いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

煉獄に笑う(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

スマホ・電子書籍でマンガを読みたい方にお薦め【U-NEXT】!
無料トライアル登録で、600円分のポイントを貰えちゃう!
そのポイントで最新作含めお好きなマンガを無料で読めちゃう!試し読みできちゃう!

こいつで、スマホ漫画、電子書籍マンガ、お試しデビューだ!

【→ U-NEXT 無料トライアル ←】

★さらに、雑誌70誌以上、映画やドラマ、アニメなどが31日間も無料で見放題です!

唐々煙先生の作品『煉獄に笑う』

 

世界を変えるのは“英雄”だという。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『煉獄に笑う』と検索。
▽スマホ・PCで『煉獄に笑う』を無料で試し読み

 

煉獄に笑うのあらすじは?

 

慶長五年 (一六〇〇年)九月十五日

夜半から降り続いた雨は上がり

一面の霧に包まれた朝を迎えました。

 

徳川家康率いる東軍七万四千

石田三成率いる西軍八万四千

政権を奪取させないとする家康に対して

豊富恩顧の三成が挑む、大戦。

 

世にいうこれが…関ヶ原の戦いである。

世界を変えるのが英雄なら俺の英雄は確かに“お前”だった。

 

天正五年 (一五七七年) 近江国

「南部も曇ってんのか…最近、近江は曇り続きで気が滅入るぜ。」

琵琶湖で遊んでいる子供たちを見て大谷紀之介は、微笑ましく思い

「近江って感じだな。ああ云うのは北部も南部も変わらねぇんだな。俺等も夏場よく遊んだな!お前が浅瀬で溺れて笑いが止まらなかった。」

前を進む石田佐吉に話し掛けるも一向に返答が返ってこないので

「聞いてんのか、おーい」と言うと振り向かずに

「黙れ、騒々しい」と言われムッとした紀之介は、佐吉が乗っている馬に自らの馬を当て2人とも馬から振り落とされます。

 

「何をする紀之介!!」と怒る佐吉。

「だってよぉ、佐吉が何処行くか教えてくれねーんだもん」と笑いながら言います。

ですが「お前に構っている暇はない、ついて来るなと云ったはずだ」と佐吉が言うと

“どーせ内密な使いとかだろ”と言います。

「分かっているなら聞くな」

でも、紀之介は友達なんだから一緒に手伝うとニィと笑います。

 

紀之介…と内心は、幼馴染みの紀之介でも教えられないことだと許せとじっと見ていると

「何?教えてくれんのか!?」と期待に満ちた目を向けてきます。

なかなか教えてくれない佐吉に「この先って忌み子神社しかないだろ、そこに様なのか?」と紀之介は聞いてきたのでした。

羽柴秀吉の命を受けた小生の佐吉は、髑髏鬼灯に関する情報を手に入れるため、

琵琶湖にいるとされている化け物“オロチ”と関わりがあるとされている曇神社へと向かおうとしていたのでした。

同じく小生の紀之介をどうにかして撒けないものかと考えながら旅を進めることに。

 


煉獄に笑う

↑サイト内にて『煉獄に笑う』と検索↑

 

煉獄に笑うのネタバレ!

 

忌み子神社とは、曇神社という古い神社でそこの当主が双子の忌み子なのです。

紀之介も見たことはなく、噂だと言います。

双子というだけで忌み子扱いされるのにそれが神を祀る神社に生まれたので

近江でも結構有名みたいなのです。

 

双子が災いとされる迷信など馬鹿らしいと佐吉は、ため息をつきます。

「世間様はそう思ってねぇさ。しかも男女の双子っていや、心中者も生まれ変わりだと更に嫌がられるしな。」

一通りの話を聞いたところで、「いつまでついて来る気だ」と聞く佐吉。

「いいだろ、俺にも手柄よこせよ!」と紀之介の本音が漏れると

「はっきり云おう。邪魔だ。お前のようなガサツで声が大きい男など役に立たん」とズバッと言われてしまい

一瞬真顔になりますが再び笑い「…っとにはっきり云うなぁ」と言う紀之介。

 

