも、ストーリーはとても興味深かったです。

 

四ツ神様がやっぱり不気味ですね。

あんな大きいのが立ってたら怖いです。

 

山の向こうにあるあの世とはどんな所なのか?

種の正体は何なのか?

 

気になった方は、是非読んでみてください!

 

▼↓サイト内にて『ランド』と検索↓
▽スマホ・PCで『ランド』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!
ランド