いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

蓮住荘のさんかく(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

野切耀子先生による作品である『蓮住荘のさんかく』(講談社)

 

麻子が小さい頃、カメラマンだった祖父にひっついて、写真の撮り方を教わった。

それからずっと…麻子の生活はカメラでまわっている。

 

――新天地、新生活。

小高い山の裾野に広がる街に、カメラを携え、やって来た。

 

この春から高校生になる、望月麻子(もちづきまこ)。

写真を撮ることを教えてくれた祖父の栄の身体の自由がきかなくなったのは、麻子が小学三年生の時だった。

その日から、毎日カメラを首からぶら下げて、写真を撮ったら祖父に見せに行くことを目的として生きてきた。

カメラで撮りたくなるのは心が動いた時、その感覚を大事に麻子は生きているのだった。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『蓮住荘のさんかく』と検索。
▽スマホ・PCで『蓮住荘のさんかく』を無料で試し読み

 

 

蓮住荘のさんかくのあらすじは?

 

小さい頃から、プロのカメラマンだった祖父に、写真の撮り方を教わっていた麻子。

小学三年生の時に、その祖父が病気で体の自由がきかなくなってしまいます。

祖父に、自分のかわりに色んなものを見て、写真を撮ってみせてほしいと頼まれました。

 

その日から毎日カメラを首からぶら下げてあるくようになった麻子。

写真を撮るのがより楽しくなってきたころ、祖父が他界してしまいました。

 

目的を失っていた麻子に、声をかけてきたのは一つ上の幼なじみの蛍(けい)です。

高校進学を機に、蛍と同じ下宿にお世話になることになったのですが…。

 


蓮住荘のさんかく

↑サイト内にて『蓮住荘のさんかく』と検索↑

 

蓮住荘のさんかくのネタバレ・その後どうなる?

 

地元から、電車に揺られて三時間半の街へやって来た麻子。

幼なじみの蛍が通う高校には、写真部があり、そこではプロが教えてくれる写真部がありました。

 

駅に着いた時、写真を撮ることに気をとられていて道に迷った麻子は、

蛍に電話して迎えに来てくれるように頼みました。

近くの公園の名前を言うと、「すぐにいく」と言われます。

麻子は公園の中から犬の鳴き声がして、振り返ります。

そこには首輪をつけたかわいい犬と、その飼い主であろう男性の姿がありました。

 

思わずカメラを向け、シャッターを押してしまう麻子。

「あんた、何、人のこと勝手に撮ってんだ」

メガネをかけた男性は麻子に気づいて立ち上がります。

麻子のカメラはワンタッチで消えるものではなく、フィルム式のものでした。

麻子は謝り、急いで逃げ出してしまいます。

 

蛍が迎えに来て、蓮住荘に案内してくれました。

さんかく屋根の蓮住荘にいる下宿人たちは、そのほとんどが写真部のメンバーです。

蛍は面白い奴ばっかりだと言って、麻子を気遣いました。

内見で一度会った大家の蓮住八重(はすずみやえ)とあいさつを交わし、部屋へと案内されます。

今日からここで新生活、そう思った麻子は窓の下に、先ほど公園で写真を撮ってしまった男性を目にします。

 

彼は雨村光流(あめむらみつる)といい、麻子と同級生でした。

お互い、先ほどの出来事がよぎります。

先に顔を背けたのは雨村でした。

新生活のさい先は不安の二文字しか浮かびません。

雨村は、麻子とは隣同士で、部屋から出てきたところで、バッタリと出くわしてしまいました。

 

思わず頭を下げ、謝る麻子。

雨村は「写真好きじゃないんだよ」と言います。

長い前髪で顔を隠した雨村は、写真は現像したら勝手に処分して、といって、一階へ降りていってしまいました。

ご飯を食べていても雨村は素っ気なく、写真にも興味は無いようです。

階段下の玄関に先に、公園で遊んでいた犬の「おもち」が寝転がているところを発見した麻子は、廊下に寝転がって写真を撮りはじめました。

 

そこに、雨村が現れ、「何してんの」と声をかけてきます。

心が動いた時の、その感覚を大事にしたいと思っていると麻子は話しました。

現像してきた写真を渡すと、雨村は少しはにかんだ笑顔をみせ、「よく撮れてる」と言ったのです。

麻子は思わずもう一度写真を撮ってしまいます。

そして麻子は、雨村を被写体にして写真を撮りたいというようになるのでした。

 

▼↓サイト内にて『蓮住荘のさんかく』と検索↓
▽スマホ・PCで『蓮住荘のさんかく』を立ち読みしたい

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

ふつうの恋子ちゃん
こっちの水は甘いのだ
お世話係はままならない 
さくちゃんとのぞみくん 

↑「蓮住荘のさんかく」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

蓮住荘のさんかく読んだ感想!

 

「さんかく」と聞くと、三角関係を思い浮かべてしまいます。

麻子を中心に、雨村と蛍ちゃんとで、三角関係に発展することはあるのではないかと、今からドキドキしています。

 

まだまだ写真ばかりに気をとられ、恋愛というものに興味のなさそうな麻子が、今後どのようにして、恋を自覚していくのか、とても楽しみでしかたありません。

それにしても、カメラで写真を撮るという感覚を、丁寧に描いているように感じました。

思い出や、風景、人物、というものを、その時そのままのイメージで切り取る写真を大切にする麻子の感覚で、今後どのような写真を撮っていくのか、どういうふうに成長していくのか、そんな所にも注目して読んでいきたい作品です。

 

他の下宿人たちも写真部と言うことで、その人たちとの関りも気になるところです。

個人的には、被写体としてのインスピレーションを感じた雨村くんに頑張ってほしいと思っています。

まだ読んだことのない方は、ぜひ一度読んでみてください。

 

▼↓サイト内にて『蓮住荘のさんかく』と検索↓
▽スマホ・PCで『蓮住荘のさんかく』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!