「本当のことだ。脳を通さずに手が出る。本能の魂が俺の片棒を担げると思っているのか、おめでたいな。それに他の者と通じているお前を信用できるわけがない。」

散々言われた紀之介も言い返します。

「お前だって頭でっかちの口先だけなくせに」とそれから2人は、言い合いをしてしまい

「もういい!だから友達いねぇんだよ、へいくわい者が」と佐吉の馬と一緒に紀之介は行ってしまいました。

 

「佐吉よ、一つ頼みがあるのだ。近江南部にある“曇神社”へ使いに出てほしい。良いか、佐吉。誰にも云ってはならんぞ。この使いは、極秘に行う。」

「御意、羽柴秀吉様の御心のままに」

 

「極秘なのだ、仕方ないだろう」

時は、天正五年 戦乱の時代。

俺は、ここ近江の北 石田村で育った。

性は石田 名を佐吉

主である羽柴秀吉様より石田三成の名を貰い受けた者である。

 

「(せっかく秀吉様に頼って頂けたのだ。しかも内密の任務!)」

「何としてもこの使いは果たさねば」

佐吉が歩いていると木の上からその姿を見ていた2人の人影が…

「お侍さんかしらねぇ」

「どっかの小姓さんでしょ」

「何をしに来たのかしら」

「さてねぇ、曇神社に用と云うのは、確かみたいだ。」

「どれ、一つ歓迎してやろうか」

 

佐吉は、曇神社へと着き 門を潜る。

「誰か、誰か居ないのか?」

随分と寂れていて人の気配もない。

奥に進んでいくと動物の死体が複数あり、思わず鼻を抑える佐吉。

「(これは、酷い。信じられん!よくこのような処に住めるものだな)」と掃除をしていると…もみじが舞う。

「何をしに参った」「誰の手の者か答えよ」

 

姿が見えず「誰だー!?」と言うと

これがまやかしなのか、噂に聞く幻術なのか区別がつかないが異変に気付く、それは狛犬。

「こいつ…生きているのか!?」と触ろうとすると後ろから頭を殴られ、佐吉は気絶してしまったのだった!

 

▼↓サイト内にて『煉獄に笑う』と検索↓
▽スマホ・PCで『煉獄に笑う』を立ち読みしたい

 

煉獄に笑うを読んだ感想!

 

こちらの作品は“曇天に笑う”という作品を読んでから読まれた方がより一層楽しめると思います。

というよりオススメします。こちらの作品からだと分からない部分が多いかもしれません(苦笑

 

表紙からとてもかっこよく描かれていて歴史ものが好きな方は、面白い作品だと思います。

登場人物も多くて覚えるのが大変かもしれませんがそれぞれ個性的でいいと思います。

ストーリーにも注目できる作品だと思いました。

続きが気になった方は、是非読んでみてください。

 

▼↓サイト内にて『煉獄に笑う』と検索↓
▽スマホ・PCで『煉獄に笑う』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホで漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!
・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:U-NEXTでは無料トライヤルで600円分のポイントが貰えます!
そのポイントを利用してすぐに読めちゃうわけです!

▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならU-NEXTがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!
・U-NEXTでは無料トライヤルで600円分のポイントが貰えます!
そのポイントを利用してすぐに1タイトル読めちゃうわけです!


≪U-NEXT簡単利用方法≫

①以下をクリックしてU-NEXTを開く!

U-NEXTはこちら


②【今すぐ無料トライアル】をタップ!



③【お客様情報】を入力!



④ご登録内容を確認、および決済方法を選択して、【送信ボタン】をタップ!



⑤右上の虫メガネからご希望のタイトルを検索して、【読む】をタップ!




※上記【現在:600ポイント】と記載がある通り、しっかり600ポイントが貰えちゃってます。【ポイントを利用して0円で購入】から無料でご希望のタイトルが読めちゃいます!


U-NEXTはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!


--------------------------
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
--------------------------