いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

リゼロ/Re:ゼロから始める異世界生活のあらすじやネタバレ!私の個人的な感想も!

作家:大塚真一郎 / イラスト:長月達平のRe:ゼロから始める異世界生活。

 

現在ライトノベルの売上も絶頂、アニメ化もされ、そしてコミックも爆発的な売上を記録しているReゼロから始める異世界生活、略してその名は「リゼロ」

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『Re:ゼロから始める異世界生活』と検索。

『Re:ゼロから始める異世界生活』を無料で試し読み

 

Re:ゼロから始める異世界生活のあらすじとは?

 

学校を休みしばらくの間引きこもっていた主人公ナツキスバルはある日コンビニ前で不思議な現象に襲われる。目がかすみ、目を閉じて再び開けてみるとそこは見知らぬ世界であったのでした。

 

しかし、自称引きこもりのニートであるスバルはこの状況を「異世界召喚」と取り、状況をすぐさまに飲み込む。

 

そして自分が置かれている立場というものが、一文無しの行くあてなしでヤバいということに気づいたスバルは路地を彷徨いていると定番の悪党に絡まれる、が。

 

そこに現る謎の美少女に命を救われ、ヒロイン、エミリアと初対面を果たすのだった。

 

そして親睦を深め、エミリアがあるものを探しているということを知りそれを手伝うスバル。

雲行きが怪しくなっていく中で、一つの情報を元にたどり着いた先でスバルは背後からの一撃を受けて瀕死の状態に陥る。

 

物音に気づいたエミリアが後追うようにしてスバルに近寄るも、エミリアも瀕死のけがを負わされる。

 

そしてスバルは誓った「キミだけは必ず助ける」と。

 

そして気づいたときには、時間が巻き戻り、とある果物屋の前に立っていたスバルであった。

 

スバルが持っていた能力「死にモドリの力」によってリセットされたのだった。

 

その後スバルはエミリアを救うために奮闘する物語である。

 



ゼロから始める異世界生活

↑サイト内にて『ゼロから始める異世界生活』と検索↑

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

リゼロのネタバレ!《ロズワール邸での刺客は実はレムだった!?》

 

ロズワール邸での一件でスバルは死に戻りを繰り返していましたね。

スバルは自身でセーブポイントと言っていましたがある一定の条件をクリアして先に進むとその後死んでもある場所へとリポップする仕組みであることがわかっていたスバルは自分を殺す誰かが気になっていたのだった。

一つは村に行った際に犬に噛まれたのが原因でその呪いを受けて衰弱死するというパターンであったということ。

そして二つ目は誰かに毎度毎度殺されていたのだが、それが誰かがわからなかったというお話でしたが、あれは実はメイドであるレムが行っていたことでした。

 

レムはスバルと親睦を深めるも、死に戻りによってリセットされその記憶を持っているのはスバル自身だけである。

そしてレムは大の魔女嫌いでもあり、スバルが放つ魔女の臭いに気づき、いち早くスバルを葬るという決断を独断で行ったということでした。

 

ロズワールから受けていた命令により、抹殺されかけるスバルですがその後、何度も死に戻りを繰り返しレムの一件にようやく決着をつけるのは感動的でしたね。

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『Re:ゼロから始める異世界生活』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

ウィッチクラフトワークス
蒼き鋼のアルペジオ おすすめ!
アトム・ザ・ビギニング おすすめ!
文豪ストレイドッグス おすすめ!
有頂天家族
魔法少女特殊戦あすか 

↑「リゼロ/Re:ゼロから始める異世界生活」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

リゼロの感想は?個人的なリゼロの感想!

 

私が思うリゼロとは、やはり最初の1話だけ見ればどこにでもあるようなただの異世界ものであるという印象を受けました。

最近の流行りでもありますし、それ以上に溢れかえる異世界ものにうんざりするほど見飽きたような印象も受けましたが、その後の展開をみて「これは違う!」ということに気づきました。

 

今までのようなただの異世界召喚の物語ではなく、死に戻りという能力を含めて、スバル自身が葛藤するシーンや生々しい人間の根底に有るものなどを赤裸々に綴ってあるのがとても印象的な物語であると率直に感じました。

 

出会うキャラクターもそうですがセリフ一つとっても素晴らしいもので、ギャグマンガとしても楽しめるほか、バトルものとしても、そして恋愛ものとしても、さらには萌え要素も入っていて、しかもそれが違和感なく消化されていることに驚きを隠せないくらいです。

 

あれだけ流行るのも納得がいくほどに素晴らしい作品であるのは言うまでもありませんが、マンガはアニメとも小説とも違う楽しさがあると思います。

特にレムとのやり取りは後半は素晴らしいものであり、ロズワール邸の一件以来レムとスバルのやり取りが面白くて仕方ありません。

 

これほどまでに洗練された物語が他にあるのか? と思わせられるほどに素晴らしいものであると思います。

 

エミリアというヒロイン一つとってもキャラの配分が上手くできており、ヒロインでありながら、他の女性キャラクターにも視点を移せるように上手く工夫がされているようにおもえました。

 

レムとラムの双子の鬼という設定はやはりリゼロを語る上では外せない要素でもあり、そしてベアトリスという不思議な人物もキャラ立ちが良すぎて、素晴らしい印象を受けざるを得ませんでした。

 

そしてもうひとつ言えることがこの物語は女性キャラだけではなく男性キャラにも力が入っているということです。

ロズワールはもちろんですが、街の商人一人とってもキャラクターとしては文句なしのうまい設定に使われており、後に印象に残る「モブ」キャラとして過去に例を見ないものであると感じました。

 

それから現れるヴィルヘルムやフェリスを含めて王国騎士団、そしてなにより爽やかな男性キャラで溢れているこの漫画は女性層も狙っているのかと問いたいくらいに男性キャラにも力が入っているように思えました。

 

過去漫画読んできてこれほど素晴らしいものはないと思わされるほどにいい漫画であったのは事実ですので、是非まだ読んだことがない人は読んでみてください!

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『Re:ゼロから始める異世界生活』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